2016年05月04日

NOMAMISEが海を渡ります!

NOMAのNOです

GWも後半、皆さんいかがお過ごしでしょうか
私たちはGW直前に小豆島ミニトリップを終え、
GWは自宅で音楽や映画を楽しみながらも
NOは、次回作品のヒントを探り
MAは締切に追われて、セッセと手を動かしています。

川西阪急でのイベント以来、このブログもすっかりご無沙汰でしたが
秘密裏に次のプロジェクトが進行していました。(笑)

実は、5月7日から、なんとイタリア・ナポリ
NOMAMISEが開催されることになりました。

7-22/5/2016 
Opere di Hiroshi Matsumoto, Natsuo Ikegami, Mayumi Nose, Hisami Tuji, Kkjk,
Sayaka Oishi, Shigeki Minami, Ayako Nakata, Chiaki Mizuno, Gin Ei, Nobuyuki Nose.

NOMAMISE作家でもある画家の松本夫妻と取引のある
ギャラリー Il ramo d’oroのオーナー・ヴィンセントさんが
前々から、FBを通してNOMAに興味を持ってくださっており
ぜひナポリでNOMAMISEを開こうと、誘っていただいたのです。

Vincenzo Montella_IL RAMO DORO_1











ev1060(1)-ori












・・・とはいえ、
英語もままならないのに、
果たしてイタリアとコミュニケーションが取れるのか?

大まかな意思疎通はできるけど、細かいニュアンスが
お互い掴めない、一度は諦めかけていた時期もあったのですが
ラッキーなことに、NOMAMISE作家のサルディーニャ大使 nanalightさんが
イタリア語を猛勉強中ということで、こちらの思いを翻訳してくれた
おかげで、なんとか開催にこぎ着けることができました。

イタリアでNOMAMISEなんて
みんなジョークだと思ってる人もいるかと思いますが
本当に、本当です。

参加作家さんの作品も、無事ナポリに到着し
展覧会の準備も万全との連絡がヴィンセントさんからありました。

イタリアの皆さんに、どう感じてもらえるのか
今からホント楽しみです。


日本の皆さんには、見て頂くことはできませんが
FBを通じて、現地の様子はうかがうことができそうです。
宜しければ、ぜひこちらもチェックしてみてください

NOMAMISE in Napoli イベントページ

ギャラリー Il ramo d’oroのFBページ

感想等々、お気軽に書き込みしてくださいね
(ただし、英語でお願いします)

こちらは、展覧会の電子カタログです

ぜひ、覗いてみてください!



 

nomaproj at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月25日

2016 春のNOMAMISEは川西阪急!

NOMAのMAです。

今年最初の春のNOMAMISEはなんと
NOMAを飛び出し、地元川西阪急での開催です!
20組の参加作家さんのバラエティに富んだ作品たちが
川西阪急1階のイベントスペース ザ・シーズンと
1階アステ川西に面したショーウインドウを彩ります 

NOMAMISEイメージ











期間中は参加作家のみなさんも交代で
店頭でに立って頂く予定です
いつもNOMAMISEにお越し頂いているお客さまも
初めてのお客さまもぜひ遊びにいらしてください 

■参加作家■
 
kkjk / hei / チプラスタジオ / 岡野香 / 尾崎たえこ /
kamomepark / 守ン児 / COZYFACTORY / niwatoco /
南繁樹 / まえだふみこ / こまつか苗 / mizu /
てまねき羊 / pe'tale / 辻寿見 / nanalight /
よしみ工房 / 田中智子 /
能勢ノブユキ / 能勢マユミ /

NOMAMISE@川西阪急
阪急川西能勢口駅と連絡通路で直結しています
2016年3月30日(水)〜4月5日(火)
10:00〜20:00


 

nomaproj at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) NOMAのMA 

2016年02月29日

すべての「問い」と「答え」おまけ

NOMAのNOです

4回に渡ってお届けしてきた「問い」と「答え」
楽しんで頂けましたでしょうか?

実は、これまでご紹介してきた16人に加えて
私NOも「問い」を出させてもらっていました。


《問い》 能勢ノブユキ:NOMA主宰・映像ディレクター
あなたが望む自由とはなんですか?

