和の徒然日記

いま、私が、好きなことをのんびりまったり書いてます。

HAPPY BIRTHDAY

Happy Birthday To 手越 祐也

テゴ、26歳のお誕生日おめでとうございますテゴにとって、25歳の1年間はどんな1年間でしたか?今はあるお仕事の関係で久しぶりに黒髪ですが、黒髪だと若く見えるんだなぁ…と改めてそんなことを感じました。

昨年から引き続き、念願だったサッカーに関わることの出来るお仕事が継続して続けられ、月1回のサッカーアースのメインMCでのお仕事が始まってから1年が経ち、2年連続でFIFAクラブワールドカップ2013のメインキャスターに決定…と、個人として大好きなサッカーと仕事として関わることが出来ることは、ホントに嬉しいことだと思いますが、その分責任も増えてくるかと思います。来月からはモロッコにも足を運び、実際に現地での取材なども増え、また充実した毎日になるでしょうが、去年からの頑張りがあるからこそ、求められることも増えてくると思うだけに、今まで以上に真摯に向き合って欲しいな、と願ってます。

テゴは、思い立ったら即行動で、考えるより先に身体が動いてしまってたり、ストレートに自分のコトバで真正面からぶつかっていく猪突猛進タイプの性格で、そのテゴの強気な言動に、背中をドンッと叩かれたり、先頭を走って引っ張っていってくれたりしてくれる姿に、頼もしさを感じることもありますが、そのストレートすぎる言動や性格が逆に、自分や周りを傷付けたり危険に晒す可能性も高めてしまう危険性を伴ってしまうことを、もう少し自覚しなければならないのではないだろうか…と不安や心配になることも多かった様に感じてます。
NEWSが4人になって、NEWSのエースとして見られるようになることが増えてきたこの約2年間で、何も武器も持たず体制も整えないまま行動してしまったことにより、テゴ自身が傷ついたり誤解されたりして、伝えたいこともその通りに伝わらなかったりするんじゃないだろうか…、その誤解がNEWSにも影響が出てしまうのではないだろうか…という怖さを感じる機会が、個人的にはここ1年で増えた様に感じてます。目の前の事にいつも全力で、その時感じたことをストレートに熱く語る姿は、テゴの武器でもありますが、その言葉に怖さや不安を煽られることが増えたのは、私がそういう不安を持ってテゴのことを見てしまってるからそう聞こえてしまうだけなのかもしれません。
そんな不安を持ってしまっているからか、テゴにとって、頭からガツンッと叱ってくれるような、親父的な立場の大人が身近に居ないのだろうか…と、思うことも増えました。デビューしてからの年月が経てば経つほど、年齢を重ねれば重ねる程、そうやって真摯になって叱ってくれる存在はどんどん少なくなってしまいます。メンバーもテゴに対しては、ガツンッと叱るようなタイプではなさそうですし、テゴも意外と頑固で、自分が納得しなければ、自分を曲げることは出来ない性格でもあって、なかなか難しいのかもしれません。テゴの真っ直ぐ過ぎるくらいの直球な性格は武器だし、その良さはこれからも無くして欲しくないと願ってますが、自分の言動は自分が考えている以上に、周りに影響を与えることもあるということを、頭の片隅に少しでも置いて欲しいな…と願ってます。

この1年も、仕事にサッカーにと、大忙しの充実した毎日だと思いますが、怪我や事故には気をつけて、体調管理を万全に、毎日を笑顔で過ごして欲しいな、と願ってます。

まっすー入所15周年おめでとう

まっすー、入所15周年、おめでとうございます
16年前、まっすーのお姉ちゃんとお姉ちゃんの友達が、履歴書代わりのお手紙をジャニーズ事務所に送ってくれたことでスタートしたジャニーズ人生、まっすーにとってはどんな15年間でしたか?

