トップページ

「新・のこりびおん」について。

ここは、ノコリとヴィリアさんという残念な二人が、
シロディールで七転八倒する様を記録したものです。
クエストのネタバレがあるので注意してね。
たまに他ゲーム記事もあります。

主な登場人物はこちらでご紹介。

naniwo

■更新情報
2017/09/11 【DOL】一年ぶりの世界一周旅行。
2017/08/05 【ポーズ】戦う女性は美しい。

【DOL】一年ぶりの世界一周旅行。

ギギギ!ツイッターめ!

twtw

くっくっく・・・少し攻撃力が高すぎた様だな(☆゚∀゚)
お願いします。ログインくらいさせて下さいよ・・・

1

「よう!みんなこの夏は元気だったかい?
今年の夏もクソ暑かったね!」


2

「正直、来年もこの暑さだと死ぬんじゃないかと思います。
もう年齢的にダメなんです・・・」


画像で察して頂けるかと思いますが、
今回はオブリビオンの記事では無く、
大航海時代オンライン(DOL)というネトゲの記事になります。
DOL の記事は一年ぶりになります。
課金(DOLは月額課金)も一年ぶりでした。


ちょっとオブリにもなかなか気持ちが向かなかったので、
気分転換に海に出てみたのです。
まあそんな訳でございまして、
お暇な方はお付き合い頂けますと幸いです。
(※画像は少し加工しております)


3

大航海時代は、
15世紀半ばから17世紀中ばまで続いた、
ヨーロッパ人によるアフリカ・アジア・アメリカ大陸への、
大規模な航海が行われた時代。
主にポルトガルとスペインにより行われた。

(wikipedia より)

当時はこんな衣装をまとった人々が、
世界の港を駆け巡ってたんだと思います(´・ω・`)

4

大航海時代とは一体・・・

5

コズロフ!コズロフじゃないか!

ノコリが愛してやまなかった、
熊のコズロフも元気そうでした。
ただ、夏の暑さにやられて、
体毛がそげ落ちていたのが残念でした。


6

15世紀のリスボンには、
直立二足歩行する、
巨大なウサギも存在した様です。
良く見ると手(ry


7

ひょっとこカウガールさん。

西部でも名うての銃の名手に違いない。

7_1

そうそう、
一年ぶりという事で世界も大きく変わっていました。
新しい港町として、
北米東海岸にボストンが出来ていたのがその一つ。


7_2

なかなか良い港町じゃございませんか。

7_3

メインストリートはこんな感じ。
ここでしか建造できない船とかありそうです。

8

そして驚いたのがコレ。
汽車です。
蒸気機関車。

これに乗ると、
北米の東海岸から西海岸まで行けます。
ほぼ一瞬で。
大航海時代ですよ?

9

蒸気が気持ち良いなり~♪

まあ便利になるのは良い事です。
便利が一番。


10

当然、蒸気船も登場していました。
クラーモントと呼ばれる初期の蒸気船。

速い&積載量も大きい!
の良い事ずくめなのですが、
恐ろしく燃費が悪いのです。
100万円儲けても、
90万円くらい燃料に使う感じ。
なので、燃料を焚かずに、
帆船でけん引している人が多かったです。
蒸気船、悲し過ぎる。・゚・(ノД`)


11

そうそう、唐突に思いだしたのですが、
ノコリはフランス海軍に所属する軍人さんでした。


12

しかし、フランスは放漫経営気味なブルボン王政。
アメーリカの自由で躍進的な風に触れ、
ノコリのフランス王国への忠誠も揺らいできたのです。


13

よって、フランスを離れ、
オスマントルコへの亡命を決意するのでした!

14

「宰相イブラヒムさん、今後ともよろしくね!」

「チッ、嫌なやつが亡命してきたもんだな・・・」

「えっ!何か言いました?」

「いや、何も・・・」


15

これからは、オスマントルコ海軍の一員として、
立ち遅れているオスマン帝国を支えるのです!

16

休憩所の女主人、
ラディアさんとの楽しい逢瀬♪


「ラディアさん、
これからは毎晩通いますからね!」


「チッ!嫌なヤツが亡命してきたわね・・・」

「えっ!?今激しい舌打ちが聞こえ」

「ほら、亡命したんなら、
早くモスクでお祈りしてきなよ」

「そ、そうですね」
(あれ?何か皆から嫌われてる?)


17

特にイスラム教に改宗はしていませんが、
お祈りを捧げておきます。

オスマントルコはイスラム教が国教ではありますが、
税金さえきっちりと納めておけば、
キリスト教徒やユダヤ教徒でもおkな寛容な国。
西洋諸国ではこうはいきません。


18

亡命の結果、
西洋諸国とはほぼ険悪な関係に。
フランスとは敵対関係に。
まあ、そうなりますわな。

こっそりフランスの軍服に着直しても、
敵対度は変化無し。
ちょ、ちょっと早まった事をしたかな。


19

亡命して判明するオスマン帝国の惨状。

しかし、オスマン帝国は想像以上に、
西洋諸国から技術が遅れている状況でした。

産業革命は波及していない。
速い帆船も造船できない。
船はオールドスタイルの手漕ぎガレー船が主流。
なかなか厳しい感じでございます。


20

トボトボとイスタンブールを歩いていると、
トトリさん軍団を発見!


アトリエシリーズとのコラボ服の様です。
500円で12%の確率で出る、
「トトリの衣装箱」から出現する衣装なのですが、
頭・服・足装備の中から、
一つしか選べない仕様なので、
セットで揃えるには最低三個の衣装箱が・・・
ガチャ課金が捗りますね(白目)

21

アトリエシリーズも、
初代から数えると20周年らしいです。
最初はプレイステーションの、
マリーのアトリエだったと記憶しています。


22

ノコリはガチャる余裕が無いので、
シーズンイベントで配布されていた衣装のみゲット!
「騎士公のローブ」
という衣装らしいです。
紳士なノコリにピッタリの衣装ですね(*^_^*)

23

座ると裾がブワーッと広がるのが特徴です。
なんだか黒いクラゲみたい。

24

それにしても、
イスタンブールは緑が少ない。


せめて文字だけでも緑に。
湿気は少なそうですが、
暑いのでウチワは欠かせません。


25

いつかのアップデートで、
家が拡張できる様になっていたので、
最大に拡張しました。


25_5

お洒落なバーカウンターとかありますが、
誰も呼ぶ事のないぼっちのノコリには無縁の場所。
ここで一人寂しくインスタントラーメンをすするだけ。


26

広すぎて全然落ち着かない・・・

オブリではあばら家暮らし、
宿屋暮らしのため、
広い家だと色々と持て余します。
ほんと貧乏性だわ・・・


27

展示室なんかもありました。

夜になると這いまわる金の腕と、
奇怪な叫び声を上げる像を設置。
少し不気味な感じですが、
冒険に役立つらしいので、
こいつらと一緒に暮らす事とします。


28

家を出ると、
亡命元のフランスからの刺客が!
ノコリ危うし!


刺客と思ったのですが、
ただの太ったウサギさんでした。
良かった良かった。


30

美人のお姉さんを発見❤

そっと後ろから近寄りお尻にタッチします。
手の甲で触っているので痴漢ではないです。


31

ナポリの港にて新しい船を造船。

その名も「マルタ騎士団ガレー」
マルタ騎士団と言えば、
オスマンと激しく戦ったカトリックの騎士団。

オスマンに亡命したノコリが乗って良いものか、
倫理的に問題がありそうですが、
強そうだしカッコイイので乗る。


32

オスマン風マルタ騎士団ガレー、出帆!

33

やっぱり帆も朱色に染めよう。
船首から突き出したラムが素敵!

34

敵船に砲弾を浴びせた後、
横っ腹からラムでドーン!
その後は船員を送り込んでの白兵戦。
何て野蛮なお船でしょう(うっとり)


35

いやー!新船も造って満足満足!

ただ、船を造っていきなり貧乏になったので、
何かしらの金策をしないといけません。
南蛮貿易がすごく儲かると聞いたので、
早速、東アジアへ向けて出港したいと思います。

ボストン→サンフランシスコを機関車で行き、
そこからは太平洋を横断します。


36

はっ!こんな所にもトトリさん軍団が!

もしかしてノコリのファン?追っかけ的な女子?
いやー、困ったなあ(●´ω`●)
それにしても、
皆さんけっこうガチャをされているのですね。


37

夜に見る蒸気機関車も良いものですね。

38

 そして、あっという間にサンフランシスコへ。
うーん、便利すぎないw?


39

サンフランシスコへも、
南蛮品が到来中という事で、
交易商人やウサギやサンタさんが集まっていました。


40

ノコリはあくまでも現地調達!
太平洋を渡り東アジアへ向かうのです!


41

航海中は暇だなあ・・・と思い、
フレンドリストを見てもほぼオフライン。
聞く所によると、多くの航海者が、
すでに陸に上がってしまったとの事。
悲しい事です。


42

太平洋横断は大変なので、
道中、ハワイやらグアムで休憩です。


43

南国の風景に、
緑のオスマン軍服が映えるのです。


44

南国の珍しい食べ物たち。
これって罰ゲームじゃないよね?

45

「はあ、私も外の広い世界が見てみたいなあ・・・」

「幼女ちゃん、それならノコリの船に乗ると良いよ(*^_^*)」

「あなたは嫌、何だか性犯罪者の臭いがするの」

「そ、そんな事は無いんだけどね・・・アハハ」
(くそ!幼女のくせにいい勘をしてやがるぜ!)


46

リアル南国でリフレッシュしたいなあ・・・

47

グアムで謎の怪光現象を確認!
ただ、ノコリは頭が悪いので何かを全く理解できず。

無念なり。

54

無事に台湾で麻織物を、
二隻の船倉いっぱいまで購入。

帰りはそのまま西まわりで行こうと思い、
インド周辺に立ち寄ってみました。


55

インドのお寺大好きです。

56

幼女ちゃんが休憩していたので、
さりげなく横に座ってみるの図。

49

カリカットの港から眺めるインド洋。
昔はこの海でレベル上げをし、
良く海賊(PK)に襲われては泣いていたものです。


48

夜のカリカット❤

50

近くで沈没船の匂いがしたので、
頑張って引き上げ中です。


51

ごぼごぼごぼごぼー

そんな音を立てて、
沈没船が浮上してきました。


52

沈没船を華麗に曳航中。

ふふ、きっと中には金銀財宝や、
レアなアイテムが眠っているに違いない!

53

インド茜・・・染料でしょうか?
他の宝箱もパッとしないモノばかりでした。
俺、運営に嫌われてる?


57

おっと!ゆっくりしてはいられない!
麻織物が腐らない間に、
さっさと欧州へ戻らねばいけません。

フェラーリの紋章にすると、
船の速度が若干上がる様です。
(大ウソ)

58

無事、地球を一周してリスボンの港へ♪

59

リスボンは少し原宿文化入ってる感じ?

60

ユーチューバー的な、
奇抜な格好の紳士・淑女が多い港ですわ。

61

コズロフが!コズロフの体毛が戻っている!

少し涼しくなってきたせいか、
熊のコズロフも冬支度の準備です。
毛がフサフサになって本当に良かった。

62

とりあえず酒場で一服(*´ェ`*)

右端の石仮面の人が気になって、
いまひとつ美人さん達に集中できない。

64

街角にも美人さん達が(*^_^*)

しかし、左端の京劇の劇団員の方が気になって、
いまひとつ女性陣に集中できない・・・

65

世界はカオスに包まれた・・・

67

今年は十字軍ギャルが大流行しましたよね♪

インスタグラムでも、
「エルサレム奪還なう♪」「異教徒せん滅中❤」
なんて文言とともに、
血なまぐさい写真がアップされてる訳はない。

68

いかん、こんな話をしてる場合ではない。
早く母国に麻織物を持って帰らねばいけなかった。

69

「副官どうした!?遅れてるぞ!」

「すいません!ちょっと過積載でスピードが・・・」

「そんな言い訳するならご褒美(意味深)は無しだぞ!」

「そ、そんな!」

70

ぶおんっ!

「ふんすこ!ふんすこ!」

「こら!急にアクセルをふかすな!」

71

帰路の途中、
アレクサンドリアの港で休憩。
ここで見る朝焼けや夕焼けが好きなのです。

72

イスタンブールまでもう少し!
なんですが、
東地中海のサロニカの港へも立ち寄る。

73

ここで食べる、
「マナガツオのスブラキ」
「ヤウルトゥ・メ・メリ」
は最高なのです。

おそらく、リアルでは死ぬまで
口にする事は無いでしょう。
(どんな料理かも想像できない)

74

何とかイスタンブールへ帰還。

いやー、世界一周したわー。
俺、世界一周してしもうたわー。

75

早速、麻織物を売却。

相場も良かったので、
利益は6千6百万円にも上りました。
ノコリの生涯年収より多いかもしれません。

76

仕事が成功したら酒!

これは洋の東西を問わず変わりません。
がしかし、
イスラム圏では酒は禁止のため、
ロシアのサンクトペテルブルクまで酒を買いに。

77

「おっちゃん!ウォッカをたくさん頂戴な♪」

「うーん・・・お兄さんだと29本までだねえ・・・」

「なんでだよ!ケチ!」

「だって酒類取引のスキルが無いから」

「ああ・・・そうだった、
じゃあ石油でも飲んでおくか」


78

ロシアは寒いので即撤退。

ふん、もうこねーよヽ(#`Д´)ノ

79

途中、敵情視察として、
英国のマンチェスターにこっそりと潜入。

80

さすがは産業革命都市。
大きな高炉に火を入れ、
日夜軍備に励んでおります。

オスマン帝国にも、
こんな立派な高炉が欲しいものです。

81

しかし、労働者は過酷そうでした。

産業革命直後では、
低賃金、長時間労働、労災無し、
未成年の就労と、
とんでもない条件ばかりでした。
利益を得るのは資本家のみ。

もちろん英国内でも問題となり、
現代につながる各種労働法が制定されました。
しかし、労働者の不満のくすぶりは消えず、
後の社会主義への萌芽と繋がる様です。

近代化・効率化も、
良い面ばかりではございませんね。

82

ちょっと暗い話になったので、
気分を変えて南国へ。

カリブ海のサントドミンゴへ、
テキーラを飲みにやってまいりました(*^_^*)

83

テキーラよりも、
本当はワイラちゃんに会いたかったんです。


ノコリは善人でカルマも高いので、
死後は、こんな黒髪褐色少女天使であふれる、
素敵なハーレムに行ける予定です。
もう死後にしか期待できないのです。色々と。

84

ポルトガル人が勢いを増している!
これは断固阻止せねばいけませんね!

85

高速戦艦、アプレット出陣!

86

スウェーデンで建造された船なんですが、
設計に不備があったらしく、
耐波性に弱いという帆船らしからぬ欠点があります。
だがそこがいい。

87

全砲門開け!
撃ちーかたーはじめ!

88

負けてしもうた・・・何でや・・・
(※お金をケチって安い大砲を載せたから)

89

大砲なんか知らん!
男なら白兵で勝負や!
大安宅(おおあたけ)船出陣!


90

ふんすこ!ふんすこ!
押せ!押しきれ!

91


ふっ、また勝ってしまったか・・・
強すぎるのも困ったもの。
勝利の味は時として苦いものですな。

92


そんな強いノコリさんも、

黄色いニワトリの異名を持つ、
カンツォーネさんには勝てないのです。

賞金首ランクの上位にいる海賊さんですが、
色々とノコリを心配してくれる良い人。
お話できないまま、
課金が切れてしまい申し訳ございません。

93

そう、9月某日に課金が切れたのです。

課金を継続しようか迷ったのですが、
ネトゲはやっぱり大変なのと、
フレのほとんどが引退していたのが辛い所。

また海が恋しくなれば課金しようと思うのですが、
今夏の大航海時代はここまでにしようかと思います。

航海者の皆様には、
良い風が吹く事をお祈りしております。

では、今回の記事はこの辺にて。
長々とお付き合い頂き、
ありがとうございました(*^_^*)ノシ

最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: