2006年07月02日

また、あいましょう

自転車のエ

かんたん短歌blog終わってしまいました。
http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/


なぜなのでしょう。

かんたん短歌終わります。
という文が目の網膜に映っているのに、
ちゃんと頭の中でその意味も理解しているのに、全く驚きを感じませんでした。
スポンジが水を吸うように、すうっと、素直に、まっすぐに、
「あぁ、そうなんだ。」
と、思っているのです。
普段の私なら、わたわた動揺しているはずなのに、妙にストンと落ち着いているんです。
6月のお題が「別れの歌」になったからではなく、もっと前から知っていたことのように、
受け止められるのです。

うーん。
不思議ですね。
前兆のようなものを感じ取っていたのでしょうか?
(枡野さんに送ったメールの一部より)



一番はじめに投稿したねこの絵
http://blog.livedoor.jp/nohohon_goto/archives/27567292.html
から、数えること約1年。
かんたん短歌blogに投稿したイラストは30枚で、
短歌は15首。
意外と多いような、少ないような、そんな感じです。

高校3年生の夏から大学生になってしまった今まで、かんたん短歌blogは
私の中ですごく大きな存在でもあり、「ほっ」っと気が休まるところでもありました。
受験勉強(あんまりしていないけど)の合間に、ちょっと絵でも描いてみようか、
ちょっと短歌でも考えてみようか、と思える余裕が自然と生まれて、最終的にはそれがいい感じに
結果に結びついて、よかったなぁ、と思っています。



でも、今日、用事があって大阪は江坂の東急ハンズあたりをウロウロした帰り道、
急に、「あー。かんたん短歌終わっちゃったんだ。さみしいな。」という思いがこみ上げてきました。

そんな時、ふと、この道を直進したら、方角的に万博公園にいけるんだよな、
という考えが浮かんで、自転車で普段なら途中で曲がってしまう道を
とくにわけもなく、ひたすらまっすぐすすんでみたのです。



自転車をシャコシャコこいでいくと、どんどん知らない街の景色が流れていって、すごくワクワク。
ただ、ものすごくてきとうに進んでいるので、本当にこの道であっているのだろうか?
全然違う道だったら? 最悪、もとの道にもどれなくなっちゃうかもよ?
などと、弱気になってしまいました。

うーん。ひきかえそうかなぁ、と思ったその時、
坂道の頂上から、万博公園内にあるエキスポランドの観覧車がチラリとみえて、
「おぉー。やっぱりこっちでよかったんだ。このまままっすぐ進もう!」
と、またテンションがうなぎ上りに急上昇して、ペダルをこぐ足が軽くなりました。

途中、原っぱだらけの広い公園をつっきったり、恐ろしく狭い住宅地の道をすりぬけたり、
こっちの道だ! と確信したはずが、なんと一面田んぼで行き止まりだったりと、
色々ありましたが、万博公園に続きそうな大きな道に出て、そしてついに!
万博1

あの、観覧車までたどり着きました!

わぁー。万博公園だー!
そこまで迷わず、なんとかたどり着けてよかったー。

万博2

ちゃんとモノレールも走ってるー。

お天気は降水確率50%の雨が降るのか降らないのかはっきりしない
どんよりとした感じの空で、美しい真っ赤な夕日なんていう素敵な演出がないにもかかわらず、妙に感動。
そのまま、すこし万博公園のまわりを自転車で走ってから、
行きにたまたまみつけた「サーティーワンアイスクリーム」で一休みして、
今度は迷うことなく、お家へ帰りました。
万博3


なんだかよくわからないけど、アイスクリームを食べ終わった頃には頭の中がすっきり整理されていて、
うん、よし、またしっかりはしって帰ろう。
このチョコミントアイス分のカロリーぐらいはせめて消費しなきゃね。
と、また自転車に乗ることができたのです。

そして、スーパーで今日の晩ご飯の材料を買って、(きゅうりが1本30円でした)
帰り着くやいなやお風呂に入って、
今年の夏はじめてのそうめんを茹でて、きゅうりや梅干しを刻んだり叩いたりして、
やっと、落ち着きながら晩ご飯を食べました。

そうめん、すごくおいしかったです。


今日の自転車でのちょっとした旅、なんだったのでしょうね。
突発的にフラリとどこかへ行きたくなる傾向(といっても近場)は前からあったのですが、
今回の旅はいつものとはまた違った意味合いをもっていたような気がしました。



とにかく、今思っている一番のことは、
かんたん短歌blogに投稿し続けてよかったなー、ということと、
そのような場をもうけてくださった、ココログ、そして枡野さんに感謝感謝、という気持ちです。
トラックバック形式だからこそ、その人のブログがすぐにみれたり、イラストが投稿できたりと
もう、すごいですよ! 枡野さん!


なんて表現したらいいのか、よくわからないのですが、
ほんとうに、ほんとうに、枡野さん
ありがとうの絵


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nohohon_goto/50095053
この記事へのコメント
うーん。
最後まで、かんたん短歌blogに2重トラックバック……。
ほんとうに、すみませんっ。
Posted by 後藤グミ at 2006年07月03日 01:34
終わっちゃったね。。
でもあたしも、終わるんじゃないかなっていう気はしてた。
あたし、かんたん短歌blogでグミちゃんと
お近づきになれたんですよねー。
あたしの大好きな「絵を描くこと」を
尊敬する枡野さんに認められてる同い年のグミちゃんを
嬉しくも悔しくも感じたよ。

ブログが無かったら出会わなかった方々、グミちゃん、作品たち……
自分の生活を大きく支えてくれた部分が多々あります。
ことばについてもたくさん考えさせられました。
たった三十一文字で笑ったり泣いたり、すごい約1年でした。
ページ自体は残るみたいだから、いつでも立ち返って
見つけたものを大事にしようと思います。

そうそう、グミちゃん、これからも絵いっぱい描いてください。
あたし、大ファンなの。

Posted by 環 at 2006年07月03日 22:45
環さん>
ありがとう。
ほんと、ありがとう。
今さらながら、かんたん短歌blogってすごいblogだったんだなぁって、思います。
絵、ときどき描きます。
Posted by 後藤グミ at 2006年07月04日 21:19
なんか、息苦しいほど切なくなった。
好きな人に会えなくなったみたいな。

こんな気分、ひさしぶりだね〜
グミちゃんの絵、楽しみにしてるね。
そのうち、くーちゃん登場させて^^
Posted by くるり at 2006年07月07日 22:15
くるりさん>
返信、ものすごく遅れちゃってごめんなさい。
かんたん短歌blog、ある意味、好きな人ですね。
うーん、さみしいけれども、出会いがあれば別れがあるわけで。
今はもう、だいじょうぶです。

くーちゃん、そのうち描きますねー。
Posted by 後藤グミ at 2006年07月11日 23:35