2019年08月26日

近況報告

書きたいことは山ほど海ほど空ほどあるのだが、なかなか書く気力が湧いて来ない。特別に体の調子が悪い訳でも寝込んでいる訳でもないが、文章を書くためのエネルギーが非常に不足していて、気が付くとその日が終了している。こういう風に書くと他に沢山いろんなことをやっているように想像される方もひょっとしたらおられるかも知れないが全くそんなこともない。

それではブラブラして遊びまわっているのかと言うとそれも全く当てはまらない。本当はもう何も考えずあっちこっち適当にブラブラしていい加減な暮らしをしてみたいのではあるが、ここ数年はほぼ毎日何かに追われて生活しているような気がする。では何に追われているのか?

一番の課題は旧事務所のリフォームだが、7月に入って今日まで、昼間は暑くて何もできず進捗状況は遅々たるものだった。とにかく慣れないセメント工事に相当に時間がかかり、やっと完成(?)が近づいて来た。不満だらけの出来栄えだが、この辺で手を打たないといつまでも続けることになる。実に2年も経過してしまった訳だが、この間ほぼ毎日ストレッチを最低でも2〜3時間、多い時で5時間くらいやって来て、身体の方の「リフォーム」はやっと効果をあげて来たのではないかとその錯覚を楽しめるようになって来た。

いずれにしても旧事務所の作業はもう少しで終わりで、少しずつ新事務所の方の小屋作りの準備を進めている。まだ基礎作りもできていないのだが、今年中には屋根の完成までは行きたいと考えている。

ところで昨年借りていた300坪以上の畑は昨年暮れに返却して、今年は何も作れないと大変残念な気持ちではあったのだが、裏の三角形の小さな畑に茄子と胡瓜とスイカをほんの僅かだけ植えて、大した面倒も見ることもなくホッタラかしにしていたら、食べきれないほどもとれ、スイカはあまり甘さがないものの大きなのがとれて地球と太陽の偉大さに敬服している。ただし相変わらず草の成長スピードとその根性には到底太刀打ちできないことを改めて痛感している。この雑草のようにまた活動を開始したいと思うのだが・・・。

話は若干逸れるが、今朝は目を覚ますと、部屋の中に置いてあるカーボンパドルのベントシャフトが視界に入って来て、ずっと見つめていたら、気になって立ち上がってパドリングを始めた。どうもベントの形も位置もおかしい。全く合っていない。5万円以上もする高級なパドルだが、これでは全く使い物にはならない。それは明らかで、では直して使い勝手を良くするにはどうするべきかをしばし考えた。この続きは次回また書こう!

さてこれから秋にかけては、少し頑張らなければならないと思っているが、当面は体力作りの為に、1日おきにナイトウォーキングをしたり、涼しい場所の山へ登ったりしながら、無人島合宿に備えたいと考えている。この次の無人島合宿では、激潮域でのパドリング練習などもやってツアーの準備をしたいと思う。




nojuku54 at 23:53|PermalinkComments(0) 雑記 

2019年05月16日

北アルプス登山

GWの最後に志賀高原からの帰りに、珈琲を頂くために白馬村に寄って来ました。GWの終わりごろとあって渋滞にはまり結構時間がかかり、店には1時間ほどしか滞在しませんでした。アイスコーヒーを注文して、焙煎した豆も購入して店を後にしました。昼過ぎとあって店はお客で溢れかえるほどになり、そそくさと店を出たのですが、店を出た途端に、そこから見える唐松岳の裾野やアルプスの美しさとは対照的に背筋が凍るような悪寒を覚えました。

珈琲を飲んだだけでお客面をするつもりは全く無いけれども、「ありがとうございました。」の一言くらいはあっても良かったのではないか?!と思ったのであります。しかも接客中とはいえ会釈くらいはあっても良かったのではないだろうか?

しかし、しばらくしてから、「そうかなるほど」と全てを納得したのであります。この白馬村は全国各地から観光客が次から次へとやってくる有名な観光地なのだと。景色を見に来る人も山に登りに来る人も皆が皆観光客で、そこに来る人の生き方や考え方ややりたいことやってきたことなどには関わらないで、お金さえ落として行ってくれれば良い訳で、「有難う」なんて全く言う必要はないのかも知れません。

もちろんそうじゃない人も沢山来ておられるのでしょうが、3年前の唐松岳の時も、2年前の白馬岳の時も、昨年の常念岳の時も、山に登る情熱を共有なんて感情は笑い話ですか?と一蹴されそうな空気が、あちこちにあったような気がします。そうか、今や北アルプスも日帰りで登れたり、大そうな荷物を担がなくても簡単に行って帰れるようになり、昔のように限られた、訓練された人たちだけが来ている訳ではなくなっていることに、気づいたのであります。

唐松岳の時は、帰りのルートが登ってくる登山者の人数に圧倒され、白馬岳の時は「一期一会の原則」を充分認識させられ、常念岳の時は変な親切心はむしろ他の登山客の迷惑になることを充分に認識させられました。3回も行っているのに、お前まだ気が付かんのか!馬鹿たれ!と白馬村が教えてくれたのかも知れません。そういう意味では、わざわざ寄った甲斐があったのかも知れません。




nojuku54 at 18:35|PermalinkComments(0) 登山 | アウトドア

2019年05月14日

志賀高原スキー合宿研修

025
2019年5/2〜5/4 
志賀高原 高天原エリアで春スキーを楽しむ。
宿泊ホテルのすぐ前にゲレンデがあるので、移動に時間がかからず快適でした。
雪は滑走コースにしかなく山には殆ど無く気温は6度〜10度。スキーをしていると少し汗をかく程度でした。


040
4/30午前11時頃岡山出発して翌日の5/1午前10時30分頃到着。
車の運転は全行程を石井取締社長がやってくれました。ワタシは助手席で御託を並べているだけでしたが、カヤック合宿の疲れもあって到着した頃はヘロヘロでした。


035
しかし30分も休憩をしながらゲレンデを見ていると気力が復活してきて昼頃からスキー開始。3月中頃から全くスキーをしていないので、なかなかモードが戻らないのではないかと思っていたが、1本滑ると徐々に「前向き」な気持ちが戻ってきました。そもそもこんな遠くまで来て全くやる気が出なけりゃ意味ないですからね!

写真では良く分からないですが、右端に細長いコブが出来ていて、私達は3日間ここをメインゲレンデにしてコブ攻略の練習をしました。

033
2時間ほど滑ってから後ろのレストランでランチタイム。2年前もここに来て印象が良かったので利用させて頂きました。新潟のかぐらスキー場と比べると、こっちの方が少し安くて美味しいかな。


030
今年もかぐらスキー場に行こうかとも思っていたが、何しろ宿からゲレンデまで到達するのに時間がかかるのでどうしようかと迷っていたら、志賀高原の雪がGWまで残っていてくれたのでこちらに来ることにしました。志賀高原はスキー客がそれほど多くはなく快適なスキーが楽しめました。1件の例外はありますが・・・。


029
北アルプスの峰々が遠くに見えて景色も抜群でした。冬のシーズン中は実はコブ斜面を滑ったのは僅か3日程度で、今回の練習を入れても僅か6日程度でしかなく、これではなかなか上達も覚束ないのは当たり前の話。しかしその割にはコブ斜面に身体が慣れてきてコブに弾き出されるような状況が少なくなりターンのタイミングとストックワークがもう少しスムースに出来るようになれば、形も出来てくるのかなといったところで今回の研修は終了しました。

045
今回お世話になったホテルですが、料金は民宿並みで食事も風呂も従業員の応対も良く大変満足な3泊でした。来シーズンもまたここでスキー三昧したいと思いますが、GWは避けて4月中に来れたらより楽しいかも知れません。

体力を全く鍛えずに来たので、僅か数日でヘロヘロになりましたが、大変有意義な3日間であり、来シーズンも最後はここで締めくくりたいと思います。




nojuku54 at 17:17|PermalinkComments(0) アウトドア | スキー

2019年04月17日

GW無人島合宿講習

無人島エスキモーロール講習のお知らせ
NJKシーカヤックスクール主催
2019年4/27(金)〜4/29(月)

050
シーカヤックでエスキモーロールを習得しよう!

日程:4/27(土)〜29(月) <2泊3日>
 4/26(金)はキャンプ準備の為お手伝い参加歓迎です。
 概要:シーカヤックでのロール習得を目指す
 場所:備讃瀬戸エリアの小さな無人島
 定員:5〜6名
 初心者参加OKですが、前もってご相談下さい。
 〜2泊3日の場合〜
 講習費:24000円/自艇参加   36000円/レンタル参加 
宿泊:テント泊 
 詳細は下記へお問い合わせ下さい。
 <問い合わせ&申し込み>
  申し込み・問い合わせフォーム
 tel 090-8603-7126(鈴木) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NJKシーカヤックスクール




nojuku54 at 18:06|PermalinkComments(0)

2018年11月12日

第96回 吉井川フォークジャンボリー

11月の吉井川フォークジャンボリー(津山市内)は、11月24日(土曜日)実施予定です。
開始予定は午後7時30分より・・・しかし最近は午後7時からスタートすることが殆どです。

興味ある方はどうぞ。

nojuku54 at 22:26|PermalinkComments(0)