DSCN2656茨城県つくば市のつくばエクスプレス・研究学園駅の北口を出て北方向に進んだところに「ドコモショップつくば研究学園店」があります。同店舗のトイレを見てきました。
わざわざ携帯電話ショップ(ドコモショップ)のトイレで記事を1本書いているということは、記事タイトルにもあるように同店舗のトイレに「想定外の珍品」が待ち受けていたということです。
そもそもこの日、つくばエクスプレス沿線・末端区間(つくば付近)に足を運んでいた理由としては、つくばエクスプレスの駅トイレは一昨年に20駅中7駅をクリアしており、この勢いで路線別アルバム開設を前提として末端区間付近の駅トイレをクリアしておこうと思っていたことになります。ここ最近つくばエクスプレスでは毎年春ごろに1日乗車券「TX!1日乗り放題きっぷ」を発売しており、今年もこの時期には平日・土休日問わず同1日乗車券を発売していました。同1日乗車券でつくばエクスプレス末端区間に足を運んだ序に、「多目的トイレマップ」への画像データ登載を前提として、このドコモショップつくば研究学園店のトイレを見てきました。

ドコモショップなどの携帯電話ショップのトイレは大体TOTOかLIXIL(INAX)のどちらかが多いですが、このドコモショップつくば研究学園店のトイレには「想定外の珍品」が待ち受けていました。
■ドコモショップつくば研究学園店トイレ
●器具カラー
 洗面台:不明(TOTOの#SC1パステルアイボリーに近い)
 小便器:グレー(Janis色番号:/LGM)
 洋式便器(男性用):ジーナブラック(製造終了、Janis色番号:/BK)
 多機能トイレ便器:フレッシュピンク(製造終了、Janis色番号:/PK3)
 多機能トイレ小型手洗器:パステルアイボリー(TOTO色番号:#SC1)
▲JanisのLGMグレーは初めて聞いた器具カラーだが、製造を終了している可能性あり
●多機能トイレのドアは手動
●洋式便器には全て便座クリーナーを備え付け
●説明文頭の【M】は他ユーザー登載の「多目的トイレマップ」当該データに提供したものです(+記事トップの外観画像)
トイレは店舗入口を入って斜め左側の通路を入り、突き当たりまで進んだ右側にあります。
DSCN2657洗面台は住宅用の洗面化粧台(メーカー不明。確か照明器具付きだったと思う)を1台使用しています。蛇口はシングルレバー式混合シャワー水栓を使用しています。色はTOTOの#SC1パステルアイボリーに近いようなものでした。

DSCN2658小便器はLIXIL(INAX)のU-331Mに近いような床置き小型ストール小便器を1台使用しています。洗浄方式は押しボタン式です。本来LIXIL(INAX)の小便器では、上面左上にINAXのロゴマークが刻印されていますが、よく見てみると上面左上にINAXのロゴマークがありませんでした。もしかしたら別の場所にロゴマークがあるかもしれない、と思い、小便器の側面を見てみるとロゴマークの印字があり、そのロゴマークは、
DSCN2671なんと「Janis」(ジャニス工業)のロゴが入っており、その下には品番の記載がありました。このLIXIL(INAX)のU-331Mに近い形状の小便器は「U333C」という品番でした。JISマークが品番ステッカーに付随される形で記載されているので、2000年代ぐらいに設置されたものではないかと思います。ちなみにJanisは本社が愛知県常滑市にあり、LIXIL(INAX)と業務提携を行っています。
さて、ここからが本題です。男性用トイレの大便器個室は洋式1室のみとなっており、その大便器は
DSCN2661なんと、TOTOの#N5エクセルブラックに近い黒い便器でした。便器左側面を見てみると品番ステッカーが貼られており、それを見ると品番は「C86SG」で、先述の小便器がJanis製だったので「Janis C86SG」で検索すると2013年6月現在のJanis製品の住宅設備機器総合カタログがヒット、それを頼りに調べてみるとどうやらJanisのタンク式ローシルエット便器「ジーナプリモプラス(Jeenar Primo Plus)」(TOTOのGGなどに相当する温水洗浄便座一体型便器?)であることが判明しました。更に「Janis ジーナプリモプラス」で検索すると、デザインサニタリーのセレクトショップ「Hits」オンラインショップの当該ページがヒットしました。
DSCN2659「Hits」オンラインショップの当該ページを見ながら当物件のトイレの便器の画像と見比べてみると、この便器のセット品番は「JP861S」であることが判明、便器部分が黒、便座・タンク(・側面カバー部分)が白なので色はBK「ジーナブラック」であることが判明しました。温水洗浄便座のリモコンは電池式リモコン(Janisの温水洗浄便座ではTOTO「らくらくリモコン」やLIXIL(INAX)大型壁リモコンに匹敵するタイプのリモコンは製造していない模様)のみの設置です。大便器個室内には手すりも設置されています(手すりはTOTO製?)。
DSCN2663【M】女性用兼多機能トイレです。レイアウトは右勝手です。便器はJanisのタンク式ローシルエット便器「ジーナプリモプラス」(温水洗浄便座一体型?)を使用していますが、こちらは便器部分がピンク色となっており、色はPK3「フレッシュピンク」です。温水洗浄便座のリモコンは電池式リモコンのみの設置です。当時リモコンが電池切れだったのか、タンク側の便器洗浄レバーの駆動に不具合があったのか詳細は分かりませんが、リモコン側の便器洗浄スイッチを押してもリモコン便器洗浄はうまく機能しませんでした(タンク右側面に便器洗浄レバーがある)。手すりは少なくとも便器左側の跳ね上げ式手すりがTOTO製となっています。※非常ボタンなし
DSCN2664【M】女性用兼多機能トイレの手洗設備は小型手洗器のみ (大型の洗面台なし)となっています。小型手洗器はTOTO製CeFiONtect仕様のL870を使用しています。蛇口はオートストップ水栓です。


DSCN2665【M】女性用兼多機能トイレ内にはベビーシートも設置されています。ベビーシートはCOMBIベビーシートMP-F42を使用しています。



このトイレにあったJanisのタンク式ローシルエット便器「ジーナプリモプラス」ですが、以前2014年5月に放送された日本テレビ系列「AKBINGO!」で乃木坂46が参戦した「AKBINGO! VS NOGIBINGO! 番組対抗鉄板ゲーム対決!」の3rdステージ「暗闇の中身は何だろな?」(2人1組で暗闇の部屋の中に何があるのかを当てるゲーム。当たったら当該チームに1ポイント加算)で出てきた、謎の温水洗浄便座一体型便器と似たような形状でした。

携帯電話ショップ(ドコモショップ・auショップ・ソフトバンク)のトイレは飲食チェーン店やコンビニチェーン店などのようにモジュール化されておらず、トイレの使用器具は店舗ごとにバラバラで、「まちなかトイレ」の一種に該当する感じですが、このような小・中規模の物件のトイレは業界の2大メーカーであるTOTOかLIXIL(INAX)の製品が設置されることがほとんどで、Janisはトイレ業界では3位(近年は「アラウーノ」シリーズを手掛けるPanasonicの勢力が大きくなっているので4位ぐらい?)前後の位置にあるものの、TOTOやLIXIL(INAX)と比べると事業規模・品揃え・売上などは大幅に下回っています。Janis製の便器はトイレ改修工事中に一時的に使用する仮設トイレやホテルなどのユニットバス内部に設置されている便器ではそれなりに見かけますが、他は「一般住宅用」というイメージが強く、商業施設などの中・大規模物件ではJanis製便器を見かける機会はめったにないような気がします。

ドコモショップつくば研究学園店がオープンしたのはつくばエクスプレスが開業した2005年8月よりも後、 研究学園駅周辺の再開発の進捗でオープンした店舗で、コナン販売株式会社(ドコモショップ同店舗は同社の管轄)公式HPを見た限りでは2008年オープンとなっているようですが(多機能トイレ小型手洗器のCeFiONtectロゴが黒(2007年以降)となっているのもその証拠?)、同年オープンの店舗でありながらも男性用トイレにあったJanis製便器はTOTOの#N5エクセルブラックに近い色の「BKジーナブラック」という黒系の色となっており、バブル期に製造された便器を彷彿とさせる仕様となっていました。
バブル期にはTOTOの「ファンシーカラー」・「エクセルカラー」や、INAX(→LIXIL)の「イナスカラー」などの濃い色の衛生陶器が流行、TOTO・LIXIL(INAX)両社で黒に近い色(TOTOでは#N5エクセルブラック、LIXIL(INAX)ではN1イナスブラックなど)を製造していたものの、長引く不況によるコスト意識の高まり(濃い色の衛生陶器は高価になる)や、水垢などの汚れが目立ちやすく掃除しにくい、健康志向により出したものの色・形状などを確認しづらい器具が敬遠されるようになった、更には抗菌仕様器具(TOTOのCeFiONtectなど)の改良した釉薬(ゆうやく)では濃い色の陶器が焼けない、などの理由で1990年代後半ぐらいに製造終了となりました。TOTO・LIXIL(INAX)両社で黒に近い色の陶器の製造を終了した後の2000年代に竣工した物件でありながらも、バブル期製造のTOTOの#N5エクセルブラックに近い、黒い便器が設置されていたのには驚きました。
Janisのタンク式ローシルエット便器「ジーナプリモプラス」は2009年ごろに廃盤となりましたが、同便器のカラーバリエーションは標準カラーのBW1ピュアホワイト・BN8オフホワイト(これら2色はLIXIL(INAX)と共通?)に加え、受注生産のツートンカラーであるBKジーナブラック・PK3フレッシュピンク・BL3アイスブルーの全5色の品揃えがあったようです。

携帯電話ショップでは多機能トイレを設置する物件が増えてきており、元々はドコモショップが多機能トイレ整備率第1位だったような気がしますが、その後auショップ・ソフトバンクも店舗内に多機能トイレを設置する物件も増えてきました。

同日夜に「多目的トイレマップ」を見てみるとなんと他ユーザーからも珍品設置のドコモショップの多機能トイレ情報が投稿されており、福岡県苅田町のドコモショップ苅田店にはNational(→Panasonic)製の便器があるとのことで、そちらも気になります。

DSCN2700一方つくばエクスプレスの駅トイレですが、この日に末端区間に足を運んだ際に新たに柏の葉キャンパス以北の各駅トイレと八潮・三郷中央両駅トイレをクリアしてきました。これで同線でトイレ未取材駅は北千住駅のみとなりました。北千住駅をクリアすればつくばエクスプレスの駅トイレは全駅クリアとなるので、新規アルバムの開設を予定しています。