2005年05月15日

田植え

fb3a71b5.jpg美誉(よしたか)さんの指導を受け、田んぼに入ります。
「人差し指か中指で苗を押して植える」「20センチ間隔で植えて」まっすぐに植えられるよう、メジャーを端から端へ渡し、目盛りに合わせるのですが泥でわからなくなってしまいます。「アイガモが間を通れるように、あいだを空けて…」
冷たい水にびっくり 一列に並んで田植え まなむすめの苗
遅霜警報が続いていた川内村。田の水は冷たく、「ぎゃー、死ぬぅ〜」田植えのために素足で入った子どもたちは悲鳴をあげました。今回植えたのは「まなむすめ」という品種。宮城県を中心に栽培されている美味しいお米です。
田植え 頼みの中学生 冷たい水にびっくり
手元の苗がなくなると、土手から苗を投げ込みます。投げた苗が泥をはねたり、受取りそこねて倒れそうになったり。
田植え 焚き火 苗箱を洗う
三角形の田に植えていくと、だんだん横幅が減ってくるので余分になった人は抜けていきます。小さい子から順番に上がって焚き火へ。冷えた足を温め、お茶とお菓子で一服中。苗をいれていた箱を水路で洗うのも大事な仕事です。

nogaku at 12:37│Comments(0)TrackBack(0)2005行事記録 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