daira's 時間差 blog

エントリを書くのがだいぶ遅れていますが、過去のものから少しずつ追加中です。将来的にはリアルタイム更新を目指しています。

Dan's wedding


元同僚の結婚式に出席してまいりました。

結婚式というと東京ではだいたい教会で式、ホテルで披露宴、パーティー会場で二次会三次会、というのが一般的な流れですが、彼らの場合は会場は千葉の別荘の庭、式は人前式、その後のパーティーも別荘のガーデンパーティーで午後から深夜まで続くという、今までに経験したことがないやり方でした。なんとなく、海外でのウェディングってこういう感じなのかな、と思わせられる雰囲気でした。

IMG_0692

新郎新婦が本当に親しい仲間を厳選したとのことでしたが、そのおかげもあり終始リラックスした雰囲気の中で時間を過ごすことができました。朝まで雨模様だったのですが、日中は天気に恵まれ、夕方から夜にかけての長い時間を一つの場所で過ごし、面識のない者同士の間でも、彼らの結婚を祝福する温かい空気が終始穏やかに流れる一日でありました。

特に印象的であった点が二つあります。


一つ目は新郎新婦の人前式での言葉。
新郎が、新婦と出会えたことで本当に自然な自分でいられるようになり、自分がやりたいことをやっていいんだと思えるようになったということ。
そしてまた新婦も、新郎が自然な自分でいられることを支えていきたいと言ったこと。
夫婦のあり方にはいろいろな形があると思いますが、自由を求めてやまないであろう新郎にとってはとても大事なことであって、本当に素晴らしい出会いが彼に訪れて良かったと思いました。


もう一つは、新郎の弟さんのパーティーの最後のほうでのスピーチ。
弟さんが小さい頃いじめられていたときに、お兄さんが颯爽と登場して「俺の弟をいじめる奴は、明日の朝日を拝むことはできないぜ!」と言い放ち、助けてくれてありがというという気持ちよりも恥ずかしい気持ちでいっぱいだったというエピソードです。当時西部警察などがはやっていたのだと思う、とのことでしたが、さもありなんと思いました。


西部警察
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E8%AD%A6%E5%AF%9F

しかし新郎の弟さんのスピーチが本当に素晴らしかったのは、単に笑いがあっただけではなく、新郎の身近にいて過ごしてきた人間として、彼が信頼すべき人物であること、新婦との出会いがいかに新郎にとって得難いものであったかということを間近に見ていて確信している、という趣旨のことを言われたことです。
私には男兄弟がおりませんが、いいものだなあと思いました。
また、結婚式というハレの場だからこそこういったことを言えたということもあるかもしれませんが、自分の家族に対して、こうして直截に温かい賛辞の言葉を述べられるような人間に自分自身もありたいと思いました。

いろいろと心に残る結婚式でありました。

IMG_0706

HRW チャリティ・ディナー

今年もHRWのアニュアルディナーに参加してまいりました。
http://www.hrwj.org/cd11.html


年を追うごとにパワーアップしており、関係各位の熱意にはただただ頭が下がる思いです。ロジスティクスも企画が大規模になればなるほど高度で複雑になってくると思いますが、その辺りも熟達した裏方さんのおかげで(少なくともゲストから見れば)トラブル知らずです。

個人的には、今年は特にサヘルさんの司会進行の素晴らしさがディナーをとても印象的なものにしていたと思います。
押し引き自在というか、間を繋がなければならない場面ではいくらでも繋げるし、テンポ良く進めなければならない場面ではどんどん状況を進行させることができる。裏方でいろいろなトラブルや予定外の事態が発生しても、表に出すべきでない部分は全くおくびにも出さず、聴衆に見え隠れしてしまった部分については敢えて裏方とのやり取りを引き出してきて、それによってすら聴衆を魅了してしまう。プロの仕事とはこういうものか、と大変惹きこまれました。

ディナーのすぐあとにサヘルさんの本も読みましたが、大変なご経験をされており、一度じっくりお話を伺ってみたいものだと思いました。

戦場から女優へ
戦場から女優へ
クチコミを見る

チャリティーオークションが開催され、一つだけ参加しましたが、サラリーマンの所得水準ではおのずと限界があり、当然ながら落札には至りませんでした(落札に至ってもそれはそれで困ってしまいます)。
ただ、落札できなくとも、ただオークションが進行していくのを傍観しているだけなのと、実際に札を上げてオークションに参加しているのとでは興奮が100倍違います。今回札を上げられなかった方々も、次回は落札を目指さなくとも、自分なりの予算を決めたうえでとりあえず札を上げてみてオークションに参加している気分を味わわれたら、きっと全く違った印象を受けられることでしょう。


オークショニアの平野龍二さんとは、後日土井さんのアレンジで一緒に飲むことができましたが、遠目で見るよりも遥かに(失礼)イケメンで、大人の余裕を感じさせる、人間的にも大変素敵な方でありました。また近いうちにお会いしたいと考えています。


今年も盛りだくさんで大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。来年はもっと楽しみにしております。


---
と、ここで終わってしまうとイベントそのものの話だけになってしまいますが、今年のディナーのメインのゲストは、エチオピアの人権活動家の方でした。

エチオピアでは、海外から資金援助を受ける人権団体が非合法化されており、HRWも活動ができなくなっているとのことでした。

途上国における非民主的な政治の話は、ずっと聞いているとともすれば頭が慣れてしまい、なかなか想像力が働かなくなってしまいますが、実際にそうした事態に直面している方の話を伺うと、改めて状況の深刻さを認識します。
とはいえ、自由がなく抑圧されている代わりに安定している独裁政治と、混沌とした無秩序の代わりに自由がある民主政治のどちらが人間を幸福に導くのか、というのは実は難しい問題ではないかと思います。ソマリアのようなBHNが全く満たされない無政府内戦状態と、いったいどちらがましなのかという究極の選択を迫られたら、すぐに答えはでないのではないでしょうか。

個人レベルで考えれば、移動の自由こそ重要であり、移動の自由とは自分がどれだけ幅広い選択肢を持っていられるかという高度に複合的な自由であります。経済的自由が満たされている、または満たされる見込みが高くなければ移動できませんし、国外に移動するのであれば言語の問題のみならず、文化の異なる土地で生活することができるだけの人間的な強さが求められます。日本の将来を真剣に危惧することもあった今年の前半、自分自身も選択の幅を少しでも広げられるようにしておかなければと思いました。今は少し移住熱は盛り下がっていますが、時機が来ればそういうこともあるかもしれません。

それはさておき、国と国も、企業と企業のように一定のルールの下で競争しているわけですから、政治体制についてもどちらが優れているかという競争があるわけですが、根本的な問題は、国から国への人間の移動は査証などの制度的な制約があるのみならず、個人レベルでの生活基盤という観点からも簡単ではないというのが現実だと思います。この点、制度や人々の発想を変えていくことができないか、ということを考えたりします。これだけ通信や交通手段が発達してきて、少なくとも先進国においては海外との交流が昔とは比べ物にならないぐらい容易になっている現状を鑑みれば、人材の国際的な流動化というのが世界全体の発展のために非常に重要な意味を持ってくるのではないかと考えます。

以下のページにHRWが表彰した世界の人権活動家6人の活動が紹介されています。
http://www.hrw.org/ja/news/2010/10/04

「パパ」抱きしめ


一瞬を切り取る写真の力の凄さには、どんな言葉もかなわないことがあると思いました。
http://www.asahi.com/national/update/0703/TKY201107030328.html

Profile
daira
Once a friend, always a friend. And there is no different type of friends.

Recent Comments
Recent TrackBacks
”驚異のゴルフ上達法”を伝授! (元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法)
大統領のゴルフ
Amazon Web Service
  • ライブドアブログ