2013年01月11日

フランケンウィニー

あのラストに感動できなかったんだけど、
ダメならすとだったわけじゃなくて、、
ネタバレあり・・・


死んだ犬が生き返るなんて驚愕だ。街の大人たちには畏怖でしかないので問答無用で女の子が居なくなった原因とし追い詰める。が少年を助けた『良い犬』と分かった途端手のひらを返して 再び蘇らせる事に協力する。大人の倫理観なんてこんなものなのです。理科の先生は言っていました「科学は善にも悪にも利用できるが、大人たちは理解しようともせず恐れるばかり。あなた達を変える事は無理だ、次世代の子供に期待する」(要約)先生は中盤で追い出されちゃいましたから。そうなっちゃいますよね。

ラドンとかガメラとかモスラとかグレムリンとか怪獣ネタが楽しかったです。
バブルスくんや、ハローならぬグッバイキティーの墓とかドラキュラ、ミイラ男などモンスターネタ満載でした。




nohohon00332 at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!劇場観賞 | 洋画

2013年01月03日

謹賀新年



nohohon



1年放置してたけど今年は書こうと思う。
映画や本やなんかの記録ぐらいはしよう。
後になって自分の文章を読むのも意外に面白いし・・・





nohohon00332 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年01月12日

 レコード

正月久しぶりに田舎に帰省して
物置を探索していたら
奥から出てきたレコード。
なつかしいなぁ。喫茶宝石箱だよ。
知っている人いるかなぁ
昭和

知っている人いないだろう。だってウソだもの。そんなレコードないもの。

これは「昭和」をテーマにしたポストカードの為に描いたイラスト、をちょっと加工したものです。

喫茶「宝石箱」にて販売中。


BlogPaint









にほんブログ村 映画ブログへ




nohohon00332 at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日記 | イラスト

2012年01月07日

 2011年映画ベスト

2011年に劇場鑑賞した映画でベスト10

01.「電人ザボーガー」

02.「スーパー!」

03.「猿の惑星:創世記」

04.「アジョシ」

05.「冷たい熱帯魚」

06.「スーパー8」

07.「ミッション:8ミニッツ」

08.「デビル」

09.「リアル・スティール」

10.「スカイライン」














にほんブログ村 映画ブログへ





nohohon00332 at 23:03|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!年間ベスト 

2012年01月03日

 読んだ本メモ

「モダンタイムス」伊坂幸太郎
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


モダンタイムス(上) (講談社文庫)
モダンタイムス(上) (講談社文庫)
クチコミを見る

モダンタイムス(下) (講談社文庫)
モダンタイムス(下) (講談社文庫)
クチコミを見る





「殺人鬼フジコの衝動」真梨幸子
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
クチコミを見る










にほんブログ村 映画ブログへ





nohohon00332 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本・小説 

 DVD鑑賞メモ

2011年鑑賞分


「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「ケース39」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「エスター」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「ラン・オブ・ザ・デッド」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「悪魔を見た」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「言えない秘密」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「アンノウン」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「リセット」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「アジャストメント」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「エンジェル・ウォーズ」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「狼たちの報酬」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




にほんブログ村 映画ブログへ






nohohon00332 at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!DVD 

2011年11月16日

 DVD鑑賞メモ

「サベイランス」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「鉄男 THE BULLET MAN」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「息もできない」☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ヤギと男と男と壁と」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「クロッシング」(アントワン・フークア監督)☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「グリーン・ホーネット」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「再生」鳥居みゆき☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「パーフェクト・ホスト」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「エグザム」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「超・悪人」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「RED/レッド」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ザ・ホステージ」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「パンドラム」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ガフールの伝説」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「必死剣鳥刺し」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「グリーン・ゾーン」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「レポゼッション・メン」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ミック・マック」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「七瀬ふたたび」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「MAD探偵」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「イップ・マン 葉問」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「イップ・マン 序章」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「導火線 FLASH POINT」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「完全なる報復」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ステイク・ランド」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「コリン」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ニューヨーク、狼たちの野望」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「スプライス」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ナイトレイジ」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「アンストッパブル」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「リミット」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ザ・ウォーカー」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ロストクライム」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「エアベンダー」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ベスト・キッド」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「アフターライフ」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「恐怖」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「告白」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「30デイズナイト」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ソルト」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ぼくのエリ 200歳の少女」☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「9<ナイン>」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「運命のボタン」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「パラノーマル・フェノミナン」☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「月に囚われた男」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「フィッシュストーリー」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



にほんブログ村 映画ブログへ








nohohon00332 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!DVD 

2011年11月07日

 読んだ本メモ

「アウトバーン」深町秋生
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)
アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)
クチコミを見る


「チヨ子」宮部みゆき
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ チヨ子 (光文社文庫)
チヨ子 (光文社文庫)
クチコミを見る


「砂漠」伊坂幸太郎
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 砂漠 (新潮文庫)
砂漠 (新潮文庫)
クチコミを見る


「新世界より」貴志祐介
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 新世界より 上
新世界より 上
クチコミを見る


「ファントム・ピークス」北林一光
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ファントム・ピークス (角川文庫)
ファントム・ピークス (角川文庫)
クチコミを見る




にほんブログ村 映画ブログへ

nohohon00332 at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本・小説 

2011年07月26日

 読んだ本メモ

久しぶりの更新の読んだ本メモ



「いのちのパレード」恩田陸
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いのちのパレード
いのちのパレード
クチコミを見る



「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」荒木飛呂彦 (集英社新書)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
そーいや「トレマーズ」に触れてなかったな。ホラーじゃないからかな。アニマルホラーの章で触れても良かったのに。
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)
クチコミを見る



「宇宙にとって人間とは何か」小松左京 (PHP新書)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

宇宙にとって人間とは何か―小松左京箴言集 (PHP新書)
宇宙にとって人間とは何か―小松左京箴言集 (PHP新書)
クチコミを見る



「いま、殺りにゆきます」平山夢明  (光文社文庫)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いま、殺(や)りにゆきます―RE‐DUX (光文社文庫)
いま、殺(や)りにゆきます―RE‐DUX (光文社文庫)
クチコミを見る



「他人事」平山夢明   (集英社文庫)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

他人事 (集英社文庫)
他人事 (集英社文庫)
クチコミを見る



「パレード」吉田修一
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

パレード
パレード
クチコミを見る



「ウォッチメイカー」上.下  ジェフリー・ディーヴァー  (文春文庫)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ウォッチメイカー〈上〉 (文春文庫)
ウォッチメイカー〈上〉 (文春文庫)
クチコミを見る







にほんブログ村 映画ブログへ





nohohon00332 at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本・小説 

2011年07月03日

「スカイライン」ネタバレあり

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(ツイッターまとめ)
ラストにバンザイ!
デビルマン誕生しちゃったよ。
あの後を想像してウシシ。続編つくらなくていいけどね。
ラストで一気にもってかれた。ガハハー何だよそれって感じだけど僕は大好き。

デクスター好きなのでバティスタ刑事役のデイヴィッド・ザヤスが出て来てうれしかった。しかもかっこいい。

夜になると早送りされちゃう。早送りで夜明けが2度あるのは映画としてひどい。
夜は襲ってこないのか?ずっと昼間で展開する。夜の方が怖そうなのにね。
いや怪獣とかばっちり見れて良かったんですけど。

侵略方法として。まずそこの星の知的生命体を吸い込んで。その脳を取り込んでロボットとか動かして破壊活動&さらに吸い込み。
これは吸い込む前に攻撃されたら終わりなんじゃないだろうか。
あの動いていた奴 全部、人間の脳が取り込まれていると思ったんだけど、そうじゃないのかな?
あのでっかい宇宙船には宇宙人は乗ってなくて『全自動侵略マシン』みたいなものなんじゃないかなぁ。
動かす為に脳が必要、と考えたんだけど。まさに頭脳として必要なのか、エネルギーとして使うのか。動くと消耗するので電池みたいに新しい脳が必要なので吸い込み続ける。
ラストのオチのように逆にコントロール出来るとなると エネルギーでなく頭脳として使っているのか。あれは何故起きたのだろう。事前に何度も光を浴びて耐性が出来たからなのか。でも確率は凄く少なくても他にもありそうで彼だけではないんじゃないか。リスクのある全自動侵略マシン。








にほんブログ村 映画ブログへ

nohohon00332 at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!劇場観賞 | 洋画