デトロイト版「ある子供」画質劣悪注意、ただし字幕つき

2007年02月12日

エジプト映画回顧展!

zz国際交流基金が好例の「アラブ映画祭」を今年も開催してくれるとのこと。しかも今年は新旧12本のエジプト映画を上映する「エジプト映画回顧展」を企画したと言うことで、エジプト芸能ファンにとっては実に嬉しいニュース。以前の「アラブ映画祭」のラインナップについては、このブログで不平を漏らしていたこともありましたが、今回はもう感謝、感謝です。

エジプト映画のラインナップは以下のとおり。上映スケジュールはこちらで確認しましょう。
『喜劇万事快調』سلامة في خير
『歌姫ウンム・クルスームのファトマ』فاطمة
『渓谷の争い』صراع في الوادي
『カイロ中央駅』الباب الحديد
『郵便局長』
『ナイル河のから騒ぎ』ثرثرة فوق النيل
『ズーズーにご用心』خلّي بالك من زوزو
『ヒンドとカミリアの夢』أحلام هند وكاميليا
『テロリズムとケバブ』الإرهاب والكباب
『恐怖の大地』أرض الخوف
『閉ざされたドア』الأبواب المغلقة
『ヤコービエン・ビルディング』عمارة يعقوبيان

実は今回のカイロ旅行で、『ズーズーにご用心』のVCDと『ヤコービエン・ビルディング』のDVDを買ってきました。この企画があると先に知っていれば、買わなかったものを...

『ズーズー』は劇中、主演のスアード・ホスニーが歌う「ヤ・ワディ・ヤ・ティイール」が有名で、ナンシー・アジュラムやハイファーなどもこぞってカバーしています。もうその歌を聴きたいがため「だけ」に見に行きたいくらいです。くわしくはこちらの過去エントリにて。

be182643.BMP『ヤコービエン』は、エジプト帰りの人や留学生に何度も何度も「よい」「よい」と勧められ、僕は内心「ふん、イマーム映画なら前作の『お隣は大使館』の方が風刺が効いていておもしろいわい!」とヘソを曲げていたのですが、実際に『ヤコービエン』も見てみないことには比較もできませんし、これも是非見ておきたい一本。

その他、ファーティン・ハマーマとオマル・シャリーフの『渓谷の争い』はエジプト映画史を代表する美男美女共演ものだし、日本で初フィルム上映という『テロリズムとケバブ』も見ておきたい。『閉ざされたドア』のハタータ監督は、あのナワール・アッ=サアダーウィー女史のご子息だというではないか。名作の誉れ高い『カイロ中央駅』もできれば見たい。あー体がいくつあってもたりません!!

ただまあ何事にも常に批判の目を向けるというのは人間大事なことだと思うので、今回のラインナップにも一応批判がましいことをちょっと言わせてもらえば、僕の好きな「バカ青春アイドル映画」がひとつもない点、不満があります。というか、有り体に言えば、

「なぜハナーン・トルクものを上映しない!?」

開催期間は3月9日から18日。

nobuta04 at 00:52│Comments(3)TrackBack(0) エジプト 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のぶた   2007年02月18日 21:23
自己レスです。
上に「バカ青春アイドル映画」が無くて不満だと書きましたが、「ズーズー」は時代は古いですがまさにそう言う映画でした。そう言う意味でもやっぱりズーズーにご用心!
2. Posted by shu shu   2007年02月22日 05:19
「バカ青春アイドル映画」ではありませんが、「バカシャービー映画」をエジプトから帰国後、2本続けて鑑賞しました(「鑑賞」って言葉も高尚なくらいシャービーです)。ムハンマド・サアドの「オークル」と「ボハ」です。両方とも彼らしい映画でほぼ満足です。この手の映画は日本で上映してもらえないんでしょうかね?

あと、ハマダ・ヒラール主演のLover Boysと、ターメル・ホスニー主演のSayed El-Atfiなんかも買いましたが、こういうのを「バカ青春アイドル映画」というんでしょうか?
3. Posted by のぶた   2007年02月22日 15:58
いいですねえ、バカシャアビー映画。たしかに、「鑑賞」なんて言葉は似合わないですね。
僕は最近ようやく、ムハンマド・へネイディーの顔が普通に見られるようになってきたばかりなので、まだムハンマド・サアドの顔はまともに見れません。次々出てきますからね、ヘン顔俳優。

ハマダのはまさに「青春」という感じです。ターミルのそれは未見ですが。いずれにせよアイドル女優の出演は必須です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
デトロイト版「ある子供」画質劣悪注意、ただし字幕つき