2018年03月30日

問題児物語 その5

 
どうして見ず知らずの人間から、低俗な奴から、もちろんワタスも低俗ですが、 
そんな奴から「問題あり」と表彰されたのか色々と考えてみました。 
そこであることに一つ気がつきました。 
飲酒パドリング撲滅運動をしているのがきっと気に入らないのではなかろうか? 
スクールもツアーもショップ経営も低迷して何とかしたいが、 
真夏の暑いときにビールくらいは出してあげたい。 
しか〜し、最近ではそれもどうもやれそうな雰囲気ではない。 
あいつさえいなければ、つまりワタスさえいなければ美味しいビールを出せるのに・・・! 
とお考えなのかも知れない。 
 例の沖縄の観光シーカヤックガイドはカヤックの安全講習の講師を務め、何とか協会の
認定インストラクターでもありながら、堂々と飲酒パドリングをしていただけでなく 
参加者にも振る舞っていたようで、それがさも当然のこととして認識するような非常識の方でした。 
シーカヤックガイドがお客にビールを出さなきゃ商売にならんと考えていたようで、 
その行為を禁止してカヤックの安全航行を念ずるワタスを「てめぇ〜おかしんじゃねぇのか!」と 
因縁をつけて来た経緯は皆さんご存じの通りです。 
そして今回も同様に因縁をつけてきた野郎は全く知らないガキなのです。 
ひょっとしたらこの二人は仲の良いお友達なのかも知れない。 
だとしたらなるほどとある意味背景は理解できるし、中四国のシーカヤッカーの第一人者に 
なりたいのかも知れません! 
因みに「シーカヤッカー」という言葉は既に完全に死語になっているが、どういう意味か? 
1)練習をしない  2)飲酒パドリングを好む  3)なが〜いカヤックになが〜いパドルを好む 
4)ロールは必要ない  5)転覆しないストロークをマスターすれば良い 
4)一人で漕ぐ技術も勇気もない  5)その他 
という風に定義できるかどうかは分からないが、そういう傾向は大いにあるでしょう。 
そしてもう一つ分かったことは 
カヤッキングだけの世界に限らないことだとは思いますが、 
ある人がこつこつと研究を続け成果を出し始めると、殆ど努力をしてこなかった奴が 
成果を出し始めた人に向かって「あいつは問題あるよ!」と叫び出す。 
あいつは絶対におかしい!と周りに言いふらす。 
岡山でもありましたからね! 
「あそこには行かない方が良い!」って噂を流して頂きましたからね。 
皆様どう思われますか? 
まじめにスクーリングを考え実施している人がおかしいのでしょうかね? 
それとも努力も研究もしないで余所の悪口を言いふらしている人が 正しいのでしょうか?
これからそういう方がどんな末路を辿るのかじっくり見てみたいですね! 
因みに地元のあそこは残念なことに消滅してしまいました。 

 そして問題のあるはずのワタスはまだまだ元気ピンピン(?)であります。



nojuku54 at 22:42|PermalinkComments(0)

2018年03月24日

問題児物語 その4

 いやぁ〜本当に有り難いことでっす。
ワタスのスクールが問題だってぇ誠に有り難いご指摘を頂き感謝感激雨霰であります。 
それでそのご指摘の御スクールのHPを見ると、ナナなんと意味不明な単語が使用されて 
 いるではあ〜りませんか?!
「ボートコントロール」って一体なんでっかぁ〜? 
シーカヤックのスクールじゃぁなかったの? 
シーカヤックスクールなら何の躊躇もなく「カヤックコントロール」って単語を使用するはずですが、 
御スクールにおいては摩訶不思議で意味不明な 
「ボートコントロール」ってどういうつもりでこんな言葉を使うのだろうか?と 疑問に包まれる。
しばし考える。 
ひょっとしたらインチキラクターさんがシーカヤックに乗って操作が上手くできないから 
 公園などで使われているボートを使ってスクールをやっているのだろうか?
何故「カヤックコントロール」って言葉を使用しないのだろうか? 
ワタスは何故かこの単語から色々な単語を想像してしまうのでアリンス。 
例えば 
飲酒パドリング・お酒飲め飲めツアー・強風波浪に立ち向かうシーカヤッカー・第一人者 
シーカヤックジャーナリスト・ロールは不要・公認インチキラクター・港湾利用カヤックツアー 
何故かこんな単語を思い浮かべてしまうのでごじゃる。 
真剣にシーカヤックスクールの運営を考えていてこのような単語が出て来るはずはない。 
その証拠はその他のスクール内容を見るとなるほどと納得ができる。 
まるで講習内容の組み立てができていない。 
バラバラで適当に並べてあるだけで、過去の指導経験の蓄積が全く感じられない。 
その指導のバラバラ感がカヤック販売にも見て取れる。 
あんたぁ〜まだそんなカヤックを売ってんでっかぁ〜? 
カヤックの長さの意味・幅の意味・お値段の意味・性能の中身・その他など 
本当に分かってまっかぁ〜? 
ワタスの問題を問題にする前にご自分の支離滅裂をご心配になった方がええのとちゃいまっか? 
ノートとペンを用意して、毎日反省文や日記を書いて 
どうやったらまともなスクールが展開できるのかを少ない脳みそで考え直したらどうですねん! 
ワタスのようなもの凄く少ない脳みその持ち主が見てもへんてこりんで意味不明な 
ショップ運営は楽しいでしょうね!とても楽しいでしょうね!うらまやしい限りだね。 
 シーカヤックの販売がいつの間にか釣り用シットオントップになり、さらにはSUPに広がり
ツアーは海から川へ逃げて行き、カナディアンで川下り。 大変ご苦労様です。
目の前に広い海が広がるのに、重たいカナディアンを他県へ運ぶ苦労が目に浮かびますね。 
お疲れ様です。 
なんでこんなことになるのでしょうかね? 
シーカヤックとは何か? 
真剣に考えて生きていたらこんなことにはならなかったはずだが、目先の利益に走り 
売れるものは何でも売る。そしてショップは閉店する。 
どうせ終了するならば美しく終わるのが望まれるが、余所のスクールの悪態をつく。 
悪態をつかれるワタスはとても幸せな人生を送らせて頂いていると実感すると同時に 
何の関係もない者同士で本当に良かったと思う京子の心であります。 
そして更にワタスの自己研鑽の為にも更なる発展に向かって思考純化に挑戦したいと決意して 
清水の舞台から飛び降りたいと思うのでアリンス。 


nojuku54 at 22:10|PermalinkComments(0)

2018年03月18日

問題児物語 その3

仰る通り大変沢山の問題や課題を抱えておりますが、残念ながらカヤックに関しては

楽しいことばかりで困っております。 

スクーリングの楽しさは本当に充実しております。 

指導することの難しさの向こう側には色々な世界が広がっていて、やりたいことが多すぎて 

ある意味困っております。 

しかし教え方が分からないから困っているのとはちゃいまっせぇ〜。 

教え方が分からない、どんなカヤックが本当に性能が高いのか分からない、 

ツアー技術の指導法が分からない、どんなパドルが優れているのかも分からない。 

ショップをやっているから何かを適当に売ればいいと思っているのかも知れないが、 

買わされる方にとっては冗談じゃないでしょう。 

カヤックが売れなきゃその他の備品も当然売れない。 

ならばスクールでもやろうかと適当に始めてもチャンと教えられなければ 

カヤックの購入にまでは結びつかないでしょう。 

「カヤックスクール」なはずなのに「ボートコントロール」などと言う言葉を使用しているのは 

そもそも指導力を疑われても仕方がないでしょう。 

販売もスクールも駄目ならツアーでもやるかと目の前の島をぐるりと回るツアーばっかりじゃ 

客足も次第に遠のくでしょう。 

かといって他の色んな島々へガイドするにしても殆ど初心者じゃ無理だし 

セルフレスキューの講習程度では大して役にも立たないでしょう。 

そもそもセルフレスキューって何の役に立つのでしょうかね?! 

受講する側にも問題があると思うけれどもこんな講習で銭を貰おうなんて根性が 

そもそもいかがわしい。 

良い運動にはなるかも知れないが、自分の命を守ってくれるほどの心強い 

技術では決してない。もちろんその練習をするなとは言わないが。 

教えて銭を貰うほどの価値はない。 

人の悪口を言う前に、カヤックの性能を見極める能力を高め、パドルテクニックを磨き指導力を高め 

尚かつツーリング経験を積み 信頼できるガイド能力も習得して

多くのパドリング能力の高いカヤック愛好家を養成できるように努力をしたらどうだろう?

販売もスクールもツアーも一体どんな経験や技術に基づいて行われているのか? 

甚だ疑問に思わざるを得ませんね! 



nojuku54 at 21:20|PermalinkComments(0)

2018年03月14日

問題児物語 その2

全く興味も魅力も親しみも憎しみも感じないどこの馬の骨とも知れない思考力の伴ってない方から 
「あいつは問題児だ」って表彰して頂いたので、問題児を代表するワタスとしましては何か返礼を 
しなくては礼儀に反すると思いましてまた書いているのであります。 
そんな馬鹿馬鹿しいことしなさんな!と感じておられる方もいると思います。 
放っておけばいいじゃんと言う方もおられるでしょう。 
同感です。 
 こんな方に言葉を発するよりも可愛い猫様に語りかけた方が1000倍有意義だと思いますが、
しかしまたこの次に同じような「頭脳明晰な方」が 、頼みもしない評価をして下さるかも
知れないと思いまして、非常に気分の重い書き込みをしております。 
 まぁ正直疲れる話です。
まぁそんな訳でなんで全く無関係な、何の関係もない奴から何故イチャモンをつけられたのかを確認して 
みると、やはり思った通り、HPには既に末期症状が出ているのが垣間見れました。 
あまり詳しくは見てませんが、ほんのチラリと見た感じでは、 
カヤック販売の内容は相当なバラバラ感が出ていて最近では素人の方が見ても 
恐らくアレレと感じられるのではないでしょうかね?!まぁそれこそ余計なお世話ですけどね。 
 えぇ〜?!このカヤックを売ってあのカヤックも売るの?ってビックリしますね!
まぁ何を売っても構わないのは構わないが、釣り目的のシットオンの販売までに至ると 
シーカヤックのスクールがまるで駄目なんだと誰もが確信されるのではないでしょうか? 
例えば「英会話教室」が「たこ焼き販売始めました」って言っているようにも聞こえるのは 
ワタスだけでしょうかね?まぁそれもやってはいけないことではないでしょうが・・・。 
またそれだけに限らず全く別の次元の水上の乗り物に手を出しているところをみると 
余程経営が困難に陥っているのではないかとワタスは大変心配をしております。 
ひょっとしたらあの岡山のスクールがなかったら自分のスクールにも人が来てくれるはずなのに 
ロールばっかり教えやがってふざけるな!ってそんなご心境になられておられるのではと 
大変恐縮しております。本当に申し訳ないと思っております。 
そうです!ワタシさえいなかったらもう少しはお客さん来ていたかも知れませんが、 
でもね、今は若い人達は働いても給料から色々な名目の税金を引かれて車さえ買えない状況なのです。 
ましてや20万も30万するようなシーカヤック等はとても買えないのです。 
またレンタルやスクールを継続的にできるような所得水準の方でカヤックをやりたいという方は 
人口的に非常に少ないのです。 
またお金があっても中途半端な「ショップやりながらスクール」に通う人は更に少ないのです。 
つまりお客が減少したのはワタスのせいではなく時代の流れを読めなかった経営者の責任なのです。 
これからますますショップの経営は苦しくなるばかりで生き残るのは至難の業でしょう。 
だからワタスもショップ経営をやってみたいなと思っている京子の心です。 
ショップの隣に「たこ焼きコーナー」や「カフェ・インチキ叔父さん」や「イチゴ直売所」なども 
併設して、暇な時にスキー教室や登山教室などもやろうかなぁ〜って思っているんですわぁ。 
ええ、仰る通りワタスは問題児ですわぁ〜! 
しかし自分でHPを更新できんような奴に言われとうないわぁ。 
言い忘れたが、「カフェ・いんちき」の隣に小屋も建てて「ライブハウス・弾き小森」も作ろう思てます。 
それから他にもシーカヤックでマグロ釣りも考えてます。5人くらいで仲間を作って囲い込み漁を 
やるつもりねん。もっと賢く礼儀正しい奴やったらおまえも仲間に入れてやってもいいが、 
陰で悪口言うような奴にマグロは捕れないやろね! 
まぁ何の恨みがあるのかは知らないが文句があるのなら正々堂々と連絡してきなはれや! 
ショップの経営がもし上手く行ってないのなら、それは全て自分のせいやでぇ〜。 
ワタスのせいやないでぇ〜! 
しまったしまった島倉千代子。言い忘れとったがな、今年からシーカヤックの製作もやろう思うてますねん。 
まぁ誰もがビックリするようなシーカヤックを作ろう思うてますねん。 
これまで数多くの方々にコケにされて来てますけん、そのお礼にと思って色々とやろうと思うてますねん。 
思うのは自由やし誰にも迷惑はかからんやろう。 
たこ焼き食べて珈琲を飲んでギターを弾く。週末はシーカヤックや登山をして過ごす。 
ショップやってなくて良かったぁ〜! 
まぁ必要のない余所のスクールの悪口言ってお店の評判を落とさないようにね、坊や! 


nojuku54 at 21:45|PermalinkComments(0)

2018年03月05日

ワタスは問題児でっかぁ〜?

こんな気楽な暮らしをしているからきっと「問題児」と言われるのでしょうね。
好きな時に寝て好きな時に食事をして好きな時に眠りから覚める。
スキーに行きたいときにスキーに行き、山に登りたいときに山に登る。
キャンプをしたい時にキャンプをしてカヤックに乗りたいときにカヤックに乗る。
そして何もしたくなくなったら一日中ゴロゴロしたり寝たりする。
それらの合間に自然に触れたくなったら畑でほんのちょっと作業をしたり
焚き火をして焼き芋を食べる。
誰にも迷惑をかけず一生懸命遊びできる限りいい加減な毎日を過ごしている。
しかし人から後ろ指を指されるようなことはやっていない。
もしワタスのようなのんべんだらりの生活がしたいのなら意味不明な悪口を言う前に
下らないショップなど閉じて好きなような生きれば良い。 
ショップ経営が好きで好きで、楽しくて仕方がないのなら毎日の生活も楽しいはず。 
しかし1日中狭い小屋の中にいてカヤック用品を眺め夏も冬もそこで時間を過ごすなんて 
幸せでしゅかぁ〜?地獄でしょう!そしてアホ頭が一層アホになるだけでしょう! 
だからってワタスを非難するのはやめておくれやす。 
まさか「お友達になりたいなんて」そんなことは考えてないでしょうね。 
頼むからそいつは勘弁しておくんなさいましョ。頼むから・・・。 
カヤックに乗りたければカヤックに乗れば良い。スキーがしたければスキーをすれば良い。 
ギターが弾きたければギターを弾けば良い。会社を辞めたければ会社を辞めれば良い。 
山に登りたければ山に行けば良い。スクールをやりたければ真剣にスクールをやれば良い。 
誰かの悪口を言う心の隙間があるならその隙間に向上心って奴を埋め込めば良い。 
誰かがカヤックを購入して次に考えることは、次に何を買うかではなく 
カヤックをどうやったら自由自在に操れるかである。 
 カヤックを自由自在に操る技術を習得するのにも長い年月が必要だが、
 それを人に教える技術は10年も20年もかかる。
 申し訳ないがショップなんかやっている場合じゃない。
ショップやりながらのスクールから「おまえは問題児だ」って言われても、思いつく言葉は 
坊やはもっと頑張らなきゃ駄目よ・・・くらいかな。 
日々迫られる哲学的選択をひとつひとつ蔑ろにして過ごした過去を振り返っても 
多分もう手遅れかも知れないが、 自分一人になって悲しい涙が出てきたなら
勇気を持って全てを捨て去る行動に出ることだとワタスは思うのね。 
ところでワタスの最近の夢はカヤックショップを開くことでんね! 
場所は西の方角が良いって占い師が言ってたのでそうしようかな? 
先日カナダのバンクーバーの郊外に家を買ったので色んな情報や商品が 
特別ルートで手にはいるので、おもろいショップができそうねん。 
まぁ頑張ってや、G−W−Gにしか興味ない脳みそだって使いようによっては 
まだ哲学できるかも知れんョ! 


nojuku54 at 18:23|PermalinkComments(0) シーカヤック | アウトドア