ブログネタ
出合ったことのある「怖い生き物」は? に参加中!
拷問で蛇か幽霊かとの同居を迫られたら部屋の隅の幽霊を選びます。
車庫に燕が5個位の巣を作った時はすごかった。車が5台入る車庫で、犬2匹が放し飼いだったから燕としては絶好の場所だったのね。その内、壁を蛇がたくさん這い始めたのよ。巣はわるいけどお断りの張り紙を出したかどうかはわすれたけど取り払った。

裏が林なので何かと問題があって。石を積み上げた塀にはよく青大将が昼寝していたし、猫は蛇をくわえてくるし、お風呂の蓋が巻いてあるのを解いたら蛇が出てくるし、風呂の壁は酔狂な黒い火山岩でどこにかくれているか見えないし、心の休まるときがなかった。お風呂は恐怖だった。市役所に訊いたら鼠はいますかっていうからいませんと答えたらそれでは屋根裏と床下に蛇がいますね、だって。電話なんかしなければよかった。

庭にもいるので群馬のヘビセンターに電話したら蛇にシューッとすると殺せるものを送ってくれた。だけどその缶に描かれている蛇が怖くて紙を巻いて隠し、下駄箱の奥に隠した。
(絵や写真は実物以上にこわいことがある。だから最近の子供たちが虫の絵のノートを拒否するのはよく解る。)
だいたい、薬をかけて蛇がのたうち回るのなんかみられっこない。その死体をどうするのよ。
引っ越すとき、全ておいていっていいといってくれたので置いてきたけど、驚いたでしょう。

おまけに市役所に税金を払いに行ったら林の中でお宅の塀に死体が寄りかかってあったんですよね、だって。いらんこというなぁ。私は外国旅行で忙しくて知らなかったのに。私はその当時、長男の部屋だったけど空いたので一番奥まってトイレの横でもあった林に近い部屋で寝ていた。どの位の間死体と私は隣り合っていたのだろう。
P4022004
靴に2000円から4000円しか掛けない?爪先までのエアマックスはいいですよ。アメリカでもナイキは最低70ドルはします。これは180ドルです。日本ではまだ靴はないがしろにされています。靴文化はまだまだですね。