2005年06月21日

ミュージックバトン

ばんびーの

突然ですが、ミュージックバトンなるものが廻ってきました。

はあなたの好きな音楽は? というお題であの人がいつもどんな音楽聞いてるんだろ?と思う人を5人指名して「みんなで広めよう音楽の輪」的なチェーンブログ企画。
企画はまぁアレですが、せっかくのご指名ですから

「のこのこさんっていつもどんな音楽聞いてるの?」

という素朴な質問に御答えしてみましょう。

のこのこブログ始まって以来の快挙、昼休みネタアップだ!!!

私は基本的に音楽はワールド系な人なんですわ。

★PC内音楽ファイルの容量
 

何ソレ。音楽はプレーヤーか生で聞けよ。

★今聴いてる曲

最近は今年のアフリカンフェスタのゲストでもあった、西アフリカを代表するかっちょええミュージシャン、セクバ・バンビーノを一番聞いてますね。CDはDickoさんにいただいちゃいました。先生ありがとー。

骨のあるパッション溢れ、且つ頑張り過ぎない心地よいサウンドとヴォーカルが、やっぱり西アフリカ音楽は世界最高だぜ!ク〜ッ。というキモチにさせてくれます。彼はザイール出身とのこと。ごめんなさい、さっきセネガルって書いちゃった。勘違いしてました。(汗)

★最後に買ったCD

う。 カセットしか買わないんですが。(アフリカにはCDなんざ売ってねぇぜ。)
いや、売ってるけど録音されてなかったり高かったりさ。

★よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

曲〜? アルバムじゃなくて?(汗)
そうねぇ・・・やっぱ曲じゃなくてアルバム紹介で。

ロクア・カンザ 「WapiYo」

このアルバムは本当に好き。
アフリカ音楽の中では飛びきり洗練された部類に入るんでしょうが、
この静かにささやくような歌声からアフリカの大地や風、雨がシトシト振っているさま、聖霊たちのささやきが聞こえてくきます。 優しい気分になれます。
同じロクアの「大地と密林の詩」もおすすめ。

サリフ・ケイタ 「モフー」

マリが生んだ世界のスーパースター、サリフケイタの名盤。
音楽好きな人なら誰でも「音楽のルーツ西アフリカ」の現代ポップスには興味あることでしょう。 つべこべ言わずに聞いてみなさい。 クオリティ高し。

アナ・カラン「おいしい水」

これ、一時期流行りましたね〜。私の好きなラテン系音楽の中でも飛びきり好きなボサノバのアルバムから聞きやすいものをピックアップ。
静かでしっとり、軽やかなのに心地よい重さでけだるい午後にやわらかな風を送りこむ癒しの一枚。

ババ・セーガル 「タンダタンダ・パニー」

今となっては古くなっちゃったかもしれないが、インドのラップ王、ババセーガルの代表的一枚、インドのラップはいいぞ〜。 クオリティー高くてアホになれる楽しくて個性的な音楽をお探しの方にオススメ。

ディック・リー 「シークレット・アイランド」

シンガポールが生んだスーパースター、ディックリーは「嫁さんになりたい!」と思うほど大好き。 数々のアルバムの中から個人的に一番好きなのは、一番地味だけど一番オシャレなこのアルバム。甘い歌声にとろけます。 ディックリーといえばエイジアメイジアやマッドチャイナマンしか思いつかないアナタ、こんなに素直に聞けるオトナでオシャレなアルバムもあるのですぞ。


★バトンを渡す5名(無許可)

友達を自由に5名指名ということで・・・

Dickoさん
やはりインタビューしたいのはアフリカ音楽といったらこの人ですよ。

いちろうさん
この方、世界中行ってるだけあって音楽もハナが利くかも・・・

トニーさん
アフリカ音楽ダイスキなこの人。この前のアフリカ旅で山程CDを仕入れてきたはずなので最近のオススメを知りたいのです。
お〜い、読んでるか!? コメント欄に書いてくれ〜。

Yokoちゃん
西アフリカの太鼓、ジャンベを日本で習っていて、先日マリ旅行から帰ってきたばかりのYokoちゃん。
いつもおしゃれで感度高い彼女は一体どんな音楽をきいているのか?

ぴおさん
のこのこイチオシの素敵キャラのぴおさん。 彼女ミステリアスですが、音楽のほうは、どうなの?