今年はNEWS結成10周年…という節目の年でもあり、4人のNEWSとして再び東京ドームのステージに立つ、というまっすーの夢のひとつが、その10周年の記念イベントと言うカタチで実現した年になりましたね。
まっすーにとっての昨年の『NEWS LIVE TOUR 2012~美しい恋にするよ~』は、NEWSとしてこれからも歩み続ける…という決意表明のツアーであり、今年の『NEWS LIVE TOUR 2013~NEWS MAKES YOU HAPPY! MAKES THE WORLD HAPPIER!~ 』ツアーが、これが“今のNEWS”です、という本当の意味でのお披露目のツアーだった…ということで、やっと4人のNEWSとしてのカタチや土台や足場が固まり、そのカタチをファンに届けることが出来るようになったという年になったと感じたからこそ、今回のツアー初日の挨拶でのコトバになったのかな…と感じてます。
今回のツアーでは、昨年以上に、まっすーのアイディアの種が様々な場所で生かされたツアーだったと思いますが、そのひとつが、コンサートの衣装をまっすープロデュースで行うことだったり、10周年イベントでお披露目した4人で作った曲の作曲だったと思いますし、昨年同様、NEWS4人とたくさんのスタッフさん、そしてサポートメンバーとして頑張ってくれるMADEとJr.Boysの8人と一緒にひとつのステージを作るコンサートを作ろうというまっすーの思いがあったからこそ、1曲Jr.のメンバーの振付をJr.自身に任せるということになったのかな…とも感じてます。

まっすーは、決して要領が良いタイプでもなく、不器用な職人気質のあるタイプだからこそ、自分の中できちんと消化できないと、次へ進めない部分がある人だと感じることもありますが、ファンを不安な気持ちにさせたり心配させることを、何よりも嫌がるタイプで、どんなに辛くて苦しい状況に追い込まれてた状況でも、ファンの前ではずっと、温かく穏やかで優しい笑顔で、ひとつひとつの仕事に真摯に向き合う人だからこそ、昨年の秩父宮での涙も、今年の10周年イベントでの涙も、まっすーの心の中で、何かしらの一区切りがつき、ホッとしたからこそ思わず涙が溢れてしまったのかな…と感じてますし、NEWSとしての土台を再び固め直すまでに、ここまでの長い時間が必要だった…と考えると、NEWSがこの2年で乗り越えなければならなかった壁や困難はどれだけ高く険しかったんだろう…と胸が締め付けられるような気持ちにもなりますが、去年のツアーで、今の自分達を、NEWSをファンのみんなは受け止めてくれる、応援してくれる、自分達が選んだ道は間違いなかった、と実感できたからこそ、これからのNEWSとして歩んでいく上で、これからも様々なアイディアの種を集めて、そのアイディアの種をきちんとカタチにするための努力も積み重ねていくだろうな…と感じてます。

また、NEWSの仲間だけではなく、15年という長い年月を、同じジャニーズ事務所の一員として、同じ様な経験や苦労をして、共有できる思い出話もいっぱい出来るような仲間が居ることも、まっすーにとってひとつの強みだと思ってます。98年11月組の同期が、NEWS・KAT-TUN・Kis-My-Ft2・A.B.C-z・ふぉーゆー、と、5つのグループに所属し、様々な場所で頑張っているというのは、ジャニーズ内でも珍しいのでは…と思いますし、だからこそ得られる刺激もあるかと思います。
入所15周年を迎え、デビュー組のグループとして10周年を迎えた今、まっすーにとって、様々な場面で、中堅としての立場で見られることも増え、今は、グループとしては勿論、個人として求められることも増えてくる時期なのかもしれません。日々の活動の中で、NEWSの増田貴久として求められることも、やらなければならないこともいっぱいあると思います。NEWSのためにも自分のこれからのためにも、様々な場所にアンテナを拡げ、そこで得たアイデアの種を育みカタチに出来、ジャニーズのアイドルとしての誇りを持って、ひとつひとつのお仕事に真摯に向き合い、努力と勉強を厭わない…、そんな姿を「なんてことないよ、当然のことだよ」って、当たり前の様に振る舞うことの出来るまっすーだからこそ、これからもしっかりと応援していきたいし、もっと多くの人にまっすーのことを知って貰いたいという気持ちも強くて焦る気持ちもありますが、まっすーはチャンスの神様の前髪を掴むチャンスが来た時に、その前髪を掴むための努力を日々積み重ね、必ず結果を出せる人だと信じてます。だからこそ、まっすーが充実した顔をして、真っ直ぐ自分が願う夢に向かって努力を重ね、その夢が叶う瞬間をちょっとだけでも見れたらいいな…って願ってますし、そんなまっすーの笑顔や真摯な顔を見ることが出来る機会がいっぱい増える様な1年になったらいいな、とも願ってます。

インディーズデビュー記念日

NEWSとしては、“NEWS結成日”・“インディーズデビュー日”・“メジャーデビュー日”etc…、NEWSとしての大きな“記念日”がいくつもありますが、10年前の今日は、『NEWSニッポン』がセブンイレブン限定発売された日ですね
NEWSとしての記念日はいくつもあって、いつが誕生日なのかが分からない…とNEWSメンバー自身も話してたこともありましたが、去年の9月15日の広島公演で、結成記念日の9/15がNEWSとしての誕生日…ってことになり、NEWSとしての誕生日のお祝いの日は9/15ということで、10周年の記念イベントも9月に開催されましたが、NEWSというグループとしての活動が始まり、インディーズとしてシングルをリリースした、NEWSとしての2つ目の記念日も、大事なひとつのターニングポイントのひとつだと思います。

『NEWSニッポン』という楽曲は、9/15の結成会見の会場で歌われた楽曲であり、NEWSとして歩んできた10年間を、NEWSのメンバーと共に歩み、NEWSとして歩んできた道程のひとつひとつの思い出が何層にも折り重なった曲であり、NEWSとして歩んできた全ての道程を共に歩んできた、NEWSとして一番最初の楽曲になりますし、これからも、NEWSのメンバー4人にとっても、私達NEWS担にとっても、たくさんの思い出や気持ちを、これからもずっと積み重ねていく曲になるんだろうな…って思ってます

9月の10周年イベントを、東京ドームで開催できたことは、NEWSにとって、またひとつの大きなターニングポイントだったと思ってます。なかなかNEWSのNEWSが届かず、もどかしく感じることもありますが、NEWSとしての歩みをこれからも続けていく…と前へ前へ一歩一歩進んでいく4人をずっと応援していきたいと願ってますし、これからもNEWSとして乗り越えていかないといけない壁はたくさん待ちかまえてるかと思いますが、、今の4人だったら、どんな壁だって乗り越えて行けると信じてます。
これからも、どんどんNEWSとしての楽曲が増えていって、それぞれの曲にまた様々な思い出が積み重ねられていくかと思いますが、今までの楽曲も、これからの楽曲も、そのひとつひとつの楽曲を大切にして、共に歩んで行けたら良いな、って願ってます

あの日から2年経ちました

あの発表から今日で2年が経ちましたね。もう2年なのか、まだ2年なのか…は、感じ方は人それぞれだと思います。2年経った今でも、色んな複雑な思いを抱えたり、未だに目を背けたり、ムッとした気持ちを抱えたりしてしまうこともありますが、2年前に比べたら、大分普通に捉えられたり見ることが出来たり、意識しないことも増えて来たり…と、私自身の気持ちの部分でも変わってる部分も多いんだなぁ…と感じたりはしてましたが、1年前はもうすぐ1年だな…と振りかえることが何度かあったのに、今年は朝、出勤途中にtwitterのツイッターを遡って、今日で2年なのか…とハッとさせられたところもあった所を見ると、月日が過ぎたことで、2年前のあの日の心の傷は気付かないうちに癒えていってたり、次のステップに気持ちの部分でも着実に進んでたのかな…とも感じました。

この2年間、NEWSとして歩んできた道のりは、孤立無援の状況に追い込まれたこともあるでしょうし、様々な柵や苦しみを抱えることも少なくは無かったと思いますが、目の前に幾つも立ちはだかる高く険しい壁を、ひとつひとつ乗り越え、一歩一歩前へ前へ、4人で真摯に全力で進んできたことで、ひとつの“ターニングポイント”を通り抜けるための2年だったのかな…とも感じてます。
去年のツアー、NEWS LIVE TOUR 2012~美しい恋にするよ~は、NEWSとして4人でこれからも活動を続けていくと言う決意表明と意思表示のツアーだったと思いますが、今回のツアー、NEWS LIVE TOUR 2013~NEWS MAKES YOU HAPPY! MAKES THE WORLD HAPPIER!~ は、これが今のNEWSです、という姿をファンにお披露目するコンサートだったのかな…と感じてます。
また、4人になった時、また再び東京ドームのステージに立つNEWSを見たい…、これは私にとって2年前のあの日からのひとつの大きな夢でした。その夢は去年のサタジャニでのまっすーの記事の中のひと言で、ますます大きく願う夢になりました。そんな夢が、9月7日に、“NEWS 10th Anniversary ”の公演として実現し、65000人もの観客を動員できたと言うことは、4人にとっても、今までNEWSを支えて共に困難に立ち向かい乗り越えてきたスタッフのみなさんや、NEWSを応援してきたファンにとって、ひとつのターニングポイントだったのかな、と、後々振り返った時にそう感じる日だったのかな…とも考えてます。

そうとは言っても、NEWSとして今置かれてる現状は、未だに厳しい状況に置かれてると言わざる得ないと感じてますが、今まで乗り越えてきた数々の壁だって乗り越えてきたNEWSだからこそ、どんな高くて険しい壁でも、NEWSに乗り越えられない壁は無い…今までだってどんなに高く険しい壁をみんなで乗り越えてきたNEWSだからこそ、これからも乗り越えて行けると信じてます。そんなNEWSをこれからもしっかり応援していきたいと思ってます。

NEWS結成10周年 おめでとう

NEWS結成10周年 おめでとうございます
9月15日は、NEWSが結成された、大切な最初のNEWSの“記念日”ですね今年も、こうやってお祝いが出来ることが、本当に嬉しくて仕方ないです('▽'*)
2003年の9月15日、記者会見の直前にジャニーさんから「君たち“NEWS”だから」って言われてからの今日までの10年間、NEWSというグループの歩んできた道は、本当に色んなことがありましたね
ジャニーズに所属してるどのグループそれぞれの歩んでいる過程の中で、抱えて来た問題や課題や困難はいっぱいあると思います。そんな様々な壁や困難に立ち向かい、ひとつひとつ全員で乗り越えて来たからこそ、それぞれのグループの“今”がある…とは思いますが、NEWSというグループほど、“波乱万丈”というコトバがピッタリなグループは無いだろうな…、って感じることが、今までに何度もありました。

私がNEWSをきちんと意識し始めたのが、05年の1stアルバムtouchがリリースされた頃…なので、ギリギリ8人でNEWSとして活動してた時期を知ってるものの、NEWSの歩んできた10年間の歩みの全てを見届けてきた訳ではありません。
そんな私がNEWSの活動を追っかけてきた約8年間、相次ぐ不祥事による活動休止にメンバー脱退…と、そのニュースを知る度に、いっぱい泣いたり、怒りや憤りや不安で感情がグチャグチャになったり、色々考え悩みすぎたりすることもあったし、せっかくのコンサートなのに天候に振りまわされたり…と、何でNEWSに神様は何度も何度も高く険しい壁を与えるんだろう…って恨みたくなったり当り散らしたくなったことも何度もありましたが、それ以上に、NEWSの楽曲やグループとしてや個人としての活動やコンサート、雑誌や連載やラジオを通じてのコトバに、笑顔や幸せや元気をいっぱい貰え、励まされたり癒されたりすることもいっぱいあった8年間でしたし、NEWSのことを好きになって良かった、って感じたり、NEWSのことを誇りに感じることも多かった8年間でした。

10年前の今日、飛天の間の結成会見に9人で登場し、NEWSとしての活動をスタートした筈が、度重なるメンバーの脱退で、今では半数以下の4人で活動してる…なんて、NEWSが結成された当時は誰も予想しなかったと思います.し、度重なるメンバーの離脱に、8ヶ月もの活動休止…と、他のジャニーズ事務所所属のグループが経験したことの無い様な、高く険しい困難や壁に向き合わざる得ない状況に何度も追い込まれ、いつ解散しててもおかしくない局面に何度も向き合わざる得ない状況にまで追い込まれる状況にまで追い詰められても、NEWSとしての活動を10年間続けて来ることが出来たグループは、NEWSぐらいだと思ってます。
高く険しい困難や壁や問題を目の当たりにする度に、絶望の闇に叩き落とされ、泣いたり頭を抱えて悩んだり苦しんだりしながらも、何とかその困難や壁を乗り越えてきたからこそ、今のNEWSが在ると思ってますし、その度にNEWSも、ファンも強く逞しくなっていったと思ってます。私自身、沢山傷付き、沢山泣かされても来ましたが、それでも壁にぶち当たる度に、真摯にその困難に立ち向かい、何とか乗り越えて来たNEWSのことを誇りに思ってるし、だからこそ、こうやって10周年と言う記念日をこうやってお祝い出来ることが、幸せだなぁ〜って、心から感じています。

小山、まっすー、シゲ、テゴ、そしてNEWSに関わってきた全ての関係者のみなさん、そしてNEWSを応援してきたファンにとって、NEWSがこうやって10周年の記念イベントを東京ドームで開催できる…ということは、どこまで予想出来てた未来だったのでしょうか?
一昨年の10月、4人でのNEWS活動を発表してから4人が歩んできた道は、私達NEWS担が想像する以上に、高く険しい壁には阻まれ、孤立無援な状況にまで追い込まれることも何度もあった道だったのかもしれません。この2年で、NEWSに関わられてたスタッフさんや関係者の方の中には、NEWSの元を離れた方も多くいらっしゃったのかもしれませんし、事務所の幹部や関係者からも厳しい目で見られてきた部分も多かったのかもしれません。それでも、目の前の壁や難題に真正面から真摯に向き合い、応援してくれるファンや支えてくれるスタッフさんや関係者の皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、一歩一歩前へ進んできたNEWSだからこそ、こうやって10周年の記念イベント&ライブと言うカタチで、夢のひとつであった、東京ドームでのコンサートが今年実現出来たと思ってますし、神様はまだまだNEWSに多くの壁や困難を与えてくるのかもしれない…、そう思わされることもありますが、どんな高くて険しい壁でも、NEWSに乗り越えられない壁は無い…今までだってどんなに高く険しい壁をみんなで乗り越えてきたNEWSだからこそ、これからも乗り越えて行けると信じてます。

東京ドームでの笑顔や涙…10年間活動を続け、10周年の記念イベントが出来ることの幸せと有難さ…を誰よりも感じてるのは、小山、まっすー、シゲ、テゴ、の4人なのかもしれません。そして、NEWSの活動に関わられた全ての関係者の皆さんやスタッフのみなさんにとって、そして4人の事を様々な形で支え応援してきた家族の皆さんにとって、東京ドームでの記念イベントは、感慨深いモノがあったのではないでしょうか。今回のツアーでも、最後の名古屋公演のアンコールでスタッフさんまでタオルを手に回してた姿がたくさんみかけられたり、10周年のイベントでスタッフさんから仕掛けられたNEWSへのサプライズの数々に、改めてNEWSの4人はスタッフさんに愛されてるんだなぁ…と感じることが多かったです。
4人になった時、また再び東京ドームのステージに立つNEWSを見たい…、これは私にとって2年前のあの日からのひとつの大きな夢でした。だからこそ、その夢が実現した先週の“NEWS 10th Anniversary ”の公演に実際足を運べたこと、そして4人の満面で幸せいっぱいの笑顔を実際に見ることが出来たことが、ホントに嬉しくて幸せで仕方ありませんでした。4人にとってひとつの大きな夢のひとつだった東京ドームでの公演が叶ったとはいえ、今回の東京ドームでの10周年イベントは、4人にとってのひとつの大きな通過点だと思います。
これからも、“同じ星が今見える”4人だからこそ、色んなお仕事に関わって欲しい、幸せで楽しくて仕方ないって笑顔で溢れた充実した時間をいっぱい過ごして欲しい、様々な抱えきれないほどの色とりどりのキラキラした夢をいっぱい見て欲しい…、これからNEWSが進む未来は、鮮やかで輝いて広くて…そんな未来が、4人には、NEWSには待ってると信じてます。そんな4人を、NEWSをこれからもずっと応援していきたいと願ってます。

NEWS 10th Anniversary イベントレポ

NEWS 10th Anniversary イベントレポ完成しました

相変わらずまとまりも無く、言い間違いや記憶違いもたくさんありますが少しでも様子や雰囲気が伝わってくれたら嬉しいです。

ネタバレになるので、追記に…φ(.. )




