2014年08月

ブログネタ
海外旅行 に参加中!
 最近、気がつきました。私は風景に興味がないらしのです。イグアスの滝も10分であきたし、大の男が感動で泣いたというので、毎年傍を通りながら行かないのも、ひねくれてるかと思って,グランド・キャニオンにも
行ってみました。
20分後には車に戻って、本を読んでいました。娘は走りまわっていましたけど。
何億年だかの雄大な岩より、雪があるのにTシャツ姿で来てしまった男の子の寒がりようを写真に撮れと言って娘を怒らせていました。

こうまで真っ暗闇の場所はそうないので、天の川を見ることにしました。
天の川は、夜が更けていくにつれ、蜥蜴の尻尾が長くなっていく形でした。
私達のほかには誰もいませんでした。時々事故、自殺者もあるけど、拾いにはいかないそうです。
夜中に連れてこられて突き落とされたら、完全殺人終了ですね。

日本の男性が行方不明になったそうですが、解決したのでしょうか。
IMG_1021


それと、木の実や草に興味が向いてしまいます。何でも口に入れて味をみます。農耕民族以前、採集民族の子孫の血が騒ぎます。サボテンには、あ、と思ったときには、もう、さわっています。自分には見えなくて娘にぬいてもらい、また?とあきれられますが、私にいわせれば、だって、棘が飛びついてくる感じなんだもの。

一番つまらなくて笑い草になっているのがL・Aのユニバ-サル・スタジオかな。
見たところ、黒人も白人も、アメリカ人は来ていない、メキシコ人だけでした。

それと、大林組が作ったというので一見の価値ありと鼻を高くして行ったフ-バ-ダムですが、ほんの一部しかみえないし、二月というのに、軽い日射病になりました。ラスベガスから車で40分のところにあります。福山雅治の感動場所だそうです。写真はフーバーダムです。
IMG_2856


この二か所は娘の長年の望みをかなえた所です。彼女も失敗を認め、「観光はつまらない」と言っていました。

ブログネタ
野菜料理 に参加中!
 ミニトマト、5本、大豊作です。去年は何故駄目だったのかしら。おととしは8本、馬鹿みたいに沢山採れて人にあげまくりました。植えるときは春だから楽しいけど、収穫はもう、辛い。汗だくです。貰う人にはこの苦労はわからないし、美味しくないなんておもわれたんじゃ、損、損。誰にもあげないっと!

娘はオリ-ブオイルとバタ-でせっせと凝りに凝った瓶詰めソ-スを作り、(メチャウマ) 私はそのまま冷凍にしている。ピザに乗せたり、ス-プにしたり。オムレツもいいわね。

接ぎ木苗は、味が落ちます。本にもそう書いてあった。一本だけ自分で種から育てた「アイコ」が一番甘いし、実付きも接ぎ木苗とかわらなかった。今年は、青虫を一匹も見なかった。

冬に堆肥と米ぬかをたっぷり埋めて、畑を肥やしておいたのが良かったみたい。100冊も本をよんでから取り掛かればこういうことも書いてある訳。

来年のことをなやんでいます。だってねぇ、なにも植えなかったら、私の畑は肥しが効いているから、雑草が半端じゃなく生い茂るのは確実なのです。茶畑のお爺さんは、雑草をとても嫌うのです。それが結構、怖い。やっぱりいやがられても、ボチボチ間隔を広くとって、やるしかないわね。

ブログネタ
生活雑貨の紹介 に参加中!
紅茶のお好きな方、どんなカップを使いですか。私にも一つ収集癖がありました。捨て魔の私が捨てないものです。
ヨ-ロッパの有名ブランドの磁器を集めました。紅茶カップとソ-サ-、ケ-キ皿、肉皿、をセットにして一客づつです。マイセンの大きなティ-ポットなど、芸術品です。砂糖壺もミルクピッチャ-の形も、その美しさったら。私が死んだら娘が大切にしてくれるけど、そのあとはどうなるのでしょうか。古道具屋で安く手に入れた人が大切にしてくれるものでしょうか。

