July 09, 2013

食文化を見直して子供たちを救おう

食文化の危機


バブル経済が崩壊し、

四半世紀が過ぎ、

その時代、

美味しい物ばかり食べていた

当時の若い女性が、

時を経て、

結婚して子供が出来、

いざ料理を作ると、

ごく当たり前なことだけど、

やはり専門店のほうが

圧倒的に美味しかった。


世の中は外食に足を向けるほど

景気はよくなく右肩下がりの景気が

崖を転げ落ちるようなり、

家庭の財布を脅かし始めた。


そんな時に、

出来合いのプロの味に近いものを、

信じられなく安く売る。


いわゆる中食がブームになり、

やがてデパ地下や

コンビニも中食に力をいれ始め、

10年で200%の

右肩上がりのブームになる。


そこが諸悪の根源で、

自分の子供たちにも手作りでなく、

出来合いの味を、

フェイク食品の味を覚えさせてしまった。


添加物の濃い味を覚えてしまうと

なかなか元に戻れない。


学校給食で、

日本の伝統食を出すと、

半分近くの子供が残してごみとなる。


なぜなら、

食べたことの無いぼやけた味と感じるからだ、

美味しくないとも言っている。


日本人独特の奥の深い味覚を失っている、

本当に日本の食文化の危機だと思う。
  

Posted by noh_tennki at 11:40Comments(0)TrackBack(0)独り言