noina

気がついたらメキシコ生活

18 1月

ご当地グルメもやっぱりチレ入り グアダラハラ編

メキシコ国内旅行で楽しいのは、やっぱりご当地グルメ。

DFより暖かいグアダラハラとトラケパケでよく目にしたもの。

その1、ココナッツ。ジュースを飲みほすと、半分に割ってくれてココナッツの身をくりぬいてくれます。で、そこにレモンとチレを投入。

IMG_1685



味は、う~ん、微妙。

その2、サトウキビ。

IMG_1696
IMG_1697

この長い竹みたいなものは一体と思ったら、サトウキビ。これを5㎝くらいの短さにしてカップに。そこにやっぱり、チレとレモン。それをしゃぶるそうです。

試さなかったけど、そのまましゃぶりついた方がおいしそう。

チレとレモンはご当地グルメでも必須のようです。
18 1月

初キッザニア。ママたちの戦い。

娘も成長したのでとうとう行ってきましたキッザニア。

DFの南、CuicuilcoというTELMEX所有のショッピングセンター内(オリンピック・ビラの反対側)に昨年終わりにできました。メキシコ最大とのことで、Santa Feよりも料金お高いです。

まだ園児の娘は、やっぱり派手なお仕事がお気に入り。地味な配達員などは嫌がってやりません。やってもたぶんできないかな。

一番のお気に入りは、消防士。
IMG_1839

まずは、消防署で研修を受けて、消防車で現場に到着!親は現場で待機。

IMG_1842

本当に放水してます。無事消火したら、チームで円陣を組んで、消防車に乗って消防署へ向かい解散。

銀行でお金を作ったり、ヨーグルトやジュースを作ったりとすごく楽しそう。

旦那衆が1月2日から勤務のご家族と連れたって冬休み真っ最中に行ったのですが、驚くほどの人の多さ。普段の日曜日はそんなに多くないそうです。

やはりメキシコ。人が多いから、もめ事も多いです。これはキッザニア側も対応が悪いのだけど、順番待ちの列を作るのに、紐などもなく割り込みしやすい感じ。切れるママたち続出です。うろうろしていたのに私が先に並んでたとか、その子より自分の子どもが先に来ていたとかとかで、前後の人たちで紛争ぼっ発。日本人なので順番待ちの目印になるのか、紛争に巻き込まれながらも、とりあえず自分たちの子どもの順番を静かに確保する日本人ママたちでした。

冬季はスケート場があり、サッカーや自転車遊びもできる。もう少しお兄さんお姉さんになるとゴーカートも。子どものための場所だけど、なんとなく親も楽しい気分に。私もヨーグルトやジュース作りたかったな。

http://cuicuilco.kidzania.com/es/

IMG_1853

(↑必死で自転車をこぐ娘。アップダウンがあるコースで苦戦中。途中何度も転倒したりするものの、根性で2周まわってきました。)
10 1月

ウーパールーパーの行方

先日初めて知ったのですが、ウーパールーパーって、メキシコ産だったのですね。

ウーパールーパーは日本の俗名で、正式名はメキシコサラマンダーAmbystoma mexicanum。

(画像は、ここhttp://www.hkr.ne.jp/~rieokun/saramand/imori/amby/mexica.htm

子どもの頃流行りましたよね。

なんでウーパールーパーの話かというと、主人のお友達のお家に伺った時にいたメンバーの一人に、「私日本大好きなの。日本と言えば~」ということで、いきなり

「昭和天皇にお会いしたときにメキシコのタペテ(刺繍の入った布)とサラマンダーを差し上げたの。」

とのこと。

サラマンダーって何?の前に、「えっ、ててて、天皇ですか???」

遠目にもお見かけしたことございません。

その質問してくださった方は某大統領の御嬢さんでした。サラマンダーの写真を見せてもらって、あっ、ウーパールーパーだと認識。

「日本は外交儀礼が非常に厳しかった。父が娘たちに天皇陛下へのギフトを渡す役割を任せたかったのに、日本の外務省から子供は天皇に近づいてはいけないと言われた。けれど当日、天皇陛下自ら私たちに歩み寄ってくれた。」

と、懐かしそうに当時の話をされていました。あまりにも自然に「天皇陛下~」の会話が続いたので、何だか自分の置かれている状況に???という感じでした。当時日本を訪問したときの話や、2000年に政権交代した時に家族が受けた苦悩についていろいろと語ってくださいました。

で、

「サラマンダー、あの後どうなったかご存知?ちょっと知りたいのだけど教えてほしいな。」

と聞かれてしまいました。ウーパールーパーが流行る前の訪日だったようで、どこにいっちゃったんでしょうね。ネットで探しても出てこないし宮内庁に電話???再来週にまた会う予定なので、それまでに何か教えてあげないとと思いつつ、ウーパールーパーのために日本に電話するのもな~。

10 1月

手作りグラノーラ


メキシコではなんでも手作りしてしまう。

最近作っているのはグラノーラ。市販品は甘すぎるか、ナッツやドライフルーツが物足りない。
なかなかお気に入りのグラノーラが見つからない、なら作ってみよう。と半年前に思い立ってから、毎回手作り。

幸いメキシコは、グラノーラの具となるものたちが簡単にそろうし安い♪
IMG_1875


ネットでレシピをみて適当にアレンジして作っていたのですが、メキシコの蜂蜜を使うと、固まりすぎて崩す作業に手間がかかって困っていたところに、ちょうど良いものを発見。

テキーラやメズカルの原料でもあるアガベ100%のシロップ。

IMG_1873

ヨーグルトにつけたり、ホットケーキにつけたりと活躍中だったものをグラノーラづくりに活用したら、ちょうど良いぱらぱら間に仕上がりました。くどくない甘さで、メープルシロップのような癖もないので和食にも行けそう。
8 1月

Torta AhogadaとBirria    グアダラハラにて

メキシコに来て3年弱。

ずっと食べたいと思っていたものをクリスマス休暇中にグアダラハラで食べてきました。

その1、グアダラハラ近郊の名物料理 Torta Ahogada。

IMG_1706


トルタ(メキシコ風サンドイッチ)の上からトマトソースをたっぷり。中身はカルニータ(豚肉をラードであげ煮したもの)。後ろのピリ辛ソースを付けて食べる。手と口の周りがソースで汚れまくり、いちいちふきながら食べてたらかなり時間がかかるので、最後の方はもう周りをお構いなしに食べました。

メキシコシティでも美味しいところないかな~。

その2、これまたグアダラハラのあるハリスコ州名物のヤギ肉のBirria。本当は煮込みスープ風ですが、タコスにて。

IMG_1632


緑のシラントロに紛れて見えなかった、Chile Serranoのみじん切りを大量にかけてしまい、あまりの辛さ(痛み)に撃沈。。。主人と話すことができないほどの痛さ。素敵なレストランの雰囲気も楽しめず、味も辛さでわかりませんでした。次回また挑戦予定。

IMG_1699




livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