《答え》
・不自由がないと成立しないもの
・今も結構自由な気がしますが、好きな時に仕事をして好きなときに休んで旅行行けたらなぁ
・今もだいたい自由ですね
・自然の中でただたたずむこと
・ほんまの自由は成仏した時、得られると思っております。
・今、自由だと思っているけど、そう言われたらほんとに自由なんだろうか。
 自由過ぎたら寂しいかも完全なる自由、ノットイコール幸せかもね。
・お金の心配をしないでいられると言う前提である自由。
・自分らしく思い通りの人生を生きること。
・「自らに由る」という格好良い言葉だと思いますが、自由からの脱走もまた考えさせられる
・今まで自由でないと感じたことがないので、自由を望んだことがありません。
・映画イージーライダーをご覧ください。自由なんて事は考えずに。
・自由でありたいと願っていますが、自由でないと感じることも多いです。
 解放することが自由かな。
・誰にも、自分自身にも支配されないこと。
・イマジンの歌詞の世界でしょうか。
・死かもしれません。不自由があった方が行きやすい気がします。
・好きなことをやっていると周りの人が幸せになるそんなサイクル。
・なりたくて、なりたくて、なれないもの。 


前にもこのブログで、書いたかも知れませんが
私自身、いろんな答えをもらって、長年モヤモヤとしていたものが
パッと晴れたような気がしています。

自由というのは、自分の心の問題
どんな状況に置かれても、感じることができるものなんですね。

この展覧会を開催した自分が、一番救われたような気がしています(笑)
皆さんは、いかがだったでしょうか。
2016年を送るにあたって、何かヒントらしきものが
ありましたでしょうか・・・

新春企画とか、何とか言ってたものの
早いもので、今日でもう2月も終わり
今更ですが、
2016年が皆さんにとって素晴らしい年になりますように!

お付き合い、ありがとうございました。


nomaproj at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月28日

すべての「問い」と「答え」④

《問い》畑中ふう:ナレーター
テレビ番組の、それもバラエティー番組のナレーションはどうですか?

《答え》
・番組にナレーションがあるのでいいなと思うのは旅番組。
 町歩き風なタレントとかが出てくるのではなくて、バラエティーではあまり意識
 することができないので、自然に入ってきているのだと思います。
・テロップ字幕の方がやだ。
・ナレーションと字幕の両方は要らない。ナレーションのほうがいい。
 ちょっと聞き取りにくい方が聞こうとする。
・NHKの超絶すご技。千原ジュニアが出ている町工場の技術を競わせる番組。
 ナレーションが大げさすぎて、逆にすご技に思えなくなる。普通でいいと思います。
・面白いと思って見ているバラエティーのナレーションは、そもそも覚えていない。
 面白くない番組のナレーションほど、しっかり端について覚えている。
・制作側の「こう見て欲しい」に誘導するようなナレーションで鬱陶しい、
 やかましい、大げさすぎる、そんな受けてないし。
・大げさなナレーションは嫌です。わざとらしいのもちょっと…
 ナレーションは、さらっとしてほしいです。
・ナレーションだけでなく、声優もやけど、不自然なステレオタイプで気持ち悪い。
・ナレーションがひつこい! と見ているときに感じたものほど、
 頭にこびりついて後には心地よくなる。
・ナレーションは、そう、とても重要な要素だと思う。
 心地よさは声の質。味わいは間。理解は、文の内容・わかりやすさ。
 感動は、映像を殺さない、邪魔をしない、でも気持ちのこもった語りで、
 もたらされると思います。
・気になるのは「すべらない話」のナレーション!声や語り口に引き込まれる。
・特に気になれない。気にならずに番組に没頭できる、させるのが仕事。 


《問い》平木奈々子:すみこ袋作家
人生の中で、繰り返し読んでいる本はありますか?
それは、どんな本ですか?

《答え》
・「昆虫おもしろブック」松本零士の挿絵が素晴らしい。
・細雪(谷崎潤一郎)
 10代、20代、30代の時読んだ。その時々で好みの女性が変わっていった。
・寄生獣
・ザ・ローンチ
・コミック「戦国」のシリーズ
・古い漫画。「うる星やつら」とか。主人公たちより、ずいぶん大人になったけど、
 読むと無敵の子供に戻れます。
・サマセットモーム
 エドワード・バーナードの転落(短編太平洋より)
・ミレニアム
・成田美名子さんの「ナチュラル」かなぁ
・たまにしか読み返しませんが、北斗の拳 愛に満ちています♡
・10代の頃初めて買ったファッション雑誌。
 絵本、漫画、アイドル誌になかった「私もいつか参加できそう」感に、
 隅々までページ覚えるまでむさぼり読み、服飾方面に進むきっかけになった。
 今読み返したときに、そのデザインの古さ、当時ワクワクしながら見つめていた
 自分を思い出す。ちなみに本の種類は、型紙付きの頃の装苑、創刊当時のcutie。
・あしながおじさん
・「風と共に去りぬ」すぐに映画化された本なので、映画の方が有名な感があるけど
 本で読むのに値する。
・「うしおととら」
・「ムーンパレス」ポールオースター著
 だんだんと他人とは思えなくなってきた。全てがめぐりめぐってゼロになり、
 砂浜で満月を見上げて始まるのだ。
・つげ善治氏の諸作品、萩尾望都氏のものも
・とってもべたかな? 星の王子様です。好きです
・工藤美代子「マルチニーク熱帯気候」
 ほぼマルチニークの気候の悪口をひたすらくり返しているだけのだめだめ本ですが、
 なぜ僕はこれを10回ぐらい読んでしまうのでしょう?教えて!
・メメントモリ 死を想え
・DAYTONA(雑誌)
 50's、ミッドセンチュリーのかっこいい部屋のページ(わずか3ページ) 


