カテゴリ:

ビルドファイターズの「はいぱーギャン子」プラモデルキット
前回の基本レビューに続き、今回はランナーや比較画像をご紹介します ➘ 


まずは、9月に発売された新フミナ「ういにんぐふみな」と並べてみました。
身長はほぼおなじですが、ボディや下半身がかなりボリューミーであることがわかります。
「ういにんぐふみな」はクリアパーツ多めでしたが、「はいぱーギャン子」では瞳以外のクリアパーツ無し。ビームサーベルだけでもクリアにしてほしかったかな?


ヘッドを交換すると、カラーリングのせいかどことなくギャル子ちゃんっぽくなります。


1/144のHGBFギャンスロットと並べてみました。
一般的なHGシリーズよりも大きめ。


バックパック接続部はHGBFシリーズ共通の2つ穴なので、流用が可能です。

ツイッターのハッシュタグ #はいぱーギャン子でも様々な作例を見ることができます。


「ガンダムビルドファイターズ バトローグ」では、バリエーションとして
「リックドギャン子」が登場し、そちらもプレバンで2018年1月に発売(2,700円)が予定されています。
今回はお手軽に、HGUCリックドムにお顔と足をつけてみました。


逆パターンで「ガンダム トゥルーオデッセイ」の女子高生ポスター風に
ガンダムトゥルーオデッセイ : テレビゲームの広告 

実は、リックドムとはいぱーギャン子の股関節はサイズが一緒。

リックドム娘が完成してしまいました…


宇宙世紀の新たな扉を開けた感があります…


ちなみに、ドムトローペンはボールジョイントがちょっと小さいのでユルユルでした(;´∀`)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


■ 説明書・ランナー


機体解説と、ビルダーのサザキ・タテオ君の解説
すーぱーふみな同様、本人に了解を得ずに作成されているようです。



パッケージ側面







ビルドカスタムシリーズの「ザ・ノーザンポッド」との組み合わせ例も。



アイプリントのホイルシール


やや複雑ですが、顔パーツ組み立て部分の説明図。
瞳は交換タイプではないので、どのシールで組み立てるか悩ましいところです。
頭部の分割線がうまい具合に髪の毛の分け目に来ているので、接着せずに再度分解することができるのはGOOD


Aパーツ:BFG-1(ビルドファイターズガール)
Bパーツ:HGアームアームズ(ビルダーズパーツ)


Cパーツ:HGヴァリュアブルポッド
Dパーツ(赤):HGヴァリュアブルポッド
Dパーツ(ライトパープル):BFG-2

商品構成上、Dパーツが2種類あります。


Gパーツ1,2:はいぱーギャン子


N1パーツ:はいぱーギャン子
Y1、2パーツ:はいぱーギャン子

スタンドはBFガールシリーズ共通タイプにロングアームが追加されています。


おしりとウエスト。ムチムチ。

ということで、「HGBFはいぱーギャン子」おまけ編でした。
次回は「HGBF ギャンスロット」をレビュー予定です。
ではまた!

基本レビューはこちら
レビュー HGBF 1/144 はいぱーギャン子(基本編) : ふぃぎゅる!

商品情報
■ HGBF060 1/144 はいぱーギャン子
バンダイ
価格 2,592円 発売 2017年8月26日 サイズ 1/144 18cm

公式>HGBF 1/144 はいぱーギャン子|バンダイ ホビーサイト  

関連レビュー
レビュー HGBF 1/144 ういにんぐふみな(基本編) : ふぃぎゅる!
フミナ : ふぃぎゅる!
ビルドファイターズ : ふぃぎゅる!
ギャン : ふぃぎゅる!



Amazon ビルドファイターズシリーズ

駿河屋 ビルドファイターズシリーズ