2016年01月

ブログネタ
日々のこと に参加中!
パソコンの調子は悪いし、海外保険は無しだし、救急車も保険がないと知れば見捨てるそうなのでこれが最後の憎まれ口になるのかもね。
店ではサックスで昭和歌謡を聴いているんだけど、客が入ったらお邪魔だから消します。すぐ帰りそうだったので消さなかったら珍しいわね、歌謡曲なんて、って言うのよ。あの程度の顔でよく言うわよ。おまけに「歌謡曲はバツ」ですってさ。
そういうのに限ってよくてシャンソンか、クラシックならG線上のアリア止まりなのよ。本当の音楽好きはジャンルを選ばないものなんだわ。

兄は熱烈なモーツァルトのファンだったけど同じくらいオカッパル、岡晴夫が好きだった。
私はジーリだのルドルフ・スコックだのステファノだのとといっているけどはるみも三郎もひばりも千代子も晴夫も揚水もだーいすき。
民謡は青森から沖縄までみんなすき。かいがら節としげさ節は最高。民謡は土臭くてエロくてね。謡われよ、わしゃ囃す、ーおわら節ーなんて歌われるとそのおかゆかしさに泣けるわ。自分はお囃子にまわるからあなたが謡ってっていうんでしょう。日本の美の原点を見るようだわ。

「ホテルカリフォルニア」の人、そうそう、イーグルスね。死んでしまったのね。死ぬほど好きな歌だわ。ルート66上に像があるんですって。

ところで、アルトサックスがテナーサックスより音が高いのは何故だか分からなかったんですけど、夢の中で分かりました。男声のテナーより女声のアルトが高いってことだったのね。
IMG_3987
これはルート66上で買いました
IMG_4064
IMG_4052
IMG_4068

ブログネタ
◆◆写真で伝える色々なこと♪♪◆◆ に参加中!


IMG_40818年ほど前、マレーシアのキャメロンハイランドから持ってきたセントポ-リアの数枚の葉がこんなになりました。苗ができるまで半年かかりました。台所の流しの横で湿度があるので住み心地がよさそうです。温度湿度計をおくところがなかなかのものでしょう
IMG_4074
フェニックスから持ってきたカランコエの4センチの苗が2年目でこんなになりました。9月には朝夕大鉢をかぶせる短日処理をしました。サボテンはソノラ砂漠から3センチ角をきりとって。一度だけピンクの花が咲きました。みんな縁起が良さそうでしょう?ラスベガスとセドナのバラは何度やっても挿し木が成功しません。今年も頑張るわよ。
IMG_3881

ブログネタ
中華料理 Part3 に参加中!
近くにたどたどしい日本語の中華料理屋があります。薄味だし本格的だしスープはおかわり出来るし店員はニコニコかわいいしその上やすいのですが3回目に入った時から突然わたしは海老とブロッコリーの塩味というのしかたべていなかったのですが砂糖が入ったのです。がっかりしてしばらく行かなかったのですが、砂糖は入れないでと頼むことにしました。和食は砂糖を使うので日本人は甘いのが好きだと思ったのでしょうか。

次に頼んだのは味の素を入れないで、です。家に帰っても舌に気持ち悪く味の素がのこっていました。
私はつつましいものですから自分の体調が悪くてそれらが今食べられないのだと言いましたが砂糖甘い中華料理なんて日本人は望んではいないわよと思っています。そんなことしてると店つぶれるよ。
ニユーヨークの中華料理店には当店では味の素をいっさい使用しておりませんと書いている店もあります。

客は気に入らなければ黙って去ってしまう。私の不満を忠告として受け取っていいのではないかしら。
タイ料理が好きな人は甘くて美味しいという。私はタイ料理は砂糖をつかった中華料理だと思っている。
なんでも日本風にアレンジしない本場ものがいいと思う。

そういう意味からか、私は創作料理というのが好きではない。昔から受け継がれて今に残ったもの、ちゃんとした料理名があるものが好きだ。例えば筑前煮、芋棒、昆布巻き、ハンバーグ、ローストビーフ、グラタン、カキフライ、焼き鳥、小松菜と揚げの煮びたし、肉じゃが。きりがないからやめてきます。
IMG_4003

ブログネタ
★自分にとっては大切なこと★ に参加中!
「自分が健康でないと口に出して言うことはすなわち、社会のヘリに自らを追いやることにほかならない」
グラーグ57でトム・ロブ・スミスがそういっております。
全くその通りでございます。解ってはいたけれどこの素晴らしい表現。だから偉大な小説家は読んだ人を少し利口にします。

