ブログネタ
年末年始の過ごし方は? に参加中!
バレエファンでない人の為に少し説明させてください。手を絡ませれば直立したまま「足の裏を外に向けて」脚を耳に付けるのはバレエダンサーなら当たり前にできます。それをギエムは手を使わないで反動の力もなしにゆるゆるとやってのけます。脚と多分腹筋と背筋の力で涼しい顔で脚を180度に開くのです。普通の人なら床から5センチ上がればいい方です。私がギエムのボレロの舞台を見たのは30年ほど前です。会場は悲鳴があがりました。人間技ではなーい!今年50歳になって引退。 

最後のボレロを日本の大晦日、ジルベスターコンサートでやります。指揮者の不思議な腕の見せ所で、固唾をのんで見守るなか、長めの曲が終わると同時にピタッと0時になるのです。それが今年はギエムのボレロの中継と合わさるのです。紅白など見てる場合ではありません。

上半身はほとんどヌードのようにみえます。今回も東京バレエ団の男性群舞と共演だと思いますが、上半身裸のはずです。そちらに興味がある人がいたっていいじゃないですか。人間の肉体の美しさを堪能しましょう。バレエの基礎ポーズは人間の理想の体を作るよう考えられたものだそうですから。
23時頃からテレビ東京をつけておけばばっちりです。      2015年12月30日

PS
時々東京バレエ団の男性ダンサーに微笑みのエールを送って、いい感じの大人になりましたね。
P4261668