2017年01月19日

コスト削減手法のトレンド

この正月に研修用の資料を作りながら感じたことがあります。
それは、コスト削減手法にもトレンドがあるな、ということです。

昭和の頃のコスト削減手法はどちらかというと加工費の削減に重みをおいています。
IEアプローチやOR、ECS、などの手法であり、どちらかというとコスト削減よりも出来高
の向上(工数削減、生産量増加)に力を注いでいるものです。外注コストに関しても
その流れを踏まえて加工費を中心にコスト目標を試算しサプライヤの生産性向上を
指導していく、という考え方が一般的でした。

何故ならそもそも製造業におけるサプライヤの活用は、基本内製からスタートし、生産
能力の不足から外注を活用するという位置づけから始まったからです。また、この時期
は、作れば売れる時代でしたので、出来高を上げて供給力を如何に増強していくか、
が重視されました。そのような時代背景もあって主要なサプライヤのコスト削減手法は
コスト分析によるコスト妥当性の評価やそれによる指導という手法だったのです。

これが経済の低成長期に入り、でてきたコスト削減手法のトレンドがソーシングです。
戦略ソーシングと言う言葉が使われるようになったのもこの頃からでした。ソーシング
とは、「安いところから買う」というコスト削減手法です。この手法の特徴は応用範囲が
広いことです。従来の外注加工だけでなく、広がってきた購入品や開発品(サプライヤ
に開発から委託)、購入材料、また2000年代に入ってからは所謂間接材である経費系
の買い物やサービスなどの調達購買でも活用できる手法でした。また、ソーシング手法
と合わせてサプライヤの切替えや集約を図ったり、購買計画に基づき集中購買を進め
ボリュームメリットを引出すことで大きな効果をもたらしたのです。

ところが、ソーシング手法も昨今は行き詰まりをみせています。様々な企業の調達
本部長と話をしていると皆さんが同じことをおっしゃられるのです。
最近の購買は「相見積や比較購買、入札ばかりであり、コスト査定の能力が落ちている」
と。またソーシング手法も同じ費用や品目で同じサプライヤを競い合わせることを何度も
繰り返せば限界が来ることは容易に想像できます。
(「調達購買改革の誤解」というレポートにもそういう内容を書いています。)

ソーシング手法の限界が見えてきた今、もしくはこの先、どのようなコスト削減手法が
求められるでしょう。私はイノベーションを伴ったコスト削減手法を活用する活動が、
次第に広がってくると期待も込めて考えています。

イノベーションは「安いところから買う」とか「(コスト妥当性を評価し交渉して)安くする」
というややゼロサムに近い世界から脱却し、無駄な買い物を抑制することにつながり
結果的に大きなコスト削減効果が出ると考えられます。従来は単価を下げることに
ばかりに集中していました。しかし、よく考えてみると1個10円のものを1円、2円などの
単位で単価削減をしても1個余計に無駄な買い物をすればこの単価削減が全くの無駄
になってしまうことが分かります。そもそも何が無駄な買い物で何が無駄な買い物では
ないか自体が見極められていない、のが現実ではないでしょうか。このように、今後は
何かのイノベーションを活用することでそもそもの購入量を削減するような方向にコスト
削減手法はシフトしていくでしょう。

例えばIoTの活用などはその最たるものでしょう。IoTは資産効率を高めたり、在庫最適
化に直結するイノベーションです。稼働率の管理が可能になり資産効率が高まれば、
過剰な設備など資産の購入が必要なくなります。同様に在庫の見える化、管理が可能
になれば無駄な在庫の購入が不要です。このようなIoTというイノベーション活用による
コスト削減事例のようなコスト削減手法はこれからのトレンドとなっていくでしょう。

間接材などは在庫管理という概念がありません。しかしこれは管理コストがかかるから
管理していないだけであり、イノベーションによって低コストで在庫管理が可能になれば
無駄な買い物を一気になくすことができます。これはモノだけでなく、サービスでも同じ
ようなコスト削減手法が可能となっていくでしょう。このようにイノベーションを活用し無駄
なサービス費用を削減する、という興味深いコスト削減手法活用事例を最後に紹介
します。