そういっては何ですけど人の病気の話って同情した顔して聴くわりには本当は関心なくて当たり前ですよね。だけど、本人は少しでも不安が薄くなるかと話したがるんですよね。
だから余程の勝気かお利口さんでないかぎり自分のガンや夫の余命宣告などは秘密にしません。

それで大層凡人の私は書きたい欲求が抑えられません。兄姉が死んでもその病気について深く訊いておくことはありませんでした。今、その無関心のツケがきております。遺伝性のある病気は沢山あるのでした。

食欲のなさや疲れやすいなど色々な症状があって、勝手に膵臓がんでしょ、とおもっていたのですが、家庭医にやっぱり検査して下さいと言ったら以外なことに頭のMRIを撮ることになりました。兄が膵臓がん、姉がクモ膜下で死んでいると話したことをちゃんとカルテに書いてくれていたのです。

どうして私のところなのかなぁと言っていた北先生が脳動脈瘤を発見して下さいました。(さすがに敬語です。)
4・33ミリです。この町では脳梗塞の疑いがあったら北先生に行くことになっているくらい信頼されているそうです。
5ミリ以上になると破裂の危険がある。あなたの場合は偶然に発見されたと。北先生に紹介状を書いて明日行って来いといった家庭医もたいしたものです。仰ぎ見て訊いてみたら、先ず命に係わるものから、の原則だそうです。

脳動脈瘤は症状が全くないものですから破裂して気がつくか、保険外で検査して発見されるものです。
脳動脈瘤を持っているのに気付かずに一生を終える人も大勢いるのだそうです。破裂さえしなければいいのですから。破裂すると即死と後遺症と何事もなかった如くがそれぞれ三分の一ずつだそうです。
家庭医に娘も心配だと訊いた所、近親にクモ膜下の人がいると言えば保険でMRIを撮ってもらえるそうです。

知人は25ミリで破裂しました。お嬢さんがお母さんの瞼が下がっているのに気がついて発見されました。大学病院では様子見になったもようです。ほおっておくということ。80歳、瘤の大きさから鑑みてのことと思います。その知人は高速道のサービスエリアで破裂しました。佐久にはコイル手術の名医がいて助かり、その後は何の後遺症もなく傍目には元気でした。本人の不安はいかばかりだったかと今思います。一年後、突然帰らぬ人となりました。

脳動脈瘤はなんの症状もないと念を押されるとがっかりします。ここ一年余りの不調は何なんでしょう。動脈瘤が何らかの神経に触っているのではないかと医学を勉強したことがある人が言います。

北先生に紹介されたのは埼玉国際医療センターです。西の果てといった遠い所にあります。ここはコイルの手術です。私の住む町の大学病院ではクリップ法をする。クリップ法は頭を開いて目で見てしっかり止める。再発の不安から解放されるが、コイル法は再発の不安があって検査を繰り返す。
本を読まなければこういう疑いを持たないのに、何故初めからコイルときまったんだろう。医学の中で派閥や考えの違いがあるのだろうか。

家庭医はクリップしかやらないのはコイルの技術を持った人がいないからです、と一刀両断でした。
埼玉医療センターでは7ミリ以上を破裂の危険としています。

どちらにしても手術は簡単ではなくて手術中に血管を傷つけると半身不随やら言語障害やら片目がみえなくなるやら確率は低くない。私はよくも悪くもくじ運がいい。

遺伝性が強いといっても姉と私は別の個体ではないか。このままにしておいて元気に暮らすか、でも怯えて暮らすことになる。欝になるかも知れない。既に血圧が高くなっている(155-90.人生最大値だ。いままでは上が80台だった)。ナイーブな私は欝は避けられないだろう。怖くて海外にもいけない。手術をしたばっかりに最悪の場合半身不随になるか。なんの症状もなくて突然死ぬ動脈瘤が見つかったのは奇跡に近い幸運なのです。遺書を書いておこう。

コイルの先生は神山先生で、私と娘はクリップ法を捨てきれないので話が長くなりました。僕の家族ならクリップはしない、あなたの場合、クリップと言う先生がいたらヤブです。それなら北先生がやっていますよと言われて決まりました。なんか、傍と言う字が含まれる場所にある脳動脈瘤で、奥にあって、クリップはできない、幸運なことに入り口がすぼまっていてコイルがやりやすい形だそうです。お椀を伏せた形だとコイル法は失敗の可能性が大きくなるそうです。

