ゼロカートラブルブログ::ちょっとエンスーな欧州車のブログ

ちょっとエンスーなクルマ屋さんです。 フォルクスワーゲンゴルフ・ボルボ・アルファロメオ・シトロエン・ルノー・メルセデスベンツ・BMW・・・

ゼロカートラブルのホームページはこちらです http://www.zero-cartrouble.com/stock-cars

a75bcfc1.jpgalfaspider3AlfaSpider







「カッコが良くて悪かったな」
思わずそんなセルフすらはいてしまいそうなこのクルマ、アルファスパイダー。
斬新なデザインは当時話題を呼んだけど登場から既に12年程がたったにも関わらずその独特のオーラは健在だ。
普通クルマって言うのはデビューから12年もたてば古臭さが出始めてきて細かいディテールなんかが気になってきたりする。
でもこのクルマにその言葉は当てはまらない、だってハナから独創的でデザイントレンドとかほとんど関係なかったから。
しいて言うならウェッジシェイプのボディーが人によっては多少の古臭さを感じることもあるかもしれないくらい。

改めて確認しておくとこの車のデザインはフェラーリでおなじみのピニンファリーナ。近年こそデザインに関しては迷走気味のフェラーリだけどそれでもやっぱりピニンファリーナは素晴らしい仕事をする。
このクルマにも過去のフェラーリにも共通するけどピニンが手がけたこの手のクルマはとても良い歳のとり方をする。
普通はどんなクルマでもその生涯の中で中途半端に古くなって見苦しい時期っていうのがあるけど過去のフェラーリを見てもそういう車って少ない。
フェラーリと言うクルマがどれだけ古くなっても市場で基本的に300万円以下で取引されることが無いことからもその事実は伺える。
要するにアルファスパイダーもそういうクルマの一つで中途半端に古臭くならずに美しいまま古くなってレトロな域まで突っ走ってしまうと思う。

ちなみにデザインだけにスポットを当ててみたけど勿論形だけでつまらないクルマなんかではない。
その鼻先に詰まれるユニットは155や145と同じ2リッターのツインスパーク。
155前期まで積まれたアルファ伝統の4気筒と違ってフィアット製のエンジンブロックがベースだけど踏めば応える元気なエンジンで3500回転を過ぎた辺りから「まさしくこれぞアルファ」と言う素晴らしいサウンドを奏でてくれる。
しかも低速トルクもしっかりとあってクラッチミートもしやすく扱いやすいところも見逃せない。要はアルファの官能性と街乗りでも扱いやすい実用性が同居しているって事。
ちあなみにインテリアの雰囲気は156世代と言うよりは155や164の世代に近い感覚がある。質感なんかも含めて。
ドアウインドウのガラスも分厚くて意外にどっしり閉まるドア、あとアルファ特有の甘い匂いも良い。
シフトは適度の重さと節度感があって男らしくガンガン決まる。アルファサウンドを存分に歌わせるには最高の代物。
またクローズドボディーのGTVならこのエンジンと伝統のアルファV6意外にアルファ製2リッターターボを選ぶこともできる。
このアルファ製2リッターターボは155のQ4に詰まれたものと違って2リッターのV6ターボ。本国仕様のアルファ164に詰まれたものと同じ。
余談だけど164の2リッター、最初はランチアデルタやテーマやクーペフィアット、155のQ4に積まれた4気筒のランプレディーユニットだったけど他社エンジンを自社のフラッグシップに積むことにアルファのプライドが許さなかったのか途中で変更されたものである。
ご存知の方も多いだろうけどイタリア本国では2リッター以上はものすごく課税されてしまうため輸出用のV6と本国仕様の2リッターターボがフラッグシップとして同居するのが特徴だ。

まあそんな余談はさておきこのスパイダー、実際2人しか乗れないところがネックかもしれないけれど例えば子供が独立して夫婦二人の生活になってしまった人とか、もしくは独身で恋人と二人で乗れればそれで良いという人とか。
そういう場合なら臆することなく乗れるうちにこういうクルマにのって見るのも悪くないと思う、意外と安いし。



ゼロカートラブル在庫車一覧
0cartroubleではクルマの販売もしています。
欧州車が大好きな方、欧州車に乗りたい方、欧州車に乗ってみたいけど一歩踏み出せない方、欧州車に乗りたいけれど諦めていた方、エンスー人間になりたい方、われこそはエンスーな方(笑)大丈夫です。
こちらもしくは06−6533−5045にいつでもどうぞお気軽ドシドシご相談ください。

欧州車を故障させずに安心して乗るための教本!
欧州車のコンサルティングです。これでもう欧州車も安心ですね。
ちょっとお節介な欧州車オタクの友達が出来たと思ってください(笑)

mixiやってます。クルマ大好きな方、どなたでもお気軽にマイミク申請どうぞ!!

[Link]ぜひともクリックお願いします!エンスーが集まるランキング










コメント

コメント一覧

    • 1. kotaro
    • 2008年07月01日 09:40
    • 早くも7月
      この新スパイダーは驚くほど安い個体もあり
      えっとカーセンサーを見ていて思います。

      こういうのに付き合える本当の意味で贅沢、そんな部分が最近
      縮小しています。こけおどしの高額車は走っていても。

      それとシャーシーが流用とか、悪い意味での雑誌の影響。
      そんな半可通が日本中にいるのが困ります。

      自動車業界にも変な知識ばかり蔓延して。
      そろそろ新しいスタンダードを作りませんか。
      このブログには期待しています。
    • 2. ランチアブルー
    • 2008年07月02日 06:25
    • エンリコフミア作のGTVとスパイダーですね〜。

      同じフミアつながりでYからGTVという選択もあったのですが、子供も大きくなってきてGTVの後席ではブーイングが出てくるだろうと・・・。

      こんどの日曜日、146見に行ってきますね〜。
    • 3. 0cartrouble
    • 2008年07月04日 20:26
    • kotaroさん>
      ありがとうございます。。kotaroさんにそう言っていただけると百人力です(笑)
      近年のアルファだって乗りもしないのに「FFだからダメ」とか「所詮はティーポでしょ?」とかそういう物差しでしか見れない人間も多くて残念です。それじゃスペック命の外車排他主義者と何も変わりません。
      でも実際155あたりだってFFだろうがリアサストレーリングアームだろうが乗って幸せになる乗り物であることに、ハンドル握ってアクセル踏めば紛れも無くアルファであることに間違いはありません。
      僕もドンドンそういうことを書いていきたいですね。

      ランチアブルーさん>
      GTVがダメならいっそクーペフィアット、あれならお子さん乗れます(笑)
      でもタイベルの交換サイクルが短すぎて疲れてしまうかもしれません(笑)
      今のところムルティが一番かもしれませんね。
      ベネフィットさんの146、ぜひとも気に入ると良いですね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック