先日紹介したコルベットや、日産GT-Rのように、今でこそニュルブルクリンクで8分を切る市販車は珍しくなくなってきていますが、ホンダのNSXタイプRもやはりニュルブルクリンク8分切りを達成している素晴らしいマシンだと胸を張って海外にも自慢できる日本の宝だと思っています。
動画は2002年に黒沢元治の出した7:56:733というタイムです

オンボードカメラの映像で聞こえてくるエンジン音は280馬力に規制されているとは思えない深く力強い響きですが、コルベットが647馬力、GT-Rが530馬力であることを考えると、280馬力での8分切りはやはりNSXというマシンがいかに高度なバランスを備えているか、という証になるのではないでしょうか、しかしNSXかっこいいなぁ。

関連記事
NSX The 20h Anniversary NSX 20周年