カテゴリ:

『化物語』をはじめとする小説・アニメ「物語シリーズ」の式神童女「斧乃木余接忍(おののき よつぎ)」が、マックスファクトリーの可動フィギュア"figma"で発売。さっそくご紹介するよ、僕はキメ顔でそう言った ➘



■ figma No. 327 斧乃木余接

『憑物語』
マックスファクトリー

 価格 6,300円
 発売 2017年6月
 サイズ 12cm

 公式>figma 斧乃木余接 

figma物語シリーズ10体め(figFIX除く)斧乃木ちゃん。
死体を元にして造られた式神、いわゆる”ゾンビ童女”です。


セット内容
 本体、顔パーツ合計3、ハンドパーツ合計10
 食べかけアイス持ち手、アンリミテッド ルールブック腕
 予備の手首ジョイント


頭の帽子と3色のオレンジグラデーションのフリルスカート、ボーダーストッキングに黄色のブーツ。


フリルは硬めの素材で各段の可動はなく、一体となっています。


足首にジョイントあり。






「いえーい。」
斧乃木ちゃんの決めポーズ、ピースサインのハンドパーツがついているのがGOOD
腰ジョイントは上にちょっと引き出すことで角度をつけることができます。
 


■ 顔パーツ

ノーマルの「無表情顔」
帽子はピンで頭頂部に差すタイプで、顔パーツ交換の際には一度外します。
ツインテールはボールジョイントで可動。


口を開けた「キメ顔」


「ジト目顔」

■ 小物など


ゾンビのため、夏場には冷たいものが欠かせない斧乃木ちゃん。
アイスは専用のハンドパーツに固定。
細いので破損に注意。


斧乃木ちゃんの必殺技「アンリミテッド ルールブック(例外のほうが多い規則)」
指先を膨張させることで攻撃などを行う技です。


figmaでは肘関節から先を交換するタイプとなっています。
わりと軽くできているので、細い腕でも姿勢維持できます。
指の部分の長さは4.2cm


劇中でもネタになっていた”フィギュアにするのが難しいパンツ”
さて、中身は…


グレーとエメラルドグリーンのボーダータイツでした。


前回のfigma 忍野忍はfigma史上最小クラスの小ささでしたが、斧乃木ちゃんはそれよりも1cmほど大きめ


figma 阿良々木暦くんと並べるとこのサイズ。
童女らしいサイズ比となっています。

背景紙は、地球座さん作のA3サイズの廃ビル 背景紙: 地球座日記 をお借りしました。

■ パッケージ






■ まとめ

前回のfigma忍野忍から約2年、久々の物語シリーズからのfigma化です。
斧乃木ちゃんに関してはねんどろいども出ておらず、正直もう出ないのかなぁと思っていたので、嬉しいサプライズ。

可動に関しては、脇が閉じないなど「小サイズ+硬めのフルスカート」の制限がありますが、その制約の中であれこれポーズを付けるのが楽しいです。
第一弾のfigma 戦場ヶ原ひたぎ(2011)と比べるとお値段が約2倍なのと、「フィギュアにするのが難しいパンツ」が意外とあっさりしていたのがちょっと残念かな?
お顔や鮮やかなカラーリングはアニメそのままといった感じで良いですね。
ではまた!

関連レビュー
figma化物語 : ふぃぎゅる!
斧乃木余接 : ふぃぎゅる!

関連リンク 
figma 斧乃木余接 
figma 物語 検索
化物語 - 西尾維新アニメプロジェクト 
斧乃木余接 (おののきよつぎ)とは【ピクシブ百科事典】 

参考レビュー
figma 斧乃木余接 レビュー : はっちゃか 
マックスファクトリー figma斧乃木余接/憑物語 Asahiwa.jp 



Amazon 物語シリーズ

figma 物語シリーズ | 通販ショップの駿河屋