以上! noryさんからのバトンでした。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nokonokoblog/25912174
この記事へのトラックバック
りょそくんとあこちゃんからミュージカルバトンなるものがまわってきたのだが。
ミュージカル・バトンなるもの【Sonnenschein-blau + (サンシャイン・ブルー + )】at 2005年06月21日 15:23
イラストレーターの木綿子さんからバトン返しがありまして 恥バトン。 わー。なんだ?恥バトン? 注)※印は下に解説アリ。 ♪最近やってしまった恥ずかしい事 (※)先日行ったサルサバーで堂々と男子トイレに入った事。 ♪物心ついてから初
回覧板2【|||||NAVEL|||||】at 2005年06月26日 15:51
あづま川さん よりバトンを渡されたミュージカルバトンですが・・・あれよあれよ回りが書いてしまって・・・ジャケットをスキャンや撮影するのに手間取ってしまって・・・(^^;; そ
ミュージカルバトン【大人の「遊び」を楽しみましょう・・・eurasia-walk.blog】at 2005年06月28日 22:44
この記事へのコメント
おお!
昼アップありがとうございますー☆
んんん。
そんでもってやっぱり曲が全くわからない。。。
ワールドワイドだ。
(なんだか外国語を聞いてるようだ。)
Posted by nory at 2005年06月21日 15:24
ほんとー!全くわからなーい。
さすがのこちゃん!!
私もバトン渡されたんだった。やべーやべー。
Posted by ぴれぴな at 2005年06月21日 15:38
オレものこのこ姉にバトンしてたの気づいてた?
Posted by はむ at 2005年06月21日 19:26
これねーはじめのこ姉に渡したかったのね。
アフリカンやシブーイJAZZ系が出てくる事を期待して。
みかち嬢から回ってきた時「のこ姉に渡す!」と決めてたのだがnoryが姉にバトンを渡してたので「よっしゃ!ではnoryにお任せだー」とした。

>アナ・カラン 「おいしい水」

コレ、今度聴かせてくだされ。お願いしまーす。
Posted by シホ at 2005年06月21日 20:03
☆noryさん
>そんでもってやっぱり曲が全くわからない。。。

ん〜、ワタシもこの中で曲名なんざわかるものありませんわ。(笑)
曲名とかって興味なくてただ聞いてるだけなんで・・・(汗)
日本の歌でもそう。曲は知ってても題名と歌手名がわかんない。

日本語でも英語でもない歌って好きですね。歌詞とかわかんないほうが聴いてて楽じゃない?「アナタのナンチャラ〜♪」とか熱く歌い上げてるの聞いてるの、感情移入してめんどい。(何者だワタシ?)

☆ぴれぴなさん
ん〜、だからワタシも全くわかっておらず〜。(汗)
バトン渡されてもミスチルの○○とかドリカムの○○とか言えないからオタクが際立つばかりなのよ。 
日本ので去年借りて車で聞いてたのは中島美嘉の接吻とかがはいってるやつとエゴラッピン。カラオケで歌おうとすごい練習してばっちしだけど披露する機会一度しかなかった。(涙)
Posted by のこのこ at 2005年06月22日 09:01
☆はむさん

いえ、全く気がつかず・・・さっき見に行って確認。 

☆シホさん
もうここ数年全くアンテナ立ててないし、CD屋に行くことすらないから音楽を嗅ぎわける鼻ってばカラカラに乾いてるわけよ。
ほとんど「ワタシにとっては最強」を自負する仲間達からの情報だけが頼りです。
ワタシ、ワールド系・・・とくにアフロキューバとか、アフリカ、ラテンジャズが好き。

JAZZは演らなくなってから悲しくてほとんど聞いてません。サッチモ先生のほかはブラウニーや、ビルエヴァンス等50年代黄金時代のコンボが大好き。

アナ・カランもいいけどシホさんなら全部聞かせたいかんじ。 ワールド聞けば絶対勉強になるよ。リズムとか旋律とか「驚愕!」ってかんじ。
Posted by のこのこ at 2005年06月22日 09:07



☆みなさん
内輪ノリですんません。(ぺこり)
お昼にいきなり指名されてちょこっとコメントしようと思ったけど長くなるから記事にしました。
それといきなり指名させていただいた5人の方、びっくりさせてごめんなさいっ。
バトンはどうでもいいから、ぜひオススメ音楽おしえてください〜。

やっぱりワールド系がいいな。
アジアのポップスも好きよ〜。
あと日本の80年代前半の「パブロック」大好き!(たとえばホレ、ショーグンとか。←オタク・・・)
Posted by のこのこ at 2005年06月22日 09:11
セクバ・バンビーノのCDなんてあるのですかぁ?どこで手に入るのか知らん?それにしてもアフリカン・フェスの千円札熱唱は凄かったですねぇ。
あとで、一枚一枚の価値を知ったら、彼、卒倒しちゃったのでは?
ところで、セクバ・バンビーノやサリフ・ケイタって「砂漠のフェス」に出たのですか?

私が知ってるマイナーなところでは、リャモ・ドゥクパ(ブータン)なんてのもあります。
Posted by BiancoRosso at 2005年06月22日 13:46
☆BiancoRossoさん

ほんとあの千円札熱唱はすごかったですよね!

※解説します〜。バンビーノとは上の写真の人で、アフリカンフェスタのゲストで在日アフリカンも集合し、すんごい盛り上がったんですが、そのときおひねりでアフリカンたちがバンビーノに千円札をバンバン握らせたんですよ。 それが持ちきれない量でステージにヒラヒラと千円札が舞い・・・。

>「砂漠のフェス」に出たのですか?

えと、その件に関しましてはDickoさんのブログで・・・(ハハハハハ・大汗)

ブータン!ブータンの音楽ですか!!!! ん〜〜〜それって伝統音楽?それとも現代ブータンPOPS?(←すげぇ)
やたらに興味〜〜〜。 南アジア地域の音楽って東西のいいとこ取りで結構グッドなんですよね。しかもブータン・・・。やはり独自性があるのだろうか。案外日本の演歌に似てたりして。
Posted by のこのこ at 2005年06月22日 19:35
あ・バンビーノ買いたかったら上の「バンビーノ」をクリックすると、Dickoさんトコに飛ぶので、そのアルバムタイトルをクリックすればアマゾンにつながります〜。
Posted by のこのこ at 2005年06月22日 19:38
え、私がミステリアス?こんなミーハーなダジャレ魔人が?(笑)

で、音楽ですか。
んー、あんまり聴かないんですよ。BGM程度ですね。ミーハーだし(笑)。
日本人ならスガシカオ。洋モノなら、英語圏はスティング、伊語はズッケロ、仏語はテテ、オペラはドミンゴ、ファドはアマリア。
アジアなら、台湾の林強(まだ活動してるかな?)。大陸の唐朝の曲で、一曲ものすごく好きな曲があるけど、アルバムの他の曲を聞くとCDを割りたくなる。
アラブでは、シェブ・マミとカディーム・アル・サヒルかな。

数年前の暑い夏、少しは涼しい気分になるかとロシア民謡のCD買ったらむしろ暑苦しく(ロシア民謡は大好きだけど)それ以後、夏は夏らしくガムランかハワイアン。去年試した沖縄民謡は、深みにハマリそうで距離をおいてるところ。
そうそう、「コンドルは飛んで行く」を弱っているときに聴くと号泣します。
Posted by ぴお at 2005年06月23日 00:25
さすがのこのこさん、というラインナップ。
マリ、ボサノバ、インドのラップ…。
「シークレット・アイランド」というタイトル、素敵ですね。
「WapiYo」が気になりました。
個人的にはワールドミュージックのコンピレーション系が好きで、
洗練というか「料理」された感じのスマートっぽいのが好みといえば好み。
聴いてみたいところ。

今日初めてブログで「ライフログ」なるものをアップしてみたのですが、
これは要するに「レコメンド機能」なんですが、
キップ・ハンラハンなんかもかなり「太鼓系」でいいんですよね。
のこのこさん的にはちょっと「料理しすぎ」な感じに思えるのかなあ。どでしょ。
Posted by シノブ at 2005年06月23日 12:25
>それとも現代ブータンPOPS?(←すげぇ)
そう、POPSですよ!さすがに、リャモ・ドゥクパはアマゾンでは手に入らないでしょうねぇ(爆)

のこのこさんが、外人に日本の歌を聞かせるとしたら何を歌いますか?
私は演歌もJPOPも聴かないので、レパートリー少ないんですが、
イスタンブールで「幸せなら手をたたこう」歌ってって言われてビックリしましたです。
よく、そんな歌知ってるよなぁって感じでした。さすがは親日国!
Posted by BiancoRosso at 2005年06月23日 12:32
☆ぴおさん
おお!反応ありがとうございます♪

しかしさすがぴおさん。すごいインターナショナル。万国博覧会のようだ。
スティングは私も好き〜!
ファド、そういえばテープを1本持ってたはずだけど全然聞いてないな。アマリアって良い?

>アルバムの他の曲を聞くとCDを割りたくなる。
あるあるそういうの。(あはは)

>アラブでは、シェブ・マミとカディーム・アル・サヒル
うう〜気になる!どんなんだろ? コピーして送ってください。(笑)

>ロシア民謡
ぎゃはは。そうだよそりゃ絶対暑苦しいよ!
Posted by のこのこ at 2005年06月23日 17:06
>夏は夏らしくガムランかハワイアン。

いいですね!ガムランは学生時代にはまりました。とろ〜んとするね。
でも同じとろ〜んでもハワイアンは生きる気力が無くなっちゃうからダメ。とろけすぎ〜。

>沖縄民謡は、深みにハマリそうで

あぁ、たしかに。避けといたほうが無難かも。「沖縄病」になった友達いっぱいいるし。

しかしなぜ、「コンドルは飛んで行く」で号泣?

ミステリアス・・・。
Posted by のこのこ at 2005年06月23日 17:07
ん〜、ワールド系ってぜんぜんわかりません(汗
ぼくは音楽については超保守的なのかも。
英語と日本語の曲しか基本的に聴きません。
だって意味わからないんだもん。
イスラム圏を旅するのが好きなのでアメリカって国は嫌いだけど、
音楽はメイドインアメリカが好き。アメリカバンザイ!
ぎゃー、石投げないでー。
Posted by あづま川 at 2005年06月23日 21:06
旅も音楽も景色のように楽しむタイプなので特別これっていうのはなくて、ご期待に沿えるかどうかはわかりませんが、せっかく振っていただいたので・・

●「アルファ・ブロンディ」
マリの過酷な方の船で、モプティからトンブクトゥに1週間。同乗者がラジカセで大音量で繰返し聞いてた、フレンチ・アフリカン・レゲェ。毎日聴いてるうちに、くせに。西アフリカン・レゲエの大御所。パリでのライブCD「Live Au Zenith (Paris) 」がオススメ。

●「アナ・ビシ」
キプロス出身ギリシャ・ポップス界の女王。哀愁ただよう旋律とユーロビートのミスマッチが素晴らしい。声もこぶしがきいてます。

●「彩風(AYAKAZI)」
沖縄石垣島在住の女性ボーカルのポップス・バンド。ノビのある透き通る声が素晴らしい。
Posted by いちろう at 2005年06月23日 22:53
●「シサイ」
在日エクアドル人のネイティブ・アメリカンのフォルクローレ・グループ。
街角に出没する方々とはかなり違う。軽快なリズムより、哀愁漂いまくり。故郷をまぶたの裏に想いながら、奏でているのでしょう。胸が苦しくなります。どこからともなくコンドルの声が聞こえてきます。
おまけに細身で長身のボーカルは、かなりのイケメンです。ギターを奏でながら寄せる、眉間のしわがたまらない、そうです。
これを生ライブで聴けば、「コンドルは飛んでいくの涙」が、わかってもらえるかも。

Posted by いちろう at 2005年06月23日 22:55
◆(番外)FMで流れてくる、トンガリキッズの「B-dash」。
「ねぇ〜、ちょっとおかあさん」ていうフレーズと、「きのこのこのこ、きのこのこっと」ってのが、なぜか頭から離れなくて困ってます。
のこちゃん、テクノ好きなんだよね。YMOのビデオ山ほど抱えてる姿を目撃してる。であれば、無意味にはまってしまう可能性アリ。

更に詳しくは↓↓↓
http://novinovi.seesaa.net/article/4568031.html

以上です(責務を果たして一息です。。)
Posted by いちろう at 2005年06月23日 22:56
のこのこさん、スティングお好きなら、シェブ・マミもご存知では?コラボレーションの「Desert Rose」って曲、とてもいいですよ。
マミはアルジェリア人でライ系の歌手ですが、この曲はスティングのイメージする中東って感じで、マミの歌うアラビア語とスティングの「アラブ風の節回しをちょっと取り入れてみました」的な英語のメロディーが重なって、なかなかクール。
スティングの「Brand new day」というアルバムにも入ってますが、せっかくならマミのコラボレーション集「du Sud ou Nord」の方をオススメします。ズッケロとのコラボの曲は、トホホですが(^_^;)。
で、カディームはイラク人。「フスハーで歌うので、アラビア語学習者にオススメ」とNHKで紹介されてましたが、歌を聞いて判るようになるまで、何年かかると思ってんだよッ!

あとバグパイプも、弱ってるときはグッときますねぇ。号泣はしませんが。
Posted by ぴお at 2005年06月23日 23:26
失礼、カーズィムの方が原音に近いですね。アルファベット表記を見て書いたんですが、アラビア語的には、カーズィム・アッサーヒル、みたいです。
カディームじゃ古くなっちゃうし(笑)。そういう名前の人もいるけども。

ついでに歌う方も。
私はカラオケ魔人ですが(下手ですよ、言っときますけど)お調子者でもあるので、知りもしない言葉の歌を無理やり歌い「もはや歌ではない」と評判です(笑)。BOAの「VALENTI」韓国語バージョンとか、暑苦しい「バラ色の人生」フランス語版とか、「アセレヘ」スパングリッシュとか。
あと、ボンジョヴィの「Bad medicine」を絶叫したり、プレスリーの「この胸のときめきを」をねっとりと歌い上げたり、中島みゆきの「エレーン」をしみじみ暗〜く歌ったり(笑)。
ものすごく嫌がられるので、憎い人がいたら出張サービスしますよ〜(コラ)。
Posted by ぴお at 2005年06月24日 00:54
お勧めミュージシャンですか、、。

まずはユッスーンドゥ−ルです。『immigres』と『set』は超名作だと思います。
あとは、HABIB KOITEの『MUSO KO』。SALIFはどのCDも無難にいいですし、MORI KANTEとかADJYA SOMANOのCDは最近よく聞きます。

UKのCOLD PLAY,STING,キューバのOMAR SOSA,とかもお勧めです。
Posted by トニ− at 2005年06月25日 13:37
今日は私もミュージカルバトンの話題をブログに書きました。
まず、この企画、ダイジョブなのか?
あやしくないのか?って、回り始めたころしばし心配していたけど、とくに問題なさそう(ですね)。

いちろうさんのお書きになっていたB-dashは、この前、息子がCDレンタルしてきました。
トホホな音楽だけど、これもジェネレーションギャップ、武士の情けじゃと目をつぶって、
その割には歌詞カードを熟読しております。
Posted by 三谷眞紀 at 2005年06月25日 23:53
☆シノブさん

>さすがのこのこさん、という・・・

カラオケで歌う歌が中途半端に古い歌以外なく、ついインパクトの強い演歌の名曲をうなってしまう理由がお分かりいただけたでしょうか。(涙)

>「シークレット・アイランド」というタイトル、

タイトルもいいですが、音楽がステキです(はぁと)

>「WapiYo」が気になりました。

ぜひ聞いてください! CDのコピーの仕方を覚えなくては。(汗)一枚たった2分でできちゃうのね。この前はじめてやってびっくり!

>ワールドミュージックのコンピレーション系

コンピレーション?って何? ちょいとワールドテイストって感じ?

料理しすぎ・・・以前はとにかくシンプルで「原初」なものばかり聞いてたんですが、今はサウンド的に伝統音楽を下敷きにアーティストのセンスとオリジナリティあふれるクオリティ高いのがいいなと。 
Posted by のこのこ at 2005年06月26日 22:48
☆biancoさん

>POPSですよ!

う〜 聞いてみたい。
一体どんななの? なかなか良い? それともソレナリ? ダサダサ?

>のこのこさんが、外人に日本の歌を聞かせるとしたら何を歌いますか?

ワタシなら「ふるさと」ですね。
昔は何か歌って、といわれたら悩んでましたが、今なら悩まずこれだと思います。そういや君が代嫌いの輩が日本の国歌を「ふるさと」にしようという運動をしてましたっけ。 国歌にするには「うさぎ追いし」、ってのがイマイチピンとこないですが、(実際日本で野うさぎ見たことある人います?)君が代以外というならこれ以外無いという気はします。 本当に美しい歌ですよね。大好きです。

>イスタンブールで・・・

ほんと、親日国ですよね。日本のギャグとかもよくもまぁ、というほど知ってますよね。今ならバザールの奴ら、「ヒロシです」とか「残念っ!」とか言ってるのでしょうか。(笑)
Posted by のこのこ at 2005年06月26日 22:57
☆あづま川さん

>ぼくは音楽については超保守的なのかも。

いや、あづま川さんはのこのこ掲示板メンバーきってのマトモ人ですから。他にもないかと保守的かもしれせんな。

ちなみにワタシもかなり相当コンサバな女です。
ええ、とっても!はい、みなさんっ!そうなのよっ。(世間にアピール)

>英語と日本語の曲しか基本的に聴きません。だって意味わからないんだもん。

まぁ、ワタシの場合は英語じゃ意味わかりませんがね。
楽器やってたんでどうも歌詞よりもサウンドを聞いてしまうのですわ。
そして歌詞が耳に飛び込んでくる歌はいちいちココロに割り込んでくるから疲れる・・・。

>アメリカバンザイ!
ぎゃー、石投げないでー。

そんな野蛮なことはしませんが、あえてご希望ということですからトマトとか生たまごとか投げときましょうかね。
Posted by のこのこ at 2005年06月26日 23:03
☆いちろうさん

指名しておきながらレスがとんでもなく遅れてしまってごめんなさいっ!!!
ほんと、他のみなさんもごめんなさい。ここ一週間ほぼ生きた屍状態だったの。(ぺこり)

音楽ご紹介、ありがとう〜!

>旅も音楽も景色のように楽しむタイプ

あぁ、まさにいちろうワールドですね。 音楽のこういう楽しみ方はステキです。

●「アルファ・ブロンディ」
>西アフリカン・レゲエの大御所。

バマコでレゲエのライブを見たんですが、まったりしてましたわ。(かっくり)
本来アフリカンレゲエはすごいらしく・・・しかしCDを一枚も持ってないので、今度聞かせてくださいっ! そしてハードな船旅の話もまた語ってください。

Posted by のこのこ at 2005年06月26日 23:22
>●「アナ・ビシ」キプロス出身ギリシャ・ポップス界の女王。

あぁ、なんとなく想像つきます。ギリシャの演歌の哀愁とこぶし。・・・なかなかすごいよね。唸るよね。それにユーロビートミスマッチ? はずしてなくてかっこいいの?(謎だ・・・)

>●「彩風(AYAKAZI)」

あぁ、ブログで紹介されてましたね。 石垣島の風を感じたい。
は〜沖縄いきたいなぁ〜。

>●「シサイ」

哀愁漂いまくりなんですか。
フォルクローレは好みとしてはあまり・・・なのですが、すごそうですね。
ワタシでも泣けますか? お〜いぴおさ〜ん! いつか一緒に生聞きたいですね。

Posted by のこのこ at 2005年06月26日 23:24
>「ねぇ〜、ちょっとおかあさん」、「きのこのこのこ、きのこのこっと」

ちょっとお母さん、はわかりませんが、のこのこのテーマがアタマぐるぐる、ありがとうございます。(笑)
無意味にはまれるもの、大好きです! 脱力系で楽しくてオタクでクオリティ高いの大好き。


いや〜丁寧な執筆、ありがとうございました。
ぜひ今度お聞かせください。
Posted by のこのこ at 2005年06月26日 23:25
>シェブ・マミ
ん〜スティングとコラボかー。そりゃ聞きたい。しかもアルジェリア人。しかも・・・「なかなかクール」←この一言がいいですね。 おしっ!聞きたいっ。聞きたいっ! 

>カディームはイラク人。「フスハーで歌うので・・

ほう。フスハーで歌うのですか。そりゃ勉強になりそうだ。そしてカーズィムなのね。意味はなんだろ?
だけどコーランの暗唱のほうが早い気もしますね(笑)

しかしバグパイプもお好きとは。さすがに守備範囲が広いですね。

そしてカラオケ魔人だとは!!!! ぜ〜〜〜ったいカラオケなんて行かない人だと思ってた!!!

プレスリーの「この胸のときめきを」をねっとりと歌い上げるのをぜひお聞きしたいです。
中島みゆきの「エレーン」はお断りです。ええ。とってもキキタクナァ〜〜〜〜イ!!!(爆)
Posted by のこのこ at 2005年06月26日 23:47
☆トニーさん

ご指名見つけてくれて、ありがとう!

トニー君はユッスー、好きですね。 ええワタシもフツウに好きですが。 やっぱりハビブやサリフケイタのほうが好きだな。

>MORI KANTE

ん?これ、持ってたような・・・。あ〜どういうのだっけ。思い出せない〜。

>ADJYA SOMANOのCDは最近よく聞きます。

初耳! どんなのだろう?!?!興味興味。 どこの国のどんな音楽?

>キューバのOMAR SOSA

お! 出たぞキューバ。 キューバって音楽有名なわりに「キューバの音楽」って聴いたこと無いのよね。トニーさんオススメとあらば聴いて見なくては。
Posted by のこのこ at 2005年06月26日 23:53
>今日は私もミュージカルバトンの話題をブログに書きました。

ウソみたいに流行りましたね。しかもたった3日ぐらいで。
これがブログの楽しさだけど同時に怖さなのよね。 このブログも想像つかないほど多くの方に見ていただいてるらしく・・・すごく慎重になりますよ。
ブログつながりで友達もどんどん増えてますし。友達増えるのはうれしいことです。

>いちろうさんのお書きになっていたB-dashは・・・トホホな音楽だけど
その割には歌詞カードを熟読しております。

ねぇ、一体なんだろそれ?気になる。

関係ないけど奈良の騒音おばさんのフトンたたきながら「出て行っけ!出て行っけ!」ってやつもお客さんが携帯の着メロにしていて(!)きかせてもらったけどそのリズム感とラップなセンスに脱帽したわ。
Posted by のこのこ at 2005年06月27日 00:01
☆シホさん
トラバでお知らせ&ご指名ありがとう。
今度はバトン返し?!
まじかよ〜勘弁してよ、と思ったけど

テーマ「恥ずかしいこと」

・・・これ、面白いよね。(ワクワク☆)

のこのこの「恥の文化」はワールドワイドというか、終わってるというか、
とにかく一般的な日本人とは完全にズレてるらしいわよ。(汗)

このレス書くのに2時間かかったからちょっと旅行記も書けそうにない〜〜〜でも恥ネタを先に書いたらみえこさんが悲しむ〜(というか私自身が悲しい)あぁ〜葛藤じゃ。

恥ネタ・・・深くていいテーマだ。

Posted by のこのこ at 2005年06月27日 00:06
おっす。恥ネタですー。
楽しみにしておりやすー

といっても急がずに、旅行記優先で書けたら恥ネタ書いてくださいまし。

ええ、ええ、きっと平均的な日本人とは違う恥の価値観が出てくるのではなかろうか、と。笑
Posted by シホ at 2005年06月27日 20:28
アジャソマノはマリのミュージシャンです。結構マリで売れているようです。アミコイタみたいな声質です。

 OMAR SOSAのセンシアというアルバムがお勧めです。パーカッションとピアノが中心になった音楽です。

 是非聞いてみてください。
Posted by トニ− at 2005年06月29日 13:42
遅くなってゴメンなさい。
「本文の最大長を超えています」で、書き直しを数回・・・クッ!

「あなたの好きな音楽は」ですが、ずばりアフリカ音楽です。遡れば、ブラジル音楽←レゲエ←ハードロックですが、もう、アフリカ音楽しか聞かない。で、何を聞いているのか。「これはただ今ヘビーローテーション中!!」なんて書いていますが、それは一時の事。その一枚を朝から晩まで数週間繰り返して、耳タコで次に移ります。そんな集中⇒移り気な私が5年間、飽きずに車の中で聞いているのが、コートジボアールのマジックシステムです。はっきり言って、すっごく優れた音楽でも演奏でもないんですが、波長が合うというか。しかし、5年間は長い・・・そろそろ新譜が欲しい。

(削っても「最大長を超えている」らしいので、手っ取り早く分けます。)
Posted by Dicko at 2005年07月01日 01:25
自宅で聞いているのは、Abdoulaye DIABATEです。マジックシステム同様、日本で手に入りません。ゴメンなさい。

好きな音楽タイプですが、「楽しくって、幸せになれて、ぶりぶり踊ったりなんかして」他、「退廃的だけど超かっこいい」などです。同じミュージシャンを聞く時は「進化し続けていること」が条件。その意味で、大御所達は止まってしまった・・・と思う。

★よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
1.クイーンのライクアヘブン(?でしたっけ)理由;秘密
2.ボブ・マーレーの「ドントヲリ、アバウト ザ シング♪ エブリル シング、ゴナ ビ オーライ(曲名は覚えていません)お世話になりました。
3.サリフ・ケイタのアフリカ だいたいどのアフリカ賛歌も好きです。理由:アフリカに飛んでいけるから

なんて並べると、結構軽めになるのかなあ。って言うか、羽が欲しいのかもしれませんね。私の羽はまだまだ小さいのだ。
Posted by Dicko at 2005年07月01日 01:27
上のコメントで宛名が抜けてましたね。
ぴおさん、眞紀さん失礼しました。読んでるみなさま、わかりづらくてごめんなさい(ぺこり)

・・・ついエロネタコメントのほうに夢中になって遅れましたが、レスです!


