161号線、琵琶湖を右手に見ながら北上すると、北小松を過ぎてすぐの左側に、比良山を背にして、気になる奇妙な焼肉屋「バンバン」がある。トラックしか止まっていない、土グラウンドのひろい駐車場の奥に、まことに庶民的な店があるのだ。ここを通るたびに気になっていたのだが、何年か前についに初訪問、すっかり気に入ってしまい、以後年に2度訪問することにしている。
焼肉定食はご飯・味噌汁・たくあんつきで1120円。野菜炒めや焼きうどんはまだ挑戦していない。
 飲んではいけないトラック野郎が平気でビールをあおっている。なんでも、お店のほうで酔い覚めに3時間いねむりしてシャワーをあびることが飲酒許可の条件だそうだ。これがまたうれしいね。
このところ、わが木曜会の春夏の合宿練習が、西近江高島町の白浜海岸に固定されたため、「バンバン」通いは年2回という勘定になる。(帰りはだめ、日曜定休)
 
 今回の合宿は、僕担当の「カムイの森」のアンサンブルをピアノの伊吹さんにきていただいて初日の2時間。
あとの3時間、そして翌日の7時間は、永井・梶田のレッスンをいちばん前で、しっかりチェックすることに徹した。これが「音楽監督」の本職なのだ。
ところが実際は、ぼくにとって大変いい勉強になった。まったく退屈しなかった。
つらかったのは椅子に座り続けで、やせた尾てい骨が痛かったことだ。それも寝る前に寝室で、美女二人が念入りにマッサージしてくれた。まこと幸せだった。これぞ後期高齢者の「特権」か?
 ソプラノ27人、アルト27人。明日からは矢守トレーナーと打ち合わせしながら、A、B♭、H音のチェックをしつこく試みよう。
 テノール20人、ベース20人。やつらには4度、5度、オクターブの快感を感じさせよう。
 来週日曜日は来年一緒にジョイントする産大ニポポのサマコンが八幡で行われる。50枚切符引き受けた。西森さんと寺井さんが2枚ずつ買ってくれた。木曜日にも持っていくから買ってね。ニポポOBの伸介、トモヤ、わかってるやろな!