対象となるコストはゴルフ場の維持管理コストです。ゴルフをやられたことがある方なら
想像できるでしょうが、ゴルフ場の芝生等のメンテナンスはとても行き届いています。
同時に相当なコストがかかっているようです。私も趣味などでゴルフをやるのですが、
やはり手入れが行き届いているゴルフ場は気持ちいいですし、多くのゴルファーがゴルフ
というものはそういうものだと考えていることでしょう。

これは、ゴルフ場経営会社の調達部門にいた知人バイヤーから伺った話なのですが、
実はこの管理コストで大きなポーションをしめているのが肥料や水などの維持管理用
の資材費用と人件費なのだそうです。そして中でも無駄なコストと考えられるのは芝生
の状態は「ベテランの管理者がチェックをしないとわからない」ため、その人が芝生の
状態を見て回る時間(コスト)がたいへん多くかかってしまうことなのだそうです。また
その時間を節約するために、本来ならやらなくていい箇所にも肥料や水をやることに
なり、それは芝生にとっても良くないし、肥料コストの無駄につながるとのこと。

そしてこのバイヤーが考えついたのがドローンの活用です。ドローンにカメラを搭載し
芝生の状態のモニターを行い、状況に応じて芝生の維持管理を行ことで、先に上げた
無駄な費用を削減することを考えたのです。ドローンという新しいイノベーションをこの
ような分野で活用するといったアイディアはイノベーションを開発する側ではなかなか
思いつかないでしょう。

このように世の中のイノベーションを活用しコスト削減につなげていくような手法は
今後益々活用事例やアイディアはでてくることでしょう。しかし容易いことではありま
せん。従来のやり方に慣れたユーザーや社内関係者、開発担当者は新しいやり方を
好まないのが通常です。できれば今までと同じやり方をしたいという方が多いでしょう。

またIoTにしてもドローンにしてもイノベーションを開発する人たちは応用スキルも
持っていないことが少なくありません。イノベーションがどのような分野で活用でき、
それがどのような効果をもたらすか思いつかないのです。

バイヤーは社内関係者とイノベーション側ををつなぐ役割があります。この両者を
つなぐことができるバイヤーにならなければならないのです。それが次世代バイヤー
の姿です。そのためにはバイヤーはもっと新しい技術やイノベーション、世界に目を
向けなければならないのです。



nomachi0306 at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月05日

「調達購買改革の誤解」レポートアップしました

この20年間で日本企業の調達購買部門の重要性は確実に増してきています。
また今では当たり前になっているような調達購買改革はこの20年の間にかなり進展してきてます。

それは調達購買改革の第一ステージとも言えます。

この第一ステージはどちらかというと欧米型調達手法の横展開でした。
具体的には、欧米企業では当たり前になっているような効率化、集約化、集中化、 競争化などの取組みです。

結果的に現在多くの企業で調達購買部門は本部化し、一定の人員とポジションを占めるようになりました。また多くのバイヤーが専門家として育成され、プロフェッショナルバイヤーは確実に増えています。
また他の企業では調達購買部門がない企業が新しく調達購買部門を立上げ
企業収益への貢献等を達成していきました。

しかし、この数年段々とその状況が脅かされ始めました。
従来のようにやれば効果が出る改革手法に限界が来ており、
新しい調達購買改革の基軸が求められているからです。

ここでは新たな改革手法が求められています。
果たしてどのような改革の方向性なのでしょうか。

このレポートでは多くの日本企業が現段階で調達購買改革の舵取りを変えていく ための視座となるような基本的な考え方を述べています。

http://www.agile-associates.com/2016/12/vol25_2.html



nomachi0306 at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月27日

調達購買改革の新しい基軸

ここ数年、毎年末に翌年にかけての調達購買の動きについて書いてます。今年も
今回のメルマガで年内最終号となりますので来年以降の動きについて私の考えを
述べていきましょう。
 
