ブログネタ
寝る間も惜しんで読んだノンフィクション作品ベスト3を教えて! に参加中!
 アラビア遊牧民、ニュ-ギニア高地人の3冊です。
念の為検索してみてショックを受けています。80歳代になった氏が、何事か鞭打たれています。

 私は、40歳代の初めに氏のこの3冊を読んだのがノンフィクション好きの始まりでした。
当時のエスキモ-の人々の暮らし方。痰を室内のツルツルになった床に吐く。
主婦は、靴を洗いもせず噛んで修理する。

ソリをひく犬はあらかじめ虐められ役を先頭にする。
その他の犬が追いかける。必死で逃げる。という仕儀になっている。そんな話は、忘れたくても忘れられない。
猟に出ない時の餌は人間の排泄物。
エスキモ-犬を飼うのが流行った時は、妙な気持ちがしたものです。

まだ円は安く、海外取材の映像はそう無かった。
新し物好きの我が家に衛星放送が入る前でした。
 壮健な体と、細かな観察、歯に衣着せぬ物言い、巧まざるユ-モア。そのあと数十年、自分が旅行を始めたこともあって、旅行記、探検記、随筆など、いわば、ノンフィクションばかり読んでいました。
小説に戻ったのは最近です。
  
 氏の、老いた写真と批判を見て、かくも人の世は儚く、移ろう。と落ち込んでいます。