二月にアメリカに行かなくてはならない、とまだ怖いもの知らずで言いました。一億円の保険をかけていくように言われました。調べてみると一億でもたったの一万円で入れるのです。
しかーし!それは自分に動脈瘤があることを知ってしまった人には通用しないのです。裁判にかけられて負けるのです。保険会社もずるいですね。
脳動脈瘤ををもったまま海外旅行している人は大勢いますよ、当院では、海外で破裂した例はありません、と神山先生。

最近、血圧が高くなっていると家庭医に言うと、あなたは繊細でナイーブだからだ。そういう人は手術をしてからアメリカにいけ!とお冠です。血圧降下剤は出しませんからね、って。繊細でナイーブで悪うございました。先生はヒステリックだけど、信頼していますわ、とはいわなかったけど。繊細でナイーブな婆様なんて恥ずかしい。そこそこ品性のあるオバタリアンが理想像だからそのようにふるまって生きているのに何てこと。

娘に、家庭医が行くなっていうのよ、といってみてもママはいつ死んでもいいと言いながらいつも自分で病気をつくりだしているのねといいます。

娘のバラの剪定をして自分のアパートに戻ると疲れて夕方なのに昼寝を一時間してしまいました。起きると頭痛がしました。寝不足すると頭痛がしますが充分眠っての頭痛は初めてです。これだけ痛いのに吐き気がありません。私の場合、ニ年に一回程度ですが頭痛にはパブロン一錠です。決まって寝不足だけれど仕事があるときです。すぐに治まりました。

その頭痛の件を言うと娘はそれは確か本に破裂の数日前に前触れにちょっとした頭痛があることがある。それを見逃してはいけないとあった、と青くなっています。予兆ナントカかもしれない。

こうなってはもう今年の買つけはなしにしよう。フライトとホテルの20万は捨てよう。だけどね、一年間、店がなりたたないよね、さいごの頼みに北先生に訊いてきましょう。

北先生はあっさりと血圧を下げる弱い薬を一か月分だします。急に動脈瘤が大きくなるなんてことはありません。ほっとして娘に電話すると、一昨日の変な頭痛のことは何て言ってたか、あ、それね、今日はそれを訊きに来たんだったわね、忘れていたわ、また戻って訊いたらその頭痛は心配ないです。ときっぱり言われました。

こういう物忘れとおっちょこちょいが同居している患者を一日中相手にしているんだから医者という仕事はきついものだわ、ニコリともしないわけだわ、と同情を禁じ得ませんでした。特に脳外科ではね。
北先生は考え込んでからでなくて全てが即答です。だから安心感が増します。

三月に血管撮影をしてそれを見て手術の細かな方法が検討されるのだと北先生がいいました。知りませんでした。興味のある方はまた書きますから読んでください。

IMG_3936
リアドロの女神像です。バルセロナから送ってもらいました。私の爆買いは何と品が良かったことでしょう。40センチもあるんですよ


追記
この記事を書いた後、六月に手術しました。手術後は三か月毎にMRIを撮り、先日6月15日、丸一年経ちました。MRIの結果、再手術の心配はなさそうです。あの手術はもうしたくない。その前後のことは他に書きました。次は一年後、最後のMRIを撮ってバイバイ―神山先生がそう言いましたーです。
2,3年前のあの体調不良は何だったのかはわからず仕舞いです。

ブログネタ
ファションアイテム に参加中!
全ての職業に役得は存在する。私がいやしくも好きな格言ーかな?-の一つです。それでもって洋服屋にもそれはあります。一月になっても明日は真冬並の寒さになるでしょうときくとぎっくり腰になるほどたまげます。
私にとっては10月は晩秋で薄地のセーターをきます。11月からは初冬、12からは真冬、桜が咲いてやっと早春です。
そんな私に願ってもない流行です。内側に羊毛が貼られています。内側がアクリルだなんて痒くてつらくないですか?真夏も羊毛のスリッポンで過ごしました。家の中でも履ています。それではコレクションを自慢たらたら公開します。
IMG_4030
IMG_4046
IMG_4083
IMG_4085
IMG_3995
ついでにアグの帽子です。一昨年はバカみたいで被れませんでしたが今冬は可愛いと言われます。一つ歳をとったせいでしょう。ムーミン谷の住人みたいと言ったのは一人だけでした。私もそう思っていたのですからピンポーンです。

↑このページのトップヘ