《問い》升田学:アーティスト
あなたにとっての「絵空事」を教えてください

《答え》
・明日があること
・おしゃれな毎日ばかり移し込まれるInstagram、その写ってない部分が想像をかきたてる。
・音楽を奏でる人になること。
 音楽を聴いているときはいつも頭の中でミュージシャンになっている。
 エアギターを脳内でやってる感じ。でも自分で今更音楽を作ろうとは思いません。
 て言うのも含めて、音楽を奏でる事は自分にとっての絵空事だと。
・クジラに乗って空を飛ぶ!
・誰にでも好かれる人間になること
・嘘をついた事のない関係
・世界平和。でもあきらめへんで!
・偽政者の示す社会像(安倍はペテン師!)
・すごく精神の強い自分
・平和
・他人のは見えるけど、自分のは見えないもの。自分にとっては夢や希望。
・死んじゃうと思ってることだろう。僕死なないし、自覚もできないと言う意味です
・幻想にどっぷりつかって、冷めない夢を見続けている。
 宝塚の街の民、100年の夢から覚めたときに見えるものは!?
・絵空事。一瞬巨人になって大股で海を越えて好きな場所へ行く。
 全ての人が世界中の人がみんな笑顔でいる生活。
・ライブを見ているときの自分とステージの空間。日常と違う異世界。
・生きること、だから面白い。 


《問い》三原美奈子:パッケージデザイナー
今年諦めたい事はなんですか?

《答え》
・はじ
・ダイエット
・平穏で淡々とした生活
・準備100%でのスタート
・最高がダメなら、最低でいいじゃない!
・ない。
・あきらめないといけないことが多すぎて、その選択を諦められない
・何一つあきらめません!命ある限り!
・今年は新しく自分を変えたいので何も諦めたくない!
・もう諦めすぎて、あきらめること残ってない
・睡眠時間を削ってでも頑張ること。もう無理。
・悔いなく精一杯やって、それでも本当に到達できなければ、潔く他の道を選択すれば良!
・借金完済
・今年は仕事でお金を稼ぐ事は諦めます。そう決めると気分が軽く自由になれました。
 でもお金がなくなるので節約しなきゃ!
・今年諦めたいこと?そういったことを考えること
・「恐れること」を諦めたいです
・怖がるのは諦めよう。
・ほっといてもどうにかなると全てに対して思うこと。
 何か1つでも自分が挑戦したいことを見つけて成し遂げたい。
・勉強になりました。無理なこと全てやあきらめます。
・あきらめると言う事は冷徹な現状認識をするということ。
 なかなか諦められないと言うのは、その答えを出す必要のないモラトリアムを
 楽しんでいると言うこと、それが心地よいのですよ。
・トムハーディーと結婚する夢は、そろそろ諦めるべきでしょうか???
・先に理由を考えること。
・他者に何かを求めること


nomaproj at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月27日

すべての「問い」と「答え」③

《問い》谷田光晴:映像作家・演出家
個性ってなんだろう?

《答え》
・無人島に住んでいない限りつきまとうもの。かな?
・「個」の集まりが「他」ですよね。
・個性とはトビウオ。船に乗っていると、会場に飛びウオが飛んで見えます。
 飛びウオはとても目立った存在です。でも海の中にはもっともっといろんな魚がいます。
 でも船上からはトビウオしか見えません。個性ってそういう感じ。
・ありのままがんばらないこと。平凡でも平凡が個性。
・その人そのもの
・「哲学で自分をつくる会) 19人の哲学者の方法と言う本をお読みください。
 すっきり理解できるはず。
・ありのままの自分を生きていること。誰かじゃなくて自分
・逃れられない呪縛でもあり、すごくいとおしいものでもある。
 上手に付き合って行きたいもの。
・距離・天秤に乗っけたときの軽い方
・多様性
・重要なこと。自分は個性の強い人に惹かれる、個性豊かな人になりたい。
・HとかOとかCとか。すでに個性だらけ。でもホントは個性なんかないのかもしれない。
・昔は「他と違うこと」思ってたけど、そうじゃなくていろんなことを選んできて、
 たまった答えは集めたものと考えるようになった。
・自分の性分、他人から見える自分、自分が思う自分、どちらも個性と言えるかな。
・クローンじゃない限り、クローンであってもみんな違う。
・生きてきた証、履歴。
・厄介なオプションです。
・結局社会的な役割なんでしょうね。はぐれにははぐれの役割がある。全うしましょう!
 