ここ数年調達・購買分野に対する経営者からの期待やそれに対する調達・購買部門
の動向を一言で言うと「とても静かだった」です。リーマンショック後暫くは調達・購買
部門に対する期待は高まり部門の強化も積極的に進められました。それが一段落し、
静かな進化が続いているように感じます。別の言葉を使えば目立った進化がない、と
も言えるでしょう。しかしこういう時期だからこそ、今までの改革の延長線上ではない
新しい基軸の改革が進んでいます。特に一部の先進企業においてその傾向が出て
きているのです。

2017年の調達購買改革のキーワードは「行動指針」と「キーワード型改革からの脱却」
の2つを上げます。

昨年は「調達基盤の確立」というキーワードを上げました。その中で「調達購買部門の
本来の役割・目的は『サプライヤとの強固な信頼関係づくり』であり、『サプライチェーン
全体で競争力強化に貢献すること』である」と述べています。しかし企業毎にこの
「調達基盤の確立」の方向や方針は異なってくるでしょう。そこで重要な役割を果たす
のが「行動指針」です。

「行動指針」とは永劫的に共有する価値観や心構え、行動の指針となるもので、クレド
(信条)に近いもの。このようなクレド(信条)を作成することで部門長が考えている
「ぶれない芯」を多くの部員に対して伝えていくことが行動指針作成の目的です。

「行動指針」作成のポイントは3つあります。1点目は「シンプルで分かりやすい」こと。
行動指針というと耳障りがよい言葉をたくさん並べたくなりますが、分かりやすく伝え
やすいものとするためには「シンプルで分かりやすい」ものがいいでしょう。
2点目は「調達部門のコアミッションを提示」することです。調達購買部門の「コア
ミッション」は各企業によってちょっとずつ異なります。ある企業は「テクノロジー」に
フォーカスしTQCDの順番に優先順位を定義しています。つまり調達購買部門の仕事を
テクノロジー開拓と位置づけ、日々活動をしているのです。またある企業はサプライヤ
を単なる取引先として捉えるのではなく、パートナーとして捉え、真の意味で共存共栄
を図ることを目的と捉えています。
3点目は「部門長の思い」を伝えること。すぐれた行動指針は部門長自らの思いを
バイヤーに共通の価値観として伝え、その価値観を共有することができます。

ここでは、調達購買改革に力を入れて約10年程経つ企業の調達部門の行動指針を
例にとり説明してましょう。この企業は10数年前に調達部門を強化し組織化、人員増強
して集中購買を進めてきました。最初の数年間はコスト削減にフォーカスし、その後は
業務効率化と共に社内統制の強化を推進してきたのです。ところがここにきて社内関連
部門からはかなり評判が悪い部門となっていました。トップダウンで上から目線になって
いるとか、面倒なことばかり言ってくる、とか。
そこでこの企業はユーザー、サプライヤから声を吸い上げ、それを元に調達部門長を
中心に行動指針を作りました。行動指針策定の過程では部門長が中心となって各
グループマネジャーが喧々諤々と議論を行いながら進めていき、最終的にはとても
シンプルな「社内ユーザーへの貢献」を一義にすることが結論となったのです。
「社内ユーザーファースト」の視点です。そしてこの行動指針を共通の価値観として
部門全員に動機づけを進めていきました。

このようにその企業の置かれた状況や事業環境、歴史的な背景など、によって調達購買
部門に求められる価値観は異なります。これらを理解した上で行動指針に落とし込み
業務推進していくことが今後多くの企業に求められていくでしょう。

もう一つの調達購買改革キーワードは「キーワード型改革からの脱却」です。

この10数年間調達購買改革は「キーワード型改革」が主体でした。例えば「『集中購買』
推進で『サプライヤを半減』しXX億円の『コスト削減』」」とか、「『マルチソース』で『リスク
マネジメント、BCPを推進』」などなど。

シンプルなキーワードによる改革推進は改革初期段階では強力な推進力につながり
ます。そのため必ずしも悪いことではありません。しかし多くの企業では、ある程度
調達購買改革が進んでいるために、キーワード型改革はリスクや弊害につながり
やすいです。以下のような調達購買改革がその代表的なものになります。

1.「集中購買」で「サプライヤ集約」して「コスト削減」を実現する
2.「サプライヤ評価」をやれば「サプライヤマネジメント」ができる
3.「複数社発注」で「リスクマネジメント」を実現する
4.「部品集約」で「コスト削減」を実現する
5.「競争化」で「コスト削減」を実現する

これらのキーワードは良く考えてみると必ずしも等式では結びつきません。優秀な調達
購買担当者や改革推進者は理解しています。これらのキーワードが一人歩きすること
で手段が目的化してしまうことも少なくありません。

キーワード型改革から脱却する上で重要なポイントは品目を層別して捉えるということ
です。品目を層別しその品目にあった改革手法やコスト削減手法を検討していくことが
重要となります。品目の層別化に基づきバイヤーが購買品目の供給市場やその他の
特徴を分析し、品目の特徴に合わせてコスト削減や他の施策につなげていくことが
求められるのです。

「キーワード型改革からの脱却」は1つ目のキーワードの「行動指針」にもつながります。

「行動指針」は業種、企業毎に異なった環境下で何を重視しゴールとして調達購買活動
を進めていくかというものです。一方で「キーワード型改革からの脱却」は調達購買品目
毎にその品目を取り巻く環境や特徴を理解・分析した上で、品目別戦略を決めていくこと
を求めます。

このように考えるとこれらのキーワードに共通する考え方は「層別化」「重点志向」です。

「層別化」「重点志向」は自社や自分が担当している品目についてその環境や市場、
技術などの状況を理解・分析し、それにあった戦略を作成し、施策に落とし込んで実行
していくこと。「行動指針」により共通の価値観を醸成することは個々のバイヤーに対する
エンパワーメント(権限移譲)を可能にします。また、戦略策定や意思決定のレベルアップ
やそれを達成するためのバイヤー個々の能力を高めることにつながるのです。
私はこれを「考えられる組織作り」と呼んでいます。そのためには、「行動指針」だけでなく
自律型人材の育成がその要件となってくるでしょう。

「行動指針」と「キーワード型改革からの脱却」。この2つのキーワードの前提は「調達・
購買部門が果たすべき価値観やゴールの多様性」が企業毎、品目毎に異なっている、
ということです。

これは考えてみれば当たり前な話でしょう。

今までの調達購買改革は乱暴な言い方をすれば、「何をやっても効果が出ました。」
つまり第一ステージの改革です。そのためにはシンプルなキーワードを使うことで改革
プロジェクトの推進力を高めることができました。しかし第二ステージの調達購買改革は
新しい基軸が求められます。この段階では企業や調達購買担当者は「層別化」「重点化」
の考え方で自律的に改革を進めていくことが求められるのです。

そして2017年は調達購買改革が新しい基軸へ移行する新たなスタートの年となるでしょう。

それでは皆様良いお年をお迎えください。



nomachi0306 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月14日

買い物はそんなに面倒なのか

先週アマゾンの2つの新サービスが発表されて話題になりました。
1つは Dash Buttonでもう1つはAMAZON GO。
サービスの内容や技術についてここで説明する必要はないでしょうが、どちらも
今までにない画期的なものです。

Dash Buttonは家庭での日用品の補充のためにDash Buttonを使ってワンプッシュ
で注文ができる、という仕組みになります。常備品のインターネット通販の究極的な
やり方かもしれません。確かに水や洗剤、(私の場合は)シリアルなどは毎日購入
するものではありませんが、欠品すると不便なものです。まとめ買いもできますが、
運搬の手間や在庫スペースを考えると必要な時に必要なだけ注文できるのはとても
便利なもの。また必要な時に簡単に注文できる仕組みとして考えられたワンクリック
ならずワンプッシュというのも良く考えられたものです。

AMAZON GOはAI(人工知能)の技術と多くのセンサーやカメラを使ってお客さんが
どの商品を何個ピックアップしたのかを認識し登録されたクレジットカードから決済
を行うことで顧客がレジに並んだりお金を払ったり、の手間を省きます。来春にも
コンビニ規模の試験店舗をシアトルに開店するとのことです。

