2019年07月

当たり前だと思っていました。
冬は寒いからカロリーを消費するんです。おなかがすくと、部屋の温度を上げようが、布団をかぶろうが、震えあがります。そうなると、めんどくさいけれど食事をするしかありません。
冬は食事中にすうーと爪先から暖かくなる一瞬があります。
娘と同時に、足が今暖かくなったよ、と言い合います。カロリーとはよく言ったものだわ、と毎晩言ったものです。
夏はカロリーをそんなに消費していません。努力してもじりじりと体重が増えていきます。
冬は寒ーいと思っただけでカロリーを消費しているんだよ、とサチコに行ったら、見かけによらず、お利巧なんだねと言われたものですから、おひらかししておきます。夏に痩せる努力は無駄ですからやめましょう。

ところで。
この町で昨日は65歳と81歳の女性の「探し物」の放送がありました。
特徴は、体格はやせ型、というんですね。肥りじしときいたことはありません。
徘徊するようになるとやせるんですかね。じゃ、齢をとったら太りましょう。

     八月の鯨の姉妹
IMG_1279

どーーーーして
みんな同じ顔なんでしょう。
切れ長のぱっちり目、男にしては小さな唇、すっと通った鼻筋、頬骨が低くてたいらな卵に目鼻。色白、長い首、えらのない細面の小さな顔。それを支える広い肩。

その代表として私が見分けられるのは東方神起のユノさんだけです。
世界一きれいな男だと思います。こんなのみたことがありません。
だけどチャンミンさんのほうが個性的です。
ファンとはいいがたいから勝手なことを言っています。
ユノさんが韓国の理想の顔なんでしょうか。
IMG_1351

アメリカの映画やドラマで韓国系アメリカ人として活躍している人がいますね。
いわば寅さん顔です。さきに挙げたものをすべて逆にした顔です。
アメリカ人もその顔を韓国っぽいと思っているわけでしょう。寡黙で誠実な男の役柄を立派にやっています。ときにはFBIで勇敢に死んだりしています。
ワオ、純正コーリアンだ!ー左の男はアラビックの代表らしいです。ー
IMG_3228
IMG_3226
IMG_3227

それなのに、、、。当の韓国では昔ながらの民族の顔を嫌っているとしか思えません。徹底的に排除。
自信のなさにも思えます。

日本でも一時醤油顔とソース顔にわけたりしていました。
外国での日本人は出っ歯と眼鏡とカメラでした。
              おっとこれはnoini家誇りの叔父。丸い顔に丸い鼻、不足な髪       
IMG_1355


そのうちに個性の時代が来るのでしょうけれど。今は過渡期なのでしょうか。
韓流スターの真似をしたらしい卵に目鼻のタレントが日本にぼちぼちでてきたのは許せないわね。お前ら、どこまで馬鹿なんだよって思うんです。



15分浴槽につかると、血液の流れが良くなって腎臓の働きを助けると雑誌に書いてあったので実行してみました。すぐその気になるんですよ。いつもより5分多かっただけなのに、疲れました。
心体ともに繊細なんだわ。

疲れたと言ったら、がやがやとうるさく、日光不足でカルシウムがたりないことになってしまいました。
情報を集めるのはいいのですが、それは自分のためだけに使うといいんだけど。
体験談なら喜んで拝聴するけれど、テレビで知ったことを他人に当てはめて進言することは慎めよ。
栄養失調で悪うござんした、くらいのお礼は言っておけばよかった。
キレそうになったから急いで帰ってきた。

百姓気質でバラ、トマト栽培、頼まれもしないところの草むしりまでやっている日焼けトカゲの私にうるさいんだよ。この黒さが地なもんですか。

        ヘンリー・フォンダとプリンセス・ドウ・モナコ
IMG_2453
IMG_2792
10年の連作でこのたわわな実のりはプロ並みでしょ。自慢自慢。
IMG_2715

三日前に測った身長は高校卒業時と全く同じドンピシャ155,6センチでした。プールに入っていた時は60代でも157センチまで伸びました。プールをやめて13年たって、元に戻ったけれど、それでも10センチ縮んだという人だっているのに、えらいと思うんだけど。

