2010年09月22日

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 感想

「了解。ダブルオークアンタ、刹那・F・セイエイ、出る!!」

「・・・うん、最後までこの作品に付いてきて良かった。」
見終わった後、素直にそう思える劇場版になっていたと思います。
1stシーズン、2ndシーズン、そしてこの劇場版。4年間、お付き合いした甲斐がありました。

劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer オリジナルサウンドトラック劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer オリジナルサウンドトラック
サントラ THE BACK HORN

flying DOG 2010-09-22
売り上げランキング : 90

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画のネタバレを含みますので、見るのは自己責任でお願いします。
また、00への想いを綴ったらなかなかの長文になってしまったので、記事を全3回に分けて投稿させて頂きます(笑)


今回はMOVIXさいたまで見たのですが、平日にも関わらず館内は2回とも満員だったので驚きました。
客層的はやはり小学生〜2、30代手前辺りの若手層が多かったかも。
あとアナザーだからでしょうか、UCの時のように根っからのガノタっぽい人はあまり見かけなかったですね。
・・・ちなみに土日の興行収入もなかなか良かったみたいなので、今回の映画は『ガンダム映画』としては成功の部類に入るのかもしれませんな。

今回の戦利品はパンフレット(通常版)のみ。
つか、MOVIXの売り場の狭さ故か、それくらいしかまともなグッズが置いてなかったのが残念でした。
出来ればあの3Dポスターは欲しかったんですけどねぇ・・・。う〜ん、今度新宿にも見に行く予定がありますからそのついでに買ってきますか。
ちなみにパンフレットの限定版はティエリアと当然の如くアレルヤが残っていたので笑いましたねw


んで、今回の劇場版でございますが、特に尺不足を起こす事もなく、物語としてもとても綺麗に纏まっていたと思います。
謎の異星体の襲来、戦いと対話、人類の外宇宙への進出と先駆者の帰還・・・スタッフ達が描きたいと思ってた物語はほぼフルに描き切れていましたからね。
まぁ、多くのご指摘の通り、物語としては『ガンダム』というよりも『SF』に重点を置いた作りになっていたと思います。
ただ、ガンダム作品の中でも特異な存在といいますか、そういった“異物感”こそがガンダム00の本質だと僕は理解してますので特に不満には思わなかったですね。


ただ欲を言えば、もう少し刹那以外のキャラクターにも焦点を当てて描いてくれたら尚良かったのかも。
他のCBメンバーや連邦キャラの役割がほぼ“戦闘要員”に固定化されてしまっていた所が残念に感じましたので。
無論、今回の映画は初めから『刹那のための映画』と釘を刺されていましたので、その扱いにも納得はいきます。
ただフェルトやライル、そしてグラハムや沙慈など、この2年で精神的に大きく成長したキャラもいたと思うので、彼らのドラマもまた見たかったなぁと。

あとこう言っちゃなんですが、この映画からはやはりファフナー+トップをねらえの空気を感じとってしまいました。
これはやっぱりELSの設定や物量差を匂わす描写が上記2作品に酷似していた事が原因なんでしょうね。
特に同化して敵の武装を取り込む&理解しようとする所や、最終的に対話が和解の手段になる所などはフェストゥムにそっくりでして・・・。
う〜ん、ここら辺はもう少し既視感を感じさせないような配慮が欲しかったのかもしれませんな。


でもELSとの戦闘からは他のガンダム作品にはない恐怖を感じる事が出来ました。
まずはあの圧倒的な物量。そしてあのハイスピードな同化攻撃には身震いすら感じましたよ。
一度、接触されたら自力で引き剥がす事は不可能。そして機体はおろかパイロットまでも金属化されてしまうあの恐怖!
しかもそんな奴らが自分たちの1万倍もの数で攻めてくるんですから・・・あぁ、本当に怖かったです。