買い物客であるショッパーの気持ちや動きをしっかりと理解したうえで、店舗やネット
で商品を買ってもらうための適切な仕掛けを行うことをショッパー・マーケティングと
いいますが、米国のショッパー・マーケティグの第一人者であるハーブ・ソレンセンと
いう方が著書「Inside the Mind of the Shopper」(日本語書:「買う」と決める瞬間)
の中でこういうことをおっしゃっています。

「1回の買い物における最も一般的な購入品数は1品であった。」「買い物客の半数
の購入商品点数は5個以下であり、まとめ買いの買い物客は意外と少ない。」「来店客
が買い物にかける時間のおよそ80%は売り場から売り場での移動の時間である。」

これは米国のあるスーパーでの検証によって得られた事実です。これらの事実から
考えると今回のAMAZONの2つのサービスは顧客にとってとても価値があるものに
なります。

これは店舗だけではありません。ネット上のカタログからの購買もカタログ検索をする
のは意外と面倒です。特にいつも購入している消耗品や日用品の在庫補充について
はこれまでは購入履歴やお気に入り機能を使っていましたが、ログインしてマイページ
にアクセスし、購入履歴を確認してなど、割と面倒なもの。これに対しボタンをワン
プッシュすれば自動的にモノが届くというのは極めて便利なやり方です。

また日頃スーパーとコンビニが隣接していても何か購入するときに安いからという理由
でスーパーに入ったもののレジに列ができている様子を見て諦めてコンビニに入り直す
という経験は誰もがしているでしょうし、AMAZON GOも忙しい人にとってはかなり便利
なサービスでしょう。

この2つのサービスから感じることは「買い物はそんなに面倒なものなのか?」ということ。
特に個人の買い物にも関わらず、、

今までは個人の買い物はどちらかというと楽しみと考えられてきました。
日々の日用品の買い物にしても毎朝チラシを見てどこのお店に買いに行けばよいか
決めたり、店に行って本日のお買い得品が何かによってその日の献立を決めたり、
このようなことは労力を伴うものの、こういう上手な買いモノを楽しみながらやっている、
という気持ちもあったのではないでしょうか。

しかし最近は(私もどちらかというとこちらだが)そういう日頃の買い物にかかる手間が
面倒だと感じる人も多くなってきているようです。買い物をサポートしたり、楽に買い物
できるような仕組みに対するニーズは益々顕在化してきています。

一方で仕事で企業の買い物をすることについて考えてみましょう。
以前ある企業で開発・設計部門の方にアンケート調査をしたことがあります。その企業
では設計者が開発上流の段階で重要な部品のサプライヤを実質的に決めていたの
ですが、そのプロセスに無駄を感じているというアンケート結果が出ていました。
具体的には設計者のワークロード全体の約10%の工数が業者交渉・見積に費やされて
おり、理想的にはこの業務は開発部門の本来業務ではないので調達購買部門に任せ、
その空いた時間を構想設計に振り向けたいという内容です。またサプライヤに関する
情報が共有されていない新人だとどのサプライヤに声をかければいいか分からず、
「工数がかかる」という指摘もありました。

このように仕事として企業の買い物をすることに抵抗を感じる人も多いでしょう。人に
よっては値引き交渉を行ったりすることが恥ずかしいと感じる人もいます。特に仕事と
して企業の買い物をする(調達購買の仕事)ことは、ここに上げる条件を網羅しなければ
なりません。

・ルール通りに買わなければならない
・買わなければならない(買えないではすまされない)
・交渉をしなければならない
・買うものに詳しくなければならない

こういう条件を考えると買い物は面倒なことなのでしょう。今後AMAZONの2つのサービス
のように買いものを効率的に行うことを支援するサービスや楽に買いものできるニーズは
益々顕在化していくと考えられます。

これは何も個人の買い物にだけではなく仕事として企業の買い物でも同様のことが言える
でしょう。アマゾンライクやGoogleライクなシンプルなGUIや検索技術、リコメンド機能、在庫
補充品のワンクリック購買等、調達購買業務の効率化につながる新しい技術やサービスが
生まれ一層発展していくことが近い将来に予測されます。



nomachi0306 at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)