カテゴリ:

 
ウルトラマンシリーズ放映開始50年を迎えた2016年
バンダイから、お手頃サイズのウルトラメカがプラモデルで登場
第一弾は、「ジェットビートル」と「ウルトラホーク1号」
さっそくレビューです ➘ 


 
■ メカコレクション ウルトラマンシリーズ NO.02 ウルトラホーク1号
バンダイ 
価格 540円
発売 2016年1月
サイズ 11.5cm

公式> メカコレクション ウルトラマンシリーズ - バンダイ ホビーサイト 


 
ファーストリリースは
 No.01 ジェットビートル(ウルトラマン)
 No.02 ウルトラホーク1号(ウルトラセブン) 

2月と3月に
 No.03 特殊潜航艇S号(ウルトラマン)
 No.04 小型ビートル(ウルトラマン) 
が発売されます 


 パーツ数は少なめ
素材はくすんだシルバーの成型色
水転写デカール付き



 
本来はデカールを貼ってから組み立てるのですが、わかりやすいようにデカールなしで組んでみました

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

■ 完成!


 成型色はそのままに、デカールと部分塗装のあと、半光沢のトップコートを吹いて完成です


分離ギミックはないものの、パーツ分割でなんちゃってα号、β号、γ号に分けることが出来ます


 

 

 

 

 
□■□■□■□■□□■□■□■□■□

■ ウルトラ警備隊のジオラマ風に


 


特撮でお馴染みワイヤー空中撮影
テグスが見えるかな?


恐竜戦車、発見!


実際の設定は42mなので、だいたい1/350~1/400スケールといったところ
ほぼ同スケールのパシフィック・リム「コヨーテ・タンゴ」、ガンコレ(1/400)と並べてみました
かなり長いですね

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

■ まとめ

1970年当時のプラモデルのようなシンプルな内容ながら、シルエットはかなり本格的
パッケージやサイズとしては、宇宙戦艦ヤマトのメカコレや、完成品のメタルメカコレクションのような感じです

シルバーのプラ素材のため、スジボリなどのディテールは甘めですが、デカールのおかげで無塗装でもそれっぽい雰囲気に完成します。 食玩と本格キットの中間といったところでしょうか。

気軽に作れて集めやすい、なかなか面白いシリーズだと思います
ではまた!


参考リンク
メカコレクション ウルトラマンシリーズ - バンダイ ホビーサイト 

バンダイ「メカコレ」シリーズにウルトラメカが登場! 懐かしの同社製ウルトラホーク1号のプラモデルもお見せします!! | 電撃ホビーウェブ 

話題のキット!バンダイ「ウルトラマン メカコレクション」ジェットビートル&ウルトラホーク1号を作ってみました! | 電撃ホビーウェブ 

ウルトラホーク1号 (うるとらほーくいちごう)とは【ピクシブ百科事典】 

自分で買っちゃいました/バンダイ社 HGシリーズ メタルメカコレクション03 TDF UH-001 ウルトラホーク1号