テレビで、貴族の館が出てマリ-・アントワネットが作らせた皿がセットされていました。
あ、それもあるぜよ、とおもいました。
IMG_3897
上の写真はアヴィランドのループシェンヌです。優美で華やかです。

ジノリもマイセンもウエッジウッドもレノックスも必ず金かプラチナの飾りがあります。現代の生活で、チンができないのは致命傷です。

良い点は実用性を超えた形と色の美しさですが、一つだけ実用的に素晴らしい所があります。
それは、紅茶の茶渋が付かないことです。これは凄いことです。硬質なんですね。
何回も使えば、少しはよごれますが、石鹸で簡単に落ちます。漂白剤は使えません。
石鹸で洗う時は滑りますから他の物とは別にして下に布巾を敷いて持ち上げないで。私はなんでも石鹸で洗うものですから食器を洗っていて落とした下にマイセンがあって、、、、。痛い目に逢わないと駄目ですね。
IMG_3946
IMG_3947

あーあ、マイセンの取っ手がとれました。受け皿までわってしまいました。マイセンの中でも最も美しい形だと思います。

円安と言っても、私が集めていた頃の1ドル250円とくらべたらとんでもない円高です。自分用に一客、楽しいですよ。パリに、こういうものだけの美術館がありました。
で、店の装飾としてマイセンのア-モンドツリ-の絵のティ-ポットや、五つ花の素晴らしく美しい
大皿をかざっても、関心を持つ人はいない。マイセンは、小花が一個ちょこっと加わるごとに値段がポンと高くなる。
IMG_3935
IMG_3974
IMG_3965
マイセンのミルク入れ、砂糖ツボ。ティーポットは高さが30センチです。絵柄はアーモンドツリーです。桜と間違える美しい花が咲く木だそうです。飾り皿は五つ花です。25センチの大皿です。マイセンは高価ですが、手描きと形の美しさが抜群です。



遊びにきた姪に冷やし中華をハヴィランドのミート皿でだしたら、「良いお皿だとなんでもご馳走になるのねぇ」といいました。ほめられたのか何だかわかりません。

長男が来た時、手にしていたのは紅茶のペットボトルでした。紅茶を選ぶオッサンをどう評価しますか。私は気に入りましたけど。何かジャンクフ-ドなど食べない感じがするでしょう。
IMG_3943
これはカップも朝用の大き目で普段使いのジノリのイタリアンフルーツです。厚みがあるので冷めにくいし頑丈で安心して使えます。
IMG_3915
組み合わせを間違いました。レノックスのコロンビアです。ミート皿はレノックスのオータムです。珍しくUSAです。レノックスは真っ白でなくて黄色みがかっています。花の部分が盛り上がっています。
IMG_3916
IMG_3926
IMG_3919
IMG_3921
IMG_3917
IMG_4022
ヘレンドのロスチャイルド・バードです。王妃が失くした首飾りを小鳥が見つけてくれたので作らせたと言う伝説の絵柄です。カップの内側にも虫が3匹います。昔は受け皿に紅茶を移して冷まして飲んだ名残か、滑り止めがありません。

その上はウィーンの蚤の市でかったもの。日本人からみると金が多すぎて少々末香臭いですね。でも写真より実際は豪華なおおぶりで素敵なんです。そのまた上のリボンの絵柄はジノリのジュリエッタです。その上はウェッジウッドのキングスブリッジです。金でなくてプラチナがあしらわれています。そのまた上はお馴染みのウェッジウッドのワイルドストロベリーです。そのまた上はフランス製の陶器です。タペストリーの美術館を見た後だったのでフラフラと買ってしまいました。ふう、、編集に苦労しています。今度はもっと上手に写真を足しておきますのでまた見てください。
IMG_4023
IMG_4024
ウェッジウッドのフロレンティーンターコイズです。その上は駄目写真なので撮り直しますが、今田美奈子さんというお菓子作りの先生が出している店で使われていると当時聞きました。とても華やかな形と絵柄です。

IMG_3920
IMG_3929
IMG_3930
上の三点はウェッジウッドです。紅茶の本場としてはみんな地味ですね。真ん中はビアンカ、下はキャベンディッシュです。
IMG_3925
プラチナ使いです。これはコーヒーが似合いますね。
IMG_3960
ロイヤルドルトンのカーライルです。砂糖ツボ、サンドイッチ皿まで買っておきながらティーカップの底からわずかな水漏れがあったので捨ててしまいました。今の私なら西武デパートに着便で送り返して交換しますけど。
BlogPaint
レノックスの金使いのウェストチェスターです。受け皿とケーキ皿はレノックスですがプラチナですね。間違えました。
IMG_4561
駄目写真を撮り直しました。ロイアルクラウンダービーのロイアル アントワネットです。受け皿が優雅に波打っています。
IMG_4569
ミントンのハドンホールです。金、プラチナがないのでチンできます。その分粗末にあつかっていますけど。
IMG_4564
キングスブリッジの色違いです。
IMG_4565
ティーカップから離れますが、ジノリの小皿です。ジュリエッタとイタリアンフルーツです。スプーンや取り出したティーパックを置いたりします。
IMG_4566
ジノリのベッキオホワイトです。お浸しや煮物に毎日使います。
IMG_4568
ロイヤルアルバートのスープ皿です。最近、お粥に使っています。
IMG_4567
2枚セットです。2枚とも花が全部微妙に違っています。上部の大きな花の下に小さくF・Howardと描いた人らしいサインがあります。イングランド製ですがブエノスアイレスの骨董街で買いました。欠けたところがあるのですがガンとしてまけてはくれませんでした。5万円でした。
IMG_4576
エクスプロバンスの骨董屋さんで買いました。
IMG_4579
盛んに輸出されていた頃の日本の古いノリタケです。私の住む町に勿体ない市というのがあって、捨てられる寸前でした。昔々、娘は家の近くまで帰ってきたのにどうしても欲しい、惹かれると戻って古いノリタケを古道具屋さんで5枚セットの皿をかいました。5枚で千円でした。
IMG_6748
IMG_6749

このころのノリタケはオールドノリタケとよばれて欧米ではコレクターの垂涎の的で手に入らないそうです。

IMG_4582
国立の大通りにあった瀬戸物屋さんで、店主が追いかけてきて安くするから買ってくれないかと言いました。ねぎった覚えはないんですけど。5客セットです。茶渋がつきません。佃煮や煮豆につかってもいます。
IMG_4574
最後にもう一度、ウイーンの蚤の市で買ったこれの美しさの撮り直しを。末香臭いなんて言って悪かったわ。なんて綺麗な形と絵柄なんでしょう。中指がしっかり支えられて機能もすばらしいです。

IMG_3954
銀のスプーンです。あちこちの蚤の市で買い集めました。アストリァホテルの銘がはいっていたりします。どうして流出したのでしょう。半年に一度歯磨き粉を布に付けてみがきます。貴族の召使になった気分がします。

ラスベガスのデパートのレノックスの売り場です。ホワイトハウスで使われているのは当然ですね。
IMG_6457

IMG_4615
IMG_4616


ブログネタ
日々の話題 に参加中!
週刊新潮で。「月謝22万円で天才を作れるか?」は、誰が見たって噴飯ものですが、惹かれたのは、つめこみ教育をすると、感情が育たないとの結論でした。
詰め込み教育をされた哲学者のミルは、自分には感情が無いのに気づき、、鬱になったそうで。
(ね、新潮にはこういうできた記者がいるのに、笹井氏と小保方さんに対してはすっ呆けた記事をかいたんですよ。)

親の見栄で詰め込み教育されたらどうなるかは身近に多くみてきました。高校まではなんとかエスカレーターに乗るのですが、大学進学になって、梯子を外されるんです。地方や、付属外から必死にやってきた人達にまけるんです。3、4流の大学の話です。

そして生涯を鬱の人か、ニ-トになって暮らす人、一杯います。欝の診断がつくと、親の収入には関係なく、毎月国から手当がでるんだそうです。ヤダネ、私の年金より多いね。

蛙の子は蛙の子、馬の骨は馬の骨がどうして成金趣味には解らないのでしょう。肉体労働が動物の基本、頭脳労働はそのように産まれついてしまった気の毒な人達にやらせればいいのです。医者になっても、南木佳士のように優しくて他人の死を見続けられなくて30年も欝から抜けられない人もいます。

自慢に聞こえたら謝りますが、やっぱり自慢です。すみません。
私の父の弟は明治生まれです。柏崎の町に来たサ-カスの音楽に聞きほれて、サ-カスがかかっている間、座り込みました。生まれて初めてきいた、楽器の音です。クラリネットでしょう。
10歳になったとき、家でをしました。何も訊いておかなかったのが悔やまれますがクラリネットの奏者と話がついていた、と想像します。
 
いまになってネットで見ると、「新野輝雄は日本のジャズサックスの先駆けである。」となっています。あの辺鄙な山の中で生まれて、ジャズですって。孫の慎一も柔道部のない中学校だったので、父のクラリネットを吹いてみたら音が出た、位で芸大在学中から誘われて神奈川フィルに入った、と言っています。
才能とはそういうもの、親が知らなくても否応なく花開いてしまうものではないでしょうか。

そのサ-カスの人が天才だったから、そこまで叔父を惹きつけたのだとおもいます。
「古賀政男」が「サ-カスの音楽をきいて、音楽家になる決心をした。」といっていましたから。同じ人の音をきいたに違いありません。

古賀の家に行くと、若い男がいっぱいいる、と首をかしげていましたよ。

私のIQでは、それ以前の問題がありまして。小学生の時、ヨ-イ、ドンで始めた記憶があります。
先生にいわれました。「私ちゃんは、問題を順番通りに解いていかなかったでしょう。」
はい、立てにいきなり難しい問題に突入していったのでした。

ブログネタ
心地よい暮らし に参加中!
IMG_3377
 痩せ我慢をしない。だけど、他人にいいかえさない。ぐっとこらえる。言い返すと、すっきりするどころか、かえって何時までも胸が痛みます。
それより、嫌な人には近づかない。好きでないものは食べない。余計な付き合いはしない。トモダチはえらばないと、傷付くことが多いと知るべし。私の母は、明治の人だけど、嫌いなものは食べなくてもよしとしていました。
 
だから私も子供に無理強いはしなかった。あんなに嫌いだったものが、大人になると好きになるんだね、と子供たちがいっています。
長男の左利きも先生や周囲のひとのシンセツを無視した。馬鹿、何でも利き手でない方でやってご覧。気が狂うから。右利きが正しいとは多数決かよ。ただし、いまでも長男をまじえて食事するときは、彼を左端に配置する。

人と自分を(なるべく)比べない。これはなかなか難しいけど。

一人は楽しいと知ること。本の著者は大抵は利口だから、人を傷つけない。本に頼ること。私は長く、曽野綾子にたよってきました。小説は読んだことがないけど。人生変わります。

ビンボ-は工夫して生きることだから、せいぜい楽しむこと。

人は皆、体か、心か、両方かを病んでいる。苦しいのはみな同じと知っておく。これだけでも気が休まる。

無理やり趣味を持とうとしない。かえってストレスの種になる。

寝不足の人は、怖がらずにデパスを飲んで、ぐっすり眠ること。軽い不眠なら、メラトニンが効きます。
最近は医院でも出してくれます。アメリカに行くなら買って来るべし。一錠3㎎から10㎎まであります。10㎎を割って飲むのが経済的です。若返りホルモンともいわれています。

私が実行している心地良い暮らしです。それでも人のこころと体は儘ならない。DHEA、ほんとに効きます。
体も気分も猛々しいくらい元気になります。女性だけでなく、草食男子にも効くかもよ。
しつこいようですが、DHAはフイッシュオイルで、全く別のものです
 
この仔犬は決して人と目を合わせませんでしたが、それでもとても心を惹かれました。すぐに24時間のお取り置きになりました。フェニックスで。

↑このページのトップヘ