☆トニーさん

>アジャソマノ

へぇぇ。マリのミュージシャン。それ、日本で買えるのかな?

>OMAR SOSAのセンシアというアルバムがお勧めです。パーカッションとピアノが中心になった音楽です。

おお。それ、よさげですね。アフリカ音楽でピアノ洗練したかんじかしら?!すごい気になる!!!!

トニーさん、私もやっとやっとCDコピーするのできるようになったんで、何年越しの約束今頃ですみませんが、CDコピーしたの送りますね。住所がわかりませんので連絡ください。
Posted by のこのこ at 2005年07月02日 09:25
☆シホさん

>ええ、ええ、きっと平均的な日本人とは違う恥の価値観が出てくるのではなかろうか、と。笑

いえね、「恥」・・・ちょっと考えていたんですが、思いつかんのよ。ほんと、周りから見たらすごい恥ずかしいことなんだろうけど本人平気だったりすることが多く・・・

でもかなりこう古風な「精神的恥の文化」は意識してるほうなんで、書き始めれば沸いて出てくるかも。ゆっくり書きます〜。

おすすめCD、送るね〜。 私の好みの音楽が、音楽族シホ&プロのミュージシャンの相方の耳にどう響くかすごく興味あるの。(ダセーとか思われたらどうしようっ。)

Posted by のこのこ at 2005年07月02日 09:32
☆Dickoさん

ありがとうございます〜〜〜!!!

>ずばりアフリカ音楽です。

やはり西ですか?

>ブラジル音楽←レゲエ←ハードロックですが

へぇぇぇ。なんかかっこいいですね。
ブラジル音楽・・・すごい気になるけど結局はほとんど聴いたことが無いかんじなんです。ボサノバとかは持ってるけど他がいろいろありすぎて未開拓・・・ ちょっとJAZZテイストのくーかっこいいぜ!ってのがあったらぜひおしえてくださいましっ!

>すっごく優れた音楽でも演奏でもないんですが、波長が合うというか。

ああ、なんかステキですね。音楽って恋愛なんかと似てるのですね。
そういや私も日本ではサニーデイサービスとか妙に好きだったりしますが、これも波長でしょうね。

Posted by のこのこ at 2005年07月02日 09:55
>楽しくって、幸せになれて、ぶりぶり踊ったりなんかして」他、「退廃的だけど超かっこいい」

あああ〜〜〜ソレソレ!!! 退廃的だけどかっこいい、ツボですね!!!

>大御所達は止まってしまった・・・と思う。

ええ。私も何枚か持ってますが、その感は否めず・・・でもやはり大御所好きだし人にはオススメですよね!

>理由;秘密
>お世話になりました。

いやん。ヒミツめいて・・・ムフ♪

>3.サリフ・ケイタのアフリカ だいたいどのアフリカ賛歌も好きです。理由:アフリカに飛んでいけるから

あああ〜〜〜私も好き!いいですよね。

>私の羽はまだまだ小さいのだ。

私の羽・・・Dickoさんのこういう感性が好きなんですよね。(このことばぷるぷるっときましたっ)
Posted by のこのこ at 2005年07月02日 09:55
☆eurasia-walk.blogさん

いや〜〜〜ごめんなさい、気がついてませんでした!!!
またあとで伺いますっ。

あ。お客さんがっ!!!仕事っ!仕事行ってくる!!!
Posted by のこのこ at 2005年07月02日 09:57
脱力ネタには登場しないつもりだったのですが、Dickoさんのリストにつられて出てきました。

クイーンならやっぱりボヘミアン・ラプソディー。
ボブ・マーレーの「エブリシング ゴナ ビ オーライ」は「No Woman No Cry」でしょう。
サリフ・ケイタなら何かな?モフーの「ヘレ」はいつまでも耳にこびりつくメロディです。

キューバの音楽も話題になりかけましたね。
その辺のおじさんとおばさん達でやっているバンドが結構聞けると思いました。
キューバで耳にこびりついたのはキューバ伝統の音楽「ソン」のチャンチャンという曲。
生の迫力はないけれどこんな感じです。

http://www.unita.it/audio/chanchan.mp3

>恥ネタを先に書いたらみえこさんが悲しむ
悲しまないから恥ネタ書きましょうね♪
Posted by みえこ at 2005年07月05日 09:43