続きを読む

NEWS 10th Anniversary in 東京ドーム 13.9.7(MC後〜)


集中力が続かず、遅くなってしまいましたが、何とかMC終了からのコンレポも完成しましたので、追記に…φ(.. )
相変わらずまとまりも無く、言い間違いや記憶違いもたくさんありますが少しでも様子や雰囲気が伝わってくれたら嬉しいです

イベントレポも、早めにUP出来るように頑張りますf^▽^;



続きを読む

NEWS 10th Anniversary in 東京ドーム 13.9.7(MC前まで)

9/7、東京ドームで開催された、NEWS 10th Anniversary  に行ってきました
去年のツアーや今年のカウコンなどで、今年は結成10周年のイベントを開催するということは分かっていたので、早い段階から日程が発表されたら絶対行きたい、と思ってたものの、まさか今回のツアー初日、秩父宮公演のMCで、9月に東京ドームで10周年のイベントの開催が発表され、日程が発表されたのが次の神戸公演…と、まさかこんな急ピッチなスケジュールになるのは予想外でしたし、予想以上の倍率の高さに行けないかもしれない…と覚悟したものの、すぐお譲り戴ける方が見つかり、無事NEWS結成10周年のお祝いを東京ドームですることが出来ました。
4人でもNEWSとして活動を続けていく…と決めてから、この4人で東京ドームでコンサートが出来る日がまた来て欲しい…というのが、私にとってのひとつの大きな夢でした。そして、昨年新聞の記事の中で、まっすーが同じく、東京ドームでのコンサートを夢として語っていたのを読んでから、そのまっすーの夢が叶う日は1日でも早く来て欲しい、その夢が叶う時は、私のその場所に行きたい…と願うようになりました。その夢が、結成10周年のお祝いとして叶ったことがホントに嬉しくて幸せで仕方なかったですし、実際東京ドームに行くと、65000人というたくさんのNEWSを応援してきた人達でいっぱいの会場に足を踏み入れた段階で思わず涙ぐんでしまいましたし、NEWSからのサプライズのプレゼントあり、スタッフさんの心遣いからのNEWSへのサプライズあり…の、あったかくて優しくて、幸せと笑顔の溢れる、NEWSらしい、NEWSだからこその、10周年の記念イベントになったと感じてます。小山、まっすー、シゲ、テゴ、の嬉しくて幸せで仕方ないと言う笑顔を、また東京ドームで見ることが出来てホントに幸せでしたし、またこうやってNEWSとして東京ドームのステージに立って欲しいな、と心から願ってしまいました。

今回もコンレポに関しては、記念イベントレポは、コンレポをupした後、後程、別にエントリーをupする予定です。ひとまず、MC前まで完成したので、先に前半だけupします。

記憶だけが頼りの、ただ長いだけで、まとまりの無いレポですが、ここからは内容にも触れるので追記にφ(.. )




続きを読む

NEWS HAPPYコン 8月21日 MCレポ

8月21日のMCレポ完成しました

相変わらずまとまりも無く、言い間違いや記憶違いもたくさんありますが少しでも様子や雰囲気が伝わってくれたら嬉しいです。

ネタバレになるので、追記に…φ(.. )


続きを読む

NEWS HAPPYコン 8月20日 MCレポ

8月20日のMCレポ完成しました

相変わらずまとまりも無く、言い間違いや記憶違いもたくさんありますが少しでも様子や雰囲気が伝わってくれたら嬉しいです。21日のMCレポも引き続き頑張ります。

ネタバレになるので、追記に…φ(.. )



続きを読む
和(のどか)といいます。
2005年春に某映画雑誌で手越くんの目に心引かれ、そこからずるずるとNEWSに引き込まれ、気付けば増田貴久くんにどっぷりはまってます。
基本は広く浅く、だけど一度はまると深く狭く、タイプ。好きなことをのんびりゆっくり書いていくつもりです。
コメントは、しばらく認証後にお返事とあわせてupという形を取ることになりました。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
メールはこちら→nodoka7402☆yahoo.co.jp(☆を@に変更してください)
訪問者数

Recent Comments
Profile
Archives
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