こんなことで腹を立てる私は、共同生活はできないのだ、と思っています。

ミシェーラさんからコメントをいただきました。
本に関しては別ブログに書いているのですが、ほとんど反応をいただけません。たまにあるのは訂正だけ(笑)でして。だからとてもうれしい。
こちらに書くと読んでいただけるので、すごくおもしろかったものはこちらに書くことが多くなりました。ほんとうは本と映画と近所の悪口以外には関心がないんですけどね。

漱石を読んでいて思うのは、吾輩は猫である、と坊ちゃん、意外は、子供たちよ、おめえらにはわかるめえ、ということですね。だから、教科書で止まっていて上等なのでした。

漱石は女性に向けるまなざしが優しいので、気分がいいです。薄幸の女性にばかり好意を寄せる男も登場します。いい女ばかりが登場します。

漱石のヒステリー妻と自身の胃潰瘍は有名ですが、癇癪持ちは夫に、胃潰瘍で入院は友人に押し付けて、私生活を書いています。

生徒と駆け落ちした国語の先生は明朗闊達でハンサムで人気がありましたが、セクシーではありませんでした。私なんかからかわれ専門でしたからまさかの出来事でした。良寛さんのいた寺の住職だったとも聞いていました。駆け落ちした友人を新居に訪ねて行ったら、泣きそうな顔をしていて、家に上げてもらえなかったと私の下級生が言っていました。ばかな下級生です。
「それから」「門」などを地でいったような話ですね。先生が亡くなったと15年ほど前に聞きました。二人の生活を全うしたらしいです。

上級生の目の覚めるような美人は担任の30代の猿のような体育の先生と卒業と同時に結婚しました。間違っている、後悔する、とさすがに思いましたよ。

IMG_2531

遊説していて、街頭で言っていました。
寝る前の一時間は外国のドラマを見るのだそうです。そうやって自分には遠い話を観ないと抱えるもろもろのことが押し寄せてきて眠れないんですよ、と笑っていました。

私は睡眠困難症とでもいうのか、ちょっとしたことが気になって眠れなくなるたちなので、穏やかに暮らしたい、が願いです。嫌な言動をする人には露骨なほどに距離を置くのは、最近になってやっと実行できています。今までなんと多くの嫌な人に好きな振りをしてきたことか。いいひとぶりっ子だったんですね。

それで、政治家って、なんで好き好んで国の悩みを引き受けるのだろう、眠れているのだろうか、と不思議に思っていました。

安倍総理の入眠方法は失礼ながら私と同じです。あったまいい、なんて感心しています。医者も言わない入眠方法です。私の場合は本ですが。
ここ数日手違いがあって図書館から本が届きません。

友人からのお下がりの週刊誌、「女性自身」を読んでいるのですが、あまりに身近な記事なので眠れません。「女性自身」も沢田研二などのファンと同じく読者と一緒に齢をとっていて、充分に面白いのです。

坐骨神経痛のセルフチェック、大腸がんで死なないための12ヶ条、十朱幸代の恋くらいなら、地方移住で生活費を抑える、一人の老後いくら必要か、今時の納骨事情。

その中でわたしは「一日10秒、ながら瞑想」が気に入りました。

一石二鳥を狙うけちんぼで、風呂では英文を暗唱する、道を歩くときは山菜がないか探す、自転車では腹式呼吸をする、みんなだめです。
今やっていることに集中するのが瞑想なんだそうです。とりあえず昨夜は土砂降りの中を自転車で娘のところから帰ってきたのですが集中してみました。事故防止にもなります。
そういえば、大人さんが忘れっぽくなるのは、考えることが多すぎて集中してないからだとも聞いています。
                          捨てられ猫さんがモデル並みの美仔猫を生みました。
IMG_2770

↑このページのトップヘ