カテゴリ:


アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』が放送中のJOJOシリーズ最新刊「ジョジョリオン 13巻」が、2016年7月19日に発売になりました。さっそくレビュー ➘ 


■ ジョジョリオン 13 ウォーキング・ハート
荒木飛呂彦 著 ジャンプコミックス 400円
ウルトラジャンプ 連載
2016年7月19日発売 

JOJO 1081 ロカカカ入手計画を企てた吉良と仗世文。その後、2人を待っていた運命とは…。物語の真相へと迫る『ジョジョリオン』第13巻、7月19日(火)発売! - 荒木飛呂彦 公式サイト [JOJO.com] 




第四部と同じく杜王町(もりおうちょう)(宮城県仙台市がモデル)を舞台が舞台。

あらゆる傷や病気を癒やす「ロカカカの実」をめぐって、スタンド能力者と岩人間のバトルが繰り広げられるストーリー。
前回12巻ラストでは、謎のスタンド使い「田最 環(だも たまき)」の襲撃を受け東方家が壊滅状態。それと並行して、すべての謎の発端となる、2年前の「吉良吉影(きら よしかげ)」「空条仗世文(くうじょう じょせふみ)」が登場しました


13巻では、震災直後の吉良と仗世文によるロカカカの実の争奪戦と、現在の東方家でのスタンドバトルが並行して描かれ、目まぐるしい展開

その両方の時系列で敵となるのが田最環。彼が操るスタンド「ビタミンC」の「物を溶かす能力」が吉良達を苦しめます



吉良の母で、仗世文の命の恩人でもあるホリーさんの病を治すため、決死の覚悟で戦う2人

田最、八木山夜露(現在では既に死亡)の襲撃を切り抜け、ついにロカカカの実を奪取!
ここから、物語冒頭の、”なぜ、東方定助が土に埋まって、2人の人間が合わさった形で発見されたのか”という謎につながってゆきます



ラストは、再び現代に戻り、ビタミンCの攻撃によって圧倒的不利な状況に立たされる東方家
しかし、ラストで定助の機転により、ついに反撃の狼煙が上がります

コミックスのサブタイトルにある「ウォーキング・ハート」は、このラストで登場するスタンド
誰のスタンド能力かは…名前からなんとなく分かりますねw

第一話からの謎の輪がガチっと組み上がる今回の13巻
これまでモヤモヤしていた部分が一気に解明するストーリーとなっています
物語も終盤といったところ。スタンドバトルの緊迫感も相まって、次巻が楽しみです

ではまた!

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


関連リンク
TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』公式サイト 

『ジョジョリオン』第13巻 - 荒木飛呂彦 公式サイト [JOJO.com]

関連記事
レビュー ジョジョリオン12巻+るるぶ杜王町 (ネタバレあり感想) : ふぃぎゅる! 
ジョジョリオン : ふぃぎゅる!