November 04, 2010

952

変換 ~ RIMG0163

 
 ロッテ対中日をテレビで観てて度重なるピンチに観てる方が疲れてしまいました。いやーでも勝ててよかった。実家の家族は千葉マリンに行っていたそうな。家に帰るの相当遅かったのでは?寒そうだったし。

 昨日は小さなフリマに行ったり、細かな部分の掃除も兼ねて壁の額縁の飾る位置を少し変えてみたりと地味なことばかりしていました。

 さて、今回は靴をご紹介。最近のお休みの日はコレばっかり履いています。「REDWING」の952というモデルです。高円寺の古着屋で購入しまして、タグが現行品と少し違うので少々前のものですね。今はこんなになってますが、コンディションも悪くありませんでした。一目惚れしたものがたまたま「REDWING」だったという、これがお初です。

 まぁー場所・服を選ばず履けますし、歩きやすいんですよ。驚いたことに。なので気にせずガンガン履いています。一度オイルを塗って味のある感じに仕上げました。「REDWING」は型違いでもう1足2足持っていても損はなさそうです。

 ではこの辺で。                             太朗                        

 
 
 

nobuta612485 at 11:19|PermalinkComments(5)TrackBack(0) ファッション 

October 27, 2010

McGreGORのニットがなぜか我が家にある件

変換 ~ RIMG0152

変換 ~ RIMG0153


 いきなり寒くなってビックリしました。まださすがに暖房とかは使ってませんが、ちょっと温まるものが食べたいですよね。なので、今日はグラタンです。妹が羨ましがるのは間違いありません。

 さて、紹介はしていませんが、1週間前に古着のアウターを買って、もう洋服は買うまいと決めていたのですが、その決意はかなり緩かったようです。きょうこんなものを購入しました。40年代~50年代くらいの「McGreGOR(マクレガー)」ヴィンテージニットですね。ここまで格好いいニットが出ていて、さらにマクレガーで買わずに店は出られません。

 なにかあるかなーってありそうな古着屋に立ち寄るのが悪い。うん。

 「マクレガー」に限らずこの年代のUSAタグって素敵ですよね。このニットは僕にとってニットを買うならこんなのっていう要素がいろいろ詰まってまして、文句なしで秋冬ヘビロテ決定です。

 まず、シルエットなのですが、肩幅が広めにとってあり、着るとなで肩っぽくなってゆるい印象に。でも着丈も短めで袖も長めのリブを採用しているのでスッキリとして見えます。少し開き気味のクルーネックも好印象。この感じのクルーネックを古着で探すと意外と出てきません。スポーツウエアなので、おそらくスウェットみたいなのをベースにして作っているのでしょう。

 柄は写真でも分かるようにシックな細かい格子です。バックは格子ではなく袖と同色のブラウン。生地は表示ありませんが少しカシミヤ入ってそうです。コンディションもくたびれ、毛立ちもなく良好。

 要するにほぼ完璧ってコトです。いやー久しぶりにいい出会いがありました。下手なブランドのニット買うより断然いいですね。

 こちらのブログになってからあんまり洋服を出していない気がします。買っていないワケではないのですが、買う量は減りましたね。気が向いたらまた紹介します。
      
                                         太朗 

nobuta612485 at 16:42|PermalinkComments(3)TrackBack(0) ファッション 

October 19, 2010

最近のこと。

変換 ~ RIMG0137

 この前のお休みにお弁当を持って井の頭公園へ行ってきました。いいですね、涼しくて外でご飯を食べるには今の時期が1番いいのではないでしょうか。休日だったのでそこそこ人が多かったのですが、そこまで気にならない程度ですね。吉祥寺の街みたいにゴミゴミしておりません。

 行きも帰りも吉祥寺の人ごみを全て避けて来れたのもよかった点。休日になるとメインの通りは歩道が狭いので渋谷よりタチが悪いですし、自転車なんて走れません、とめるとこもない。でも新しくオープンしたジュンク堂書店には行きたい(笑)。

 最近のこと。

・猫村さんシリーズやっと全て揃う。ポークやカーサも。

・半年に1回恒例の骨董市に出かけたが、今回は全く収穫なし。

・「イッセイミヤケ」のプリーツのスタンドカラーロングシャツ(シャンブレーっぽい青)がメンズのLさいずだが、コート代わりに羽織ると非常に気持ちが良い。最近のおきまり。

・YUKIの新曲のプロモに出ている女装した加瀬亮がすごく格好いい。

・根津の「釜竹」のうどんはやっぱり美味しい。旅ベーグルもやってて2度美味しい。

・ニコンの一眼レフの露出計が作動しなくなって故障かと思ったらただの電池切れで一安心。なんだかんだ古いカメラなのでハラハラします。

・「スプラッシュマウンテンとかスペースマウンテンに乗れないなんて人生の半分損してる」って言われました。

・勤務先に比較的近くてゆったりと住むことのできる地域・住まいを探し中。

・日本シリーズは中日対千葉ロッテ希望。

「太朗の1日1納豆第3粒」

変換 ~ RIMG0150

(有)高畠納豆 『たかはた納豆 まほろばの恵み』山形県

 今回は高畠納豆のまほろばの恵みを紹介。長方形型プラトレイ、1パック売りです。130円前後だったかな。ここの納豆は納豆のタレとからしが付属しておりません。その時点で好感持てます。大豆は中粒で柔らか仕上げ。豆の香ばしさが広がりなかなか美味しいです。粘り気もかなりのもの。醤油はたまり系で少なめにかけることをオススメします。

 
今日はこの辺で。お昼ご飯食べます。                
                                         太朗

nobuta612485 at 11:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0) なんでもない話。 | 納豆

October 04, 2010

「marantz(マランツ)」のPM7003

変換 ~ pm7003n_1

 代官山のヴィンテージショップ「CARBOOTS」さんが通販サイトを開設しましたね。見やすくてお店まで遠い方にはかなり待望の登場ではないでしょうか。しかも結構いい商品揃ってます。流石です。

 さて、昨日ご紹介した「KEF」のQ300に合わせているパートナーのプリメインアンプは「marantz(マランツ)」のPM7003です。iPhoneでは上手く撮影できなかったので、ウェブから画像を拝借しました(早くデジカメ帰ってこないかな…)。

 最近はデジタルアンプなんかあったりして、省スペースで済む高品質の商品もあるのですが、僕はやはり剛健なタイプを選択しました。価格帯としましてはエントリークラスより少し上、中級には入らないといった位置のモデルですね。コレより安いモデルものになりますとボディ部分にコストかけられないので、ボリュームコントロールのつまみがゆるゆるであったり、音にも粗が出てきてしまいます。最低限コレくらいは欲しいという気持ちで購入。

 このアンプの魅力は操作のしやすさ、マランツらしい女性ボーカルや管楽器の伸びやかな音(キンキンしません)、余りあるパワーはブックシェルフ型のスピーカーとの組み合わせであれば十分なコストパフォーマンスを発揮してくれます。

 まだ新たなCDプレーヤーを手に入れてませんので、以前から持っていた「DENON」のiPodドックに付属のケーブルから「モンスターケーブル」のRCAケーブルにチェンジしてロスレスで聞いております。持っているコンポのCDプレーヤーを繋いで聴くより、こちらのほうが明らかに音質が良いのです。あと、ケーブル1つで聴いて分かるくらいの音の変化がわかります。すごいですね。次はCDプレーヤーとヘッドフォンアンプだな。

 では。明日は健康診断。朝ごはん食べることができないのは本当に辛い。        
                                       太朗

 



nobuta612485 at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑貨 | 音楽

October 03, 2010

「KEF」Q300が到着。

KEF1


 1人で野菜中心の鍋をして(シメのおじやまでしっかりと)、食べ過ぎたので、さっきまで自転車で夜の商店街をふらふらしておりました。古本屋巡り。涼しくて気持ちいいですね。明日からまた雨らしいですが。明日はお酒飲みたいなぁ。でも明後日は朝から健康診断なんだよなぁ。この歳で肝機能の数字を下げようと数日だけ努力してるのもなんか可笑しいな。

 本日はこんな素敵なスピーカーが我が家にやってきました。到着してからずっと鳴らしています。「KEF」のQ300ですね。9月中旬に発売された最新モデルですね。IQシリーズからの大幅モデルチェンジによってかなり進化してくれているようで。

 8月くらいからスピーカー欲しいなぁと思ってお店に足を運んでは試聴して、いろいろブランドやモデルをどんどんと絞り込んでいたのですが、今回の購入のポイントとしては

①ブックシェルフ型(フロアー型はまだ必要ではないため)
②ブックシェルフ型の中でも少し容積は大きめで存在感があること。
③格好いいこと。
④聴き疲れしない鳴らし方をするスピーカー(これはアンプとの相性もあるだろうが)
⑤予算内であること(これから以下に挙げるスピーカーを見ていただければわかると思います)

 まだそこまで音に対して拘りがあるワケではないので、最初はエントリークラスです。試聴して候補に挙がったのは「DALI」のLEKTOR2、「JBL」の4037、「B&W」の685、「KEF」のIQ30ですね。LEKTOR2は高域には艶がありましたがやはり大きさが気になる点と豊かさに欠けるような気がしてカット、4037は端正で素晴しい音を奏でていました。小型ながらかなりオススメのモデルです。しかしやはり少し小さいのがネックでカット。結局行き着くところは685と、IQ30なのですが。685は聴き疲れしなさそうな、心地良い音を鳴らすのでかなり迷いました。IQ30は音の出方がどこか中途半端で少し篭る印象がありました。あと何度も見るうちにあの丸いデザインに飽きてきました。

 これで「KEF」がIQシリーズのままだったら685を間違いなく購入していたのですが、来ましたね、Q300。やっぱり真四角の箱型の方が素敵ですし、量感ありますし、申し分ありません。いやー思わず笑みがこぼれてしまいます。低域は「DENON」みたいにドローンと鳴らず、得意の高域もしっかりIQから継承しています。非常に表現力豊かなスピーカーで、エージングを終えた後、どんな感じになるのかも楽しみです。しばらく楽しめそうです。

 あーすごく長くなっちゃった。まぁいいか。次回もおそらく音楽ネタです。
      
                                       太朗  



nobuta612485 at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | 雑貨