noeliam0921

MCFC スタイル

We are Manchester City Football Club's Supporter!


オアシスとマンチェスターシティFCサポーターのブログ。マンUサポは気分を害しますのでご注意を。

2013

12

Champione ole ole ole !!

見事やってくれました。

2013/2014シーズンを制覇、チャンピオン!
10298876_10154165822990455_1689670000387380434_n


二年前とはどこか違う雰囲気を持ってチーム(特に、気を抜かずってところと冷静さ)。
この試合が簡単ではなかったけど、何としても勝つことが重要だった。
決してチームは楽した感じもなく、ちょい堅いくらいかなと思う立ち上がり。わりと足が止まっていて、追い抜いたり飛び込むようなのが少なかったような印象。Jsportsの実況は違う印象だったみたいだけど。
ピッチの状態もあったかもだけど、なんかボールに足がついていかない感じもよく見られたし。

こじ開けられなければ外からってとこが、これまでヤヤ位だっただけにナスリのゴールは大きかった。あれでかなりのアドバンテージ得られた。気持ちもスコアでも。


ハマーズにはリヴァプールとコネクションのあるメンバーが多くて、結構個人的にモチベーションがあったみたい。キャロル、J.コール、アラダイス、その他色々コメント出てたとか?永井(Jsports)さんがエラくそういう情報を強調してたなあ。でもハマーズは攻め手もチャンスも作れず、いいところなし。というか、ディフェンスもあの中で集中切らせず、コンパニがほぼ完璧にキャロル潰してたしね。

最後の最後までも決して気が抜けなかったのは選手も、そしてサポーターもでしょう。
リヴァプールのパレス戦、自分達も2年前にひっくり返した事実、安泰っぽくてもどこかドキドキ、ハラハラしてしまった。アディッショナルタイム3分には少なくて助かった、という感じ。

BnXcf3-IgAEsGqz

にしても今回もピッチはカオスでしたね。あんなに人降りてきてたっけ?と思ったけど、二年前の写真もあんな感じですね。
ただ、選手はもっと早くドレッシングルームに逃げ切っていた気がするけど、ナスタシッチとかかなりの時間もみくちゃにされてた・・・オレは今日出てないよ!みたいな。

前回のような劇的なのはなくても優勝をしっかり噛み締めてその時を迎えられた今回の優勝。まだまだ改善があるというペジェグリーニの早速のコメントが頼もしい。でもひとまずお祝いして休みもかな。
おめでとう、シティ!!
2013Champions Noel in Pitch

ノエルとジョニーマーも来てピッチにいたらしい。これはこれで気がついたらめちゃびっくりで写真一緒に撮りたいけど。

We love you City , we do!!
Congrats City!!
Champione Champione ole ole ole!!!!
png_large
5

最後の一週間

プレミアリーグ、13/14シーズンも残り1週間。
といってもシティは未消化試合があるので残り試合は2試合。

木曜日明け方にビラ、で日曜のラストがハマーズ。
ちなみにNHK BSはリヴァプール戦を中継予定らしい。
20140503 vs everton

シティは残り数試合から足踏みしながらもなんとかここまで来られましたね。
リヴァプールに負けた時、その後のサンダーランド戦でのドローで終わったと思ったけど、チェルシーに救われて今は充分優勝の可能性を残している状態。
逆にチェルシーはリヴァプールに勝ったのにノリッチにスコアレスドロー。ほぼ優勝なくなっていますが、引いた試合の多い相手に逆に引きまくったノリッチの作戦勝ちかも。

リヴァプールのジェラードのミスは痛かったけど、コンパニがミスして敗戦だったリヴァプール戦を思い出させられた。あれで信頼がゆらぐことはないけど、ここまでチームを引っ張ってきたキャプテンのミスが失点にってはともに皮肉だなあと。スポーツの怖さですよね。

20140503 vs Everton winシティはエバートンのホームでよく勝った。苦しい時間も多かったし、最後は7分近くまでアディッショナルタイム伸ばされたらさすがに座っては観られなかったなあ。泥臭かったけど、何より必要だったのは勝ちだったからあの試合運びはほんとに勝ちたいという表れでしょうね。
15年で2勝しか出来ず、ここ4年で得点1?0?だったのに3得点。ここにきてからのジェコの決定力の回復はほんと光るし嬉しい誤算。一時はどうなるかと思ったけど。まあもうちょい守備してくれとか思うけどね。

リヴァプール、シティともに残り試合は降格圏からも抜けたチームなだけにそれほど相手もがつがつ来ない?どうなんだろ。
まあNHKが選んだのはリヴァプール。シティにはNHKを後悔させてやって欲しいね。
17

バルサね

CLのトーナメント初戦(Round of 16)が決まりましたね。
CL2013-round16


シティはバルサと。

いいね、注目度高い。

レアルがきたらやりやすいイメージあったけど(もちろん違うチームになっているけど去年もしてるし)。

2月18か19日、JSPORTS4じゃなくて2か3でやってくれ。
16

驚くほど弱い

週末はシティ対ストーク、@ブリタニア。

この数年勝ち星をあげられてない苦手なところらしい。
確かに、苦しめられている印象はあるけど、そんなにだったのか。

で土曜日の試合結果は

0-0


後半からみて、ハイライトもみたけど、シティにチャンスらしいチャンスほとんどなし。
いや、チャンスを作れず。弱い。ヨワ過ぎ。

なんかまだまだメンバー感がチグハグで、攻撃の厚みとか、流れとかが全然みえない。
ヨベティッチはほとんどみれなかったけど、まだまだチャンス与えてほしいな。
20130914 vs Stoke draw



+++++++++++++++++++


監督やらコーチが色々考えているんだろうだけど、やっぱシティで育ってきた選手がいないってのは、何かが揺らいじゃうんじゃないかね。シティたる何かが見えない。

"シティは試合毎にモチベーションが違うように見える"、みたいなことを実況が言ってた。
強豪と言われるチームとの試合や開幕はもの凄いモチベーション上がってチームとしても機能するけど、相手によってその気持ちに差が出ているような?それで、チームとしての強さが試合によって差が出る。それも驚く程。

昨日みたいな試合は、観てて、単純につまらない試合、って感じだ。
まだ、弱くてトップ10に入れたらいいって時期のチームの方が、がむしゃらにスピリットある感じがして観てるこっちも燃えたんだけどな。チーム全体、ユースも含めて"シティ"って感じのまとまりがあって、トップに上がってくる(上がってやる、トップデビューしてやる)のが楽しみだったり。

今は、そのユースからの突き上げがないし、というかその機会を若手に相変わらず与えようとしていない気がする。だから緩慢なプレーが出てたりなんて前から言われているけど。
そりゃデニススアレス(現在バルサ)も出て行くわ。移籍して入ったやつらも、試合出られないとすぐまた他所にいったりしちゃうし・・・。試合出たいのは当然わかるけどさ。

ireland in stoke

ストークにアイルランド(スティーブン)がいて、懐かしかったなあ。そのままシティにいて欲しかった。もっと育てて欲しかったわ。今シーズンからストークなんだね。villaでもあまりだったようだからまた活躍して欲しい。
で、この試合途中からでいいプレーしてたよ、しなやかでタッチの柔らかいボール送ろうって感じで。


ペジェグリーニの腕もこれからが見せ所だろうな。どう変えて行くか、プレーもメンタルも。
1

ハワイ旅行 - 終わりに

鳩
日焼けしない白ハト。


ながなが書いてきましたが、今日でハワイの記事は最後。

ハワイで感じたことをまとめると、

南の国を満喫(海も山もある、山は行けませんでしたが)
ちょい海外らしさにかけるが、逆に英語とかの不安要素はかなり少なかった
(英国に一人で1週間行ったのとは段違いにストレスや不安がなかった)
飛行時間も8時間前後でまあ個人的にはそれほど苦ではなかった
ツアー会社が充実してホテルなどのプランも様々(逆に迷うけど)
現地ツアーも多種多様でOK(まあこれもどれにするか迷う)
海、景色、夕焼け最高
人の愛想の良さに感動(適当さも良いよね)
食事も満喫、ただなかなか財布にも胃に応えた

・・・・・・・・・・・・・・・
鳥1オウム
サングラスしてそうな鳥。


えーと、これまで書いてきた現地ツアーですが、多くは「トラベルドンキー」というのを使って申し込みました。で、ここは安い。困りそうなチップなども込みの料金が多かったです。
ただ、トラブルというか困ったことも有り。ちょっと向こうのレスポンスにタイムラグがあって、ツアーのバウチャーがツアー開催日に届かなかった・・・。Eメールなのに。
そのツアーは正確な集合時間/場所がわからずかなり焦りましたね。当日はバウチャーなくても身分証持っていて助かりましたが。
他にもレストランのツアーでは「詳細」に書いていないこともあり。必要ないかと思ってたらドリンクは別料金(水とかもね)。あともう一つ別料金だったなあ。まあ記念だし、追加で飲み食いしたけど、ツアーの詳細や注意事項に書いておくとか出来るのにね。結構な高いコースだったし、それくらい書いておいてよって感じ(レストランは悪くない)。
まあこんなこともあるのが旅行かと思ってますが、早めの予約をするべきだということ。そんで他の口コミの確認したらいいんですかね。
***************

そんなこんなでもハワイは良いとこ。
また行くなら行けなかったレストランや、ホテルも別のとこに泊まったり、別の島も行きたいと思いますね。さあ次はどこへ行こうか。いや、その前にいつ旅行に行けるだろうか・・・。

虹
ハワイ最後の朝、ワイキキビーチに虹が!しかも見つけたあとすぐ消えてしまったので観られたのもほんと一瞬。右端はシェラトン。
しかも気がついてない人多数。向きがダイヤモンドヘッド側じゃなかったからかな。せっかくなので写真撮りながら散歩してた気づいてない親子に教えてあげた。
18

ハワイ旅行 - パレード

プレミア開幕。シティは月曜日、日本時間の深夜に開幕・・・眠たい時間帯だ。


=================

そうそう、ハワイでタイミング良かったことがもう一つ。
花火の他にパレードを観られたこと。場所は Kalakaua Avenue - カラカウア通り -
朝10時前後だったかな。

花火は金曜日夜で合わせやすかったけど、パレードは毎週、毎月ってわけではなさそう。
調べたら結構あるみたいですが。

観れたのは

God's Ohana Day

Ohanaは家族、という意味だそうで「神の家族の日」ってところかな。
パレードはその名前からイメージ出来るかもですが、ハワイの教会がパレードして出し物やらしてました。他にもシアトルの高校のマーチングバンドもいました。

Parade-gods-ohana-day
先導はポリス。


その後は、
Parade-2
この売バイカーたちもクリスチャンのよう。旗とか付けてました。めちゃエンジン吹かして結構遠くから地響きのように聞こえてました。


Parade-3
 FISHER OF MEN. 聖書の「人間をとる漁師に・・・」という箇所からでしょうね。


Parade-4
トレーラー上で「キリストの誕生」を表現してました。



Parade-6

パレードしながら、"God Bless You !"と声をかけながら、
子どもも大人も、飴やらラムネみたいなをくれます。あと教会のチラシとかも。

ちなみにこのTシャツのロゴ、ハワイ発祥ブランドで最近日本にもチラホラ入ってきてます。
HE>i
"he is greater than i"
という文章を縮めたもの。Heは "Jesus"のこと。

Parade-5

最後にまた警察。
終わりだよ、もう道路脇に座らないで、と言ってパレードは去っていきました。
歩いて追いかければずっと観られるだろうけど、終わりはどこなんだろうか。

*******************

ちなみにこのパレード、前に書いたマキキ教会やニューホープの教会も出てくるもんだと期待してみていたんですが、結局最後まで出てこず。
その後マキキ教会で、滞在中教会のパレード「God's Ohana Day」を観たけど、と話しても「パレードがあったんだ。何の?」
と地元の人も、知らないもの。iPhoneで何のパレードか調べているくらい。地元にいるとそんなものなんだろうか。
17

ハワイ旅行 - コンビニ

ハワイでよく見かけるコンビニ、「ABCストア」。
そこらじゅうにあるし、ホテルやショッピングモールにも入ってます。
結構ごちゃごちゃしてて、ドリンクや食べ物以外にもお土産に出来そうなチョコやらキーホルダー、Tシャツなんかが所狭しと置かれています。もちろんビーチ道具もあり。
ビーチウォーク
エンバシースイーツ近くのちょっとした広場でやっていたフラのライブ



ただお土産に出来そうなものは若干高め。
場所によってはほかのスーパーやセブンイレブンもあり。ドンキホーテやウォルマートもあるのでお土産とか食料品の買い出しはそっちでも出来そう。お土産(チョコとかコーヒーとかお菓子など)の購入はウォルマートでしました。
ドンキには入らず。
ABCストアは宿泊のホテル(ヒルトンハワイアンビレッジ)の下にあったので夜ごはんや水を買うために結構使いました。


*******************

戻ってABCマートの話し。
値段は、水以外のものは若干高い。日本のペットボトルのお茶もあるけどそれは激高。7ドル以上はしたかと。ハワイに来る時たくさん持ってくれば結構儲かりそう・・・。重たいか。
サンドイッチも4ドル、サラダも6ドルとか。ちょいと食べようと思うと軽く10ドル近くになる。まあ値段相当にサラダはでかいですが。
水は1リットルで1ドル(99セント)で安い。ハワイは水資源があるのかな。山があっていつも雲がかかってるから天然水があるのかも。

あ、ポットに入ったコーヒーもあります(どこのABCでもかどうかは未確認。ヒルトンは有り)。大き目の紙コップ1杯でこちらも1ドル。大きめって言ってもサイズは「スモール」で、日本の普通の紙コッップサイズよりずっと大きいです。コーヒーの種類も三つ位あったかな。スタバで飲まずこちらでOKっす。
ちなみにスタバの値段は日本とあまり変らないイメージ。

ワイキキビーチ-2
夕方のワイキキビーチ。結構並が荒くて、遊ぶには楽しそう。

*******************

ABCストアはあまりに普通すぎてわざわざ写真を撮っておりません。
15

ハワイ旅行 - 滞在先

滞在先は、

ヒルトンハワイアンビレッジ。
カリアタワー。シティビュー


決めるのにかなり迷いました・・・。
ただカリアタワーでシティビューっていうのは自分で決めたのではなく、割り振られてここになりました。
ホテル



*************+++

ここはいわゆるワイキキビーチの中心からは離れていてビーチの端っこ。でワイキキの中心街とアラモアナセンターの間にある感じ。デラックスホテルに分類しているところもあれば、その一つ下にランク付けしているところもあり、ある程度部屋によって差があるのかな。

中心街のワイキキビーチウォークは便利と聞きますが、ここも十分充分。ビーチウォークまで歩いても10分。アラモアナセンターへも10分。トロリーに乗ってもどちらも1つ2つの距離。さらにトロリーの停留所もホテルのすぐ目の前なのでどこか行くにも戻ってくるにも便利。

現地ツアーに行くにも、ヒルトン内のバス乗り場集合ってのがほとんどでしたし、これも迷ったりしないので良かった。

シティビュー-早朝
早朝、ラナイからの風景


****************

ただ、宿泊タワーはいくつもあるので、安いツアー(自分ですが)だと大体カリアタワーが多いとか?一回しか使ってないからわからないですが、口コミを見るとそんなのをチラホラ。カリアタワーは一番ビーチからは遠いですが、その代わりバス停とかには近くてスタバやチェックインのフロントもあるので便利。でシティビュー、オーシャンビューもあります。

海が見えたら雰囲気も違ったでしょうけど、結構のんびりするのも外だったし、ブラブラしてる時間が多いなら別にここでOKでしょう。写真みるとオーシャンビューはいいなあとは思いますしね、

実際部屋を探しながらどっち側だぁ?・・・



山側かよ!!

ってなりました。鍵もらって部屋に行ってみるまでどういう部屋かわからなかったのでドキドキと期待はしてましたんで。オーシャンビューならもっと部屋でくつろぐ時間取るのかも。

シティビュー-朝
陽が出た朝。

+++++++++++++++++
続きを読む »
14

ハワイ旅行 - シュノーケリング

そろそろハワイ旅行記も書き納めにしてこう。

ハワイで使ったもう一つのツアーは「キャプテンブルース天国の海ツアー」。

これしっかり商標登録までされているものでこの名前は一つだけ。日本語サイト有り、スタッフも日本語堪能。

カネオへ湾でのサンドバーの散歩、海亀ウォッチング、そしてシュノーケリングを楽しむもの。現地の人は"スノーケリング"に近い発音だったかも。
日の出ツアー、散歩とシュノーケリング、参加者でBBQなどバリエーション豊富。
ボクが行ったのはサンドバーの散歩とシュノーケリング(船内での昼食付き)。
時間は朝から昼過ぎまで。
HISを通して申し込んで料金は一人、98ドルだったかな。
移動はワイキキから車で40分前後の移動。
パラセーリングよりも大きめの船、海も静かなところなので船酔いもそれほどしなさそう。
弱い人は注意した方が良いでしょうけど。


サンドバー
この辺りの岸で新しいゴジラの撮影中とのこと。撮影のキャンプらしきテントも見えました。ジュラシックパークもここ。


***************


シュノーケリングは人気のようですね。船はびっしり埋まってて、二艘出てます。

天気も良くて、海亀も観られました。結構な確率で会えるようですし、停泊していると人懐っこい亀が寄ってきます。気をつけないと噛まれるとか、歯はないようですが。
ただ、海亀に近寄ったり(4mって言ってたかな)、触ったり、するのは法律で禁じられているとのこと、あとストレスを与えるのも。
シュノーケリング-亀




サンドバー3

シュノーケリングはサンドバーからすぐ深くなっているところで。珊瑚を横目に熱帯魚や海亀と一緒に泳ぐことが出来ます。
と言ってもライフジャケットつけているので潜るわけではないです。
深いところはどこまで深くなるんだろう、って位暗くなっている様には驚きと不安もありましたが、それ以上にそんなところにいることの快感(ライフジャケットで安心だし)と目に飛び込む海中の景色に感嘆。珊瑚も間近で観られます、触ると痛くなるとのこと。
水中カメラの貸し出しあり(もち有料)、あとは自分で防水のカメラを持っていてシュノーケリングしながら撮影している人多数いました。
まあボクは脳内保存です。


サンドバー2
雲が低く、山側は雨が降っているの(スコール)がわかる時も。海も山の景色も満喫。
10

ROSES in SONICMANIA

復活したローゼズのライブへ。ソニックマニアへ行くのは初。
25時30分(午前1時30分)のスタートってどうなるんだろう、って思ってたけど、興奮からかPSBの後から眠気はどっかにいってました。
roses-2013-a


セットリストは最後に。見たくない人はご注意。

去年のフジに行った友人曰く、今年の年齢層の若さとモッシュピットの人の混み具合は半端じゃないとのこと。実際始まる前の場所移動が凄かったし、始まる前は身動き取れず。始まれば、モッシュが凄くて最前部以外の女性はある程度後ろに下がらざるを得なかったんじゃないかな・・・。始まってから女性をまるで見なかったのでスタートでいたカップルとかもすぐ退避したのかなと。なので汗臭さすごかった、まあ途中からマヒ。
roses-2013-c


登場のっけから、テンションマックス。メンバーおそろの迷彩ジャケット。
イントロの合唱、リフの合唱も出来るところをしつつ、i wanna be adoredは凄かった。フジで出だしはずしたらしいイアンも今回はそれほど気にならず。

セットチェンジに30分だからか音もグルーブも決まってない感じだったけどwaterfallあたりからノリが出てきた感じ。ジョンのギター、Breaking Into Heavenできまり過ぎてオーディエンス飲み込むように聴かせて(魅せられて)ましたね。
ジョンは寡黙に魅せてイアンは相当楽しませてくれてました。レニのコーラス奇麗だし、途中からトレードマークのハット(タオル、ターバンだけじゃなくて)かぶってたなあ。ジョンより(ステージ上手側)にいたのでマニはあまり観れず。イアンお気に入りの"手持ちパーカッション"、いったい何本投げたんだろう。あれいいなあ。

I am Thre Resurrectionであんなモッシュが起こるとは思わなかった。激しすぎ。ギター聴きながらカオス。終わってみたら上半身にいくつかのアザがあったのが激しさと熱気を物語ってました。

解散して、再結成はしないとかたくなだったメンバーが再結成して、来日も2年連続して、最後にハグして並んで挨拶、最高のシーンでした。ローゼズはサマーソニック日曜日の大阪、マウンテンステージでヘッドライナー。
roses-2013-b
レニの姿が写らず。続きを読む »
記事検索
ギャラリー
  • Cinnamon's Restaurantで最後のあがき?
  • Cinnamon's Restaurantで最後のあがき?
  • Cinnamon's Restaurantで最後のあがき?
  • Cinnamon's Restaurantで最後のあがき?
  • Champione ole ole ole !!
  • Champione ole ole ole !!
  • Champione ole ole ole !!
  • Champione ole ole ole !!
  • ラストマッチ!2013/2014
  • 最後の一週間
  • 最後の一週間
  • アンフィールド、崩せず
  • アンフィールド、崩せず
  • アンフィールド、崩せず
  • WINNER!!
  • WINNER!!
  • WINNER!!
  • タイトルマッチ!
  • タイトルマッチ!
  • 2月苦境
  • 2013年の一枚
  • 2013年の一枚
  • これもピックアップ
  • 見せたね
Recent Comments
RSS
author profile

OPEN

i'm mad for oasis and Manchester City F.C.
My Favorites ;oasis, COLDPLAY, the verve, The Beatles, TRAVIS, KASABIAN, the chemical brothers, The Stone Roses, Snowboarding, SK8ing, Skiing, A single-lens reflex camera, and FUCK AMERICA!

blog ranking

人気ブログランキング

Profile
open
My name is OPEN. I'm crazy about oasis.
oasis、COLDPLAY、TRAVISなどUKロックが好き。いいと思ったら誰の曲とか関係なく曲は好きになるけど。
音楽の他に、スポーツ全般、旅行も好き。
趣味に料理とカメラを加えたいと妄想中。
Archives
Categories
  • ライブドアブログ