《問い》TeN:シンガーソングライター・歌手
物質的世界から精神的世界にシフトしつつある、私たちの2032年の未来は
どうなっているのか?

《答え》
・第三次世界大戦が起きてそれが終わって00年後…
 みたいなのが2032年なのかなあってネガティブに考えてしまうことがある…。
 そんなのは嫌だなぁ。
・世界がひょっとして1つにならないか?
・九州に移住して黒犬を飼っている。予定
・争い事のない世界
・食べ物がない!
・2032年もしかしたら私と言う人格(精神)は、思考パターンそのものが
 プログラム化され、私と言う肉体物質がなくなっても、私の精神と言うコンセプトは、
 サイバー世界の中で永遠に生きているかも知れませんね。
・太古の暮らしに戻っていく
・人同士が直接触れ合うことがめっちゃ貴重になっている
 (会ったことないけどネット上でコミニケーションが取れるから、結婚するとか)
・16年後?明日の事だってわからねぇ!数時間後の事でさえ。
・現在ある「職業」の90%は、コンピューターにとって替わられ、
 人間の職業としては消滅し、新たな職業が生まれる。
・戦争がない世界になっているといいなぁ
・パラダイムシフトをしている。コンピューターとの新しい関係になっていて、
 真実を知る人間は1人もいない。でも人間は幸せ。
・「ニューロマンサー」ウィリアムギブスン著。
 電極だ、サイバースペースだ、でも根底には寂しさがあるのだ
・砂漠
・結局ゼロに戻り、どうでも良いという空になっている
・世界は変わらないよ多分。部室も精神もずっと同じようなもんだよ。
・あと16年後にそんなに大きく世の中変わってると思うと…
 ついていけないと言う恐怖を感じる。今までも流れてきたわけで、
 何とかなってるのかな。精神的になるなら平和な水40世界に蔓延していきますように。 


《問い》デカルコ・マリイ:身体表現者
ここは何処? 私は誰?

《答え》
・我考える故に我ありといったところでしょうか。
・ここはベルサイユ宮殿で、君はマリーアントワネットだよー。
・ここは地球で、私は私!
・やかましいわ!あなたはそこにいる、あなたである。
・ここは大阪、私は46歳の女。
・ここは日本、俺は俺!
・ここは頂上、私は岩。
・ここは異空間、私は嘘で固めた自分。
・私の足の下が世界の中心のはずなんだけど、質問は頭の上にあるので微妙。
・難しい。質問の意味をうまく理解できない。
・ジャックケルアックだね。どこかの路上、どこかの誰か。
・ここはNOMA、私は私は。
・何物でもない。


《問い》永田勇:会社員
なぜ、人は人を殺すのか? なぜ、殺してはいけないのか?
本当に、殺してはいけないのか?

《答え》
・俺は人間は切らない。生きるということに意味があるから。
・「呪い」がついて、後の人生を幸せにまともに生きることができなくなるから。
・ホモサピエンスは、他の方も足を殺して生き延びてきました。
 根源にあるのでしょう。ホモサビ同士の社会で不利なら殺さないのです。
・①普通は殺さない
 ②いけないかどうかわからないが、遺伝子で殺さないように普通はなっている。
 ③殺して良い
・江戸時代の武士は殺してよかった。時代が変われば変わるかも。
・正直わからないです。地球的に人間が増えすぎな気がするので人数調整?
 全然うれしくないけど。
・動物に学ぼう。
・「いけない」と言うのは、単に社会的規範であって、結果として殺し殺される
 現実界を変えられるものでは無い。でも殺されたくはないなぁ。
・いけないことなんて何もない。決める事があなたにとって全て。
・種を残すために殺すことが、良しとはしないと思うけど、種の存続のために
 害になるのであれば(連続殺人や大量殺人をする人など)悪とは言い切れないと思う。
・1日1回ぐらいは「死ねばいいのに!」と思ったりしています。
・人類の起源からのDNA。自分が生きるために他者を減らす行為。
 現代で言えば勝手な理由付けの戦争。
・大義名分さえあれば人は人を殺して良いんですよ♪
・シチュエーションによっては、人を殺せる人が英雄になる。
・社会的にいけないとはわかっているけど、殺されても殺してやる位の事って
 まれに起こるから、ダメだと思わない。無差別な争いとは別枠で。
・殺してはいけない事は無いけど、殺しても良いと言うことがわかれば、人は人を殺さない。
・自分が痛さや怖さを想像できない…それで10分「しちゃいけない」ことだと思います。
 ニュースを見て「さっさと死刑にすればいいのにとは、よく思うけど。
・殺してもいい世界になってもダメな世界でも、自分の中の罪の意識とかの
 葛藤になるのではないでしょうか? 


nomaproj at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)