そんな状況だからこそ、戦闘シーンには物凄い緊迫感が漂ってましたよね。
もう誰が死んでもおかしくはなかったと言いますか、実際にお亡くなりになったキャラ達も結構いましたので・・・。
でもCBと地球軍、かつて敵だった陣営同士が団結して異星体に立ち向かっていくシチュエーションには素直に燃えました。
これまでのTVシリーズで両陣営の対立を深く描いてきたから尚更そう感じたんでしょうね。

ではでは、ファーストフェイズはここまで。
次回は良かった点、感動した点をメインに書いていこうと思います。




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-  [ SERA@らくblog ]   2010年09月22日 23:56
地球圏に到達した破棄された木星探査船エウロパ。 それが人類存亡を賭けた…刹那たちソレスタルビーイングの最後の戦いの始まりへ。 ようや??.
2. 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 感想  [ せーにんの冒険記 ]   2010年09月23日 00:47
ダブルオー、遂に完結! 何気に「ガンダムの映画」を劇場で見るの始めてだったりする。 ということで初回上映で観てきました。 初回と言う...
「機動戦士ガンダム00の劇場版本日公開!!」 という事でさっそく見に行ってきました!! 新作内容が上映されるガンダムは「ガンダムF91」以...
4. 劇場鑑賞「劇場版機動戦士ガンダム00-Awakeningo...  [ 日々“是”精進! ]   2010年09月23日 05:21
「劇場版機動戦士ガンダム00-AwakeningoftheTrailblazer-」を鑑賞してきました大ヒットTVシリーズ「機動戦士ガンダム00」の劇場版にしてシリーズ完結編。TVシリーズから2年後の西暦23...
5. [映画『機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年09月23日 05:50
☆映画はいっぱい観てるのだけど、とりあえず、この作品を短信で報告・・・。  これまでの「ガンダム」文法にない、衝撃的な「ガンダム」作品であったが、私は非常に面白かった。  一番の驚きは、木星からの<異星体?>が出てくるとのことで、おっかなびっくりして見てい...
6. 劇場版 機動戦士ガンダム00―AwakeningoftheTrailb...  [ MAGI☆の日記 ]   2010年09月23日 06:12
劇場版 機動戦士ガンダム00―AwakeningoftheTrailblazer―のMOVIX京都での舞台挨拶の回を見てきました。公開初日に売り切れかなと思っていた限定版パンフレットですが、全種類売っていたので...
9月18日公開の映画 「劇場版 機動戦士ガンダムOO-A wakening of the Trailblazer-」 を鑑賞した。 この映画は2007年10月から中断を挟み 2009年3月まで放送された 「機動戦士ガンダム00」の続編で来たるべき対話を 目前として活動するソレスタルビーイ....
8. 『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』  [ いとちゃん徒然草 ]   2010年09月26日 13:37
3連休最終日、柏の葉ららぽーとにて、愛息はる吉くんと2人で 『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』を鑑賞しました 何やら今日はサービスデーとの事で、1人1千円で映画を見ることが出来ました 何気にツイている私(笑)! 最近、日常生活で...
9. 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-  [ 明善的な見方 ]   2010年09月28日 00:50
クオリア(ガンダムOO盤)(期間生産限定盤)00がついに完結!!! 盛大にネタバレを含みます。
10. 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-  [ Akira's VOICE ]   2010年09月28日 18:01
狙い撃ちの精度がややずれている。 でも,好きは好き。  
11. 劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-  [ 黙々読書 ]   2010年10月04日 02:09
映画感想4弾 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- ガンダム00の続編 約2時間のガンダムの映画・・・映画でガンダムを見たのの..
12. 別館の予備(感想218作目 ガンダムOO)  [ スポーツ瓦版 ]   2012年04月29日 14:30
4月29日 ガンダムOO 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11235087068/58b19521

この記事へのコメント

1. Posted by 紫電一閃   2010年09月23日 16:59
どうも、僕も月曜日に見てきました。

具体的な感想は最後の記事が出たらにしますが、感想をまとめてみると
”ガンダムとして見ると全くらしくないけど、SFパニックアニメとしてみると相当面白かった”って感じですね。

