カテゴリ:

ウインターシーズンにぴったり、1/12サイズのスノーモービルが5年ぶりに新発売されました。
早速レビュー 



■ 1/12スケール 完成品バイク
 YAMAHA スノーモービル FX

ニューレイ
(国内アオシマ スカイネット取り扱い)
 価格 1,944円
 発売 2017年11月
 サイズ 全長 23cm 幅9cm 高さ10cm
 素材:プラスチック(一部ダイキャスト、ゴム)

 公式>YAMAHA スノーモービル FX|株式会社 青島文化教材社 


低価格ながら細かな造形が特徴のニューレイの1/12完成品バイクシリーズ。
特にこちらのスノーモービルは、前モデルが発売されたのが約5年前ということで、久々のレジャー系乗り物となっています。


モデルとなっているのは高性能スポーツモデル「FX Nytro(ナイトロ)」シリーズのR-TX(4ストロークDOHCエンジン)。お値段は約125万円。
各所にYAMAHAロゴがプリントされています。


ダブルウィッシュボーンは無可動ですが、二枚のスキー板とハンドルが連動して左右に動きます。


排気口。


上下面。
シートの長さは6.5cm
ステップのパンチ穴や、ゴム製の無限軌道など細かなつくり。


メーターなどは無し。
グリップの前についているのはハンドガードです。

以前販売されていた2008年Ver,(2013年頃発売)はハンドガードやスキーの先端などが赤く塗装されていたのですが、今回は省略。おそらくコストダウンのためだと思いますが、あまり気にならないかも。ダンパーも以前のものはシルバーに塗装されていたようです。


後部の転輪は全て回転。
無限軌道をグルグルと送ることができます。
サスペンションは無し。
さすがにプルバックやモーターライズなどの動力はありませんが、こういったあたりはニューレイが一般的なトイとくらべて頭一つ抜きん出ている部分です。


figma渋谷凛さんに乗ってもらいました。


シートやフットステップがゆったりしているので、一般的なバイクトイよりも飾りやすいですね。
グリップが3mmとガッシリしていて、かつfigmaハンドでも握れる太さなのが嬉しいところです。


ねんどろいども簡単に乗せることができます。


前面のクリアシールドも上下にちょっとだけ動きます。

■ パッケージ

パッケージは前面窓の箱型。


下面には、輸入トイおなじみの国内向け販売シールが貼られています。


開封時はダンボールに固定されていますので、ナイロンコードと二箇所のプラスネジを外して取り出します。


■ まとめ


ウインタースポーツや雪山を舞台にした映画などでよく見かけるスノーモービル。なかなか日常的に馴染みは薄いですが、こういったトイで発売されるとつい手に取ってしまいます。
やや大きめですがフィギュアとの相性もバツグン。カラーリングやロゴ、壊れにくさなど、スケールモデルとトイの良い部分を合わせたような感じですね。

以前には同型のカラーバリエーションや、1/16スケールのポラリス(スバル系)もリリースされています。

同時発売として、4輪バギーのKawasaki KFX450Rも発売。通常のバイク以外のこういった特殊車両はなかなか販売されないので、気になる方はお早めにゲット!
ではまた!


関連レビュー
バイク : ふぃぎゅる!
レビュー フリーイング 1/12スケール ex:ride ride.009 ウォーターバイク : ふぃぎゅる! 
レビュー New Ray 1/12スケール スズキ VINSON500(ATV 4✕4バギー) : ふぃぎゅる!

関連リンク
株式会社 青島文化教材社 スカイネット 1/12バイクシリーズ一覧

スノーモービル - Wikipedia 

参考レビュー
以前発売されていたもの
ニューレイ 1/12 YAMAHA スノーモービル FX Nytro R-TX 2008 : hobby - toy - web 
1/12スケール ミニチュアスノーモビル - スノーモビルくらぶ
Tonka社製スノーモービル  オーメン72



Amazon スノーモービル 
Amazon スカイネット 1/12バイクシリーズ

駿河屋 スカイネット スノーモービル