今年の富山は久々の大雪でした。8日あたりから10日まで降り続いた大雪ですが、改観寺は一晩で60cm程積もる勢いで降り、あっと言う間に累積積雪量が2mを超えて屋根雪が地面と繋がってしまいました。

北陸の水気を含んだ雪の重みは凄まじく、屋根雪の重みで建物の骨組みが曲がり引き戸が全く動かなくなりますし家が目に見えて歪みますからすぐ雪を何とかしなければ寺が壊れてしまいます。

3日間にわたり毎日朝6時頃から夕方まで除雪しなければならないほどの状況でした。軽く数えただけで、トイレの臭気抜きがパイプごと壊れたり、瓦が3枚割れたり多くの庭木が折れたりと被害も甚大です。

※画像は屋根から地面に繋がる屋根雪です。画像ではわかりませんが雪の厚みは1.7mほどもあります…

IMG_6733