多少の不満点はありましたが充分満足したんで、あと何回かは観に行ってみようと思います。
2. Posted by 爺愛情   2010年09月25日 16:43
我が芋煮県では六週遅れという嘗めとんのかコラ状態なので隣の牛タン県まで出張して先ほど観終え、帰り道で今し方HGラファエル買うたところです。劇場限定透明OOQは勿論売り切れさ☆(涙)
本編については連邦初の純粋猪βたるデカちんが刹那と直接絡まぬままさっさと退場した事とOOQが(目的上仕方ないとは言え)殆ど闘わなかったのが不満ですが、それ以外はシリーズ完結編としても異星人侵略系SFとして充分満足な出来でした

古参癌ヲタどもから散々“腐向け”と罵られましたけどラストの刹那と貧乏姫の半世紀ぶりの再開は普通の腐アニメじゃ有り得ない( ;∀;)セツナイハナシダナー
フェルトの方は結局ヒロインに成り切れなくてちょい哀れでしたけど(ノ∀`)
3. Posted by ノイシュ   2010年09月26日 01:15
紫電一閃さん、こんにちは〜。

>”ガンダムとして見ると全くらしくないけど、SFパニックアニメとしてみると相当面白かった”って感じですね。

えぇ、何が『ガンダム』の定義になるかにもよりますけど、歴代のガンダム作品と比べたら今回の劇場版はかなり異色な作品になってたと思います。
紫電一閃さんの仰るように今回の劇場版からは終始SFパニック物の匂いが漂ってましたからねぇ。
でもまぁ、良い意味でも悪い意味でも今回の映画はガンダムの殻を破ってくれたと言えるんでしょうね。

>多少の不満点はありましたが充分満足したんで、あと何回かは観に行ってみようと思います。

えぇ、不満も多々ありましたが、一本の映画としてはとても良く出来た内容になっていたと思います。
そして何より、スタッフ達の溢れんばかりのやる気や情熱を感じられた事が大変嬉しかったですよw
4. Posted by ノイシュ   2010年09月29日 00:15
爺愛情さん、こんにちは〜。

>我が芋煮県では六週遅れという嘗めとんのかコラ状態なので隣の牛タン県まで出張して先ほど観終え、帰り道で今し方HGラファエル買うたところです。劇場限定透明OOQは勿論売り切れさ☆(涙)

牛タン県までの出張お疲れ様でしたw
クリアクアンタはどこも初日に完売してしまったみたいですね。
おまけに入場者特典のSTORYカードまで・・・公式さん、頼むからもっと多めに用意しといてくれよ〜(泣

>本編については連邦初の純粋猪βたるデカちんが刹那と直接絡まぬままさっさと退場した事とOOQが(目的上仕方ないとは言え)殆ど闘わなかったのが不満ですが、それ以外はシリーズ完結編としても異星人侵略系SFとして充分満足な出来でした

デカルトの扱いは確かに残念でしたよね。
台詞回しもカッコいいし、声もなかなか合ってるしでもう少し活躍してる所を見たかったです。
あとは何よりイノベイター同士なのに刹那との絡みがまったくなかった所も残念でした。
やはり水島監督の思わせぶりは劇場版でも治ってはなかったですね(苦笑)

>古参癌ヲタどもから散々“腐向け”と罵られましたけどラストの刹那と貧乏姫の半世紀ぶりの再開は普通の腐アニメじゃ有り得ない( ;∀;)セツナイハナシダナー

えぇ、最後の二人の再会シーンには思わずグッとなりましたよね。
刹那がメタル化してなかったら尚更泣けてたのかもしれません(正直、あれは外見にインパクトありすぎw)

>フェルトの方は結局ヒロインに成り切れなくてちょい哀れでしたけど(ノ∀`)

まぁ、これについては恋した相手が相手でしたからねぇ・・・。
でもショートカットで刹那を想い続けるフェルトは無性に可愛かった(オイ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Categories
コメントthanks!
トラックバックthanks!
巡回させてもらってます
使ってます
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました