2018年04月21日

徳島だより 〜よそ者からの脱皮

NOMAのNOです

今日は、ほんとに暑かった。
昼間はTシャツと短パン姿でママちゃりを操り
はなはるまつり会場へ。

30742930_1987773911294586_5084296802270707712_n




















地元の屋台グルメに舌鼓を打ちつつ
本物の生阿波踊りを満喫
踊る女性のなまめかしい太ももにクラクラ。

なんてカッコいいんだろう。
盆の本番がひときわ楽しみになりました。 

そういえば、試練は重なる訳で
昨日の夕方、波が少しましになったので海に入ろうと
ウェットに着替えていると突然「ブチッ」と嫌な音が・・・
チャックが壊れて、上げ下げできず、
今回の滞在中はもうサーフィンができないというハメに・・・。

このウェット、随分年数も経ち、あちこち解れて
カラダに合わなくなっていたのも事実。
どうしたものかと思案していると
ふと、記憶が蘇ってきた。

昨年の初夏、リサーチのため初めて訪れた徳島市内で
名前に惹かれて立ち寄ったBar「デュラン 」
今はもうお亡くなりになったボブデュラン大好きマスターの親友が
徳島市内でサーフショップを営んでいるという話。

tokushima_bob_ph01















確か名前は、BOB。
どうせウェットを新調するなら、地元のショップで作りたい。
早速、海の帰りに寄ってみた。
Barデュランに導かれた話で盛り上がり、
俺に任せてくれと熱い思いにほだされお願いすることに
早速、カラダのあらゆる寸法を測り、
連休までに間に合わせてくれるという嬉しい運びとなりました。
何だか少し、地元サーファーになれた気がして嬉しかったな。

30762701_1988188071253170_7738340133090361344_n




















そして再び、はなはるまつり。
夕方からは、新町川のボードウオークステージでJAZZ LIVEを楽しむ
缶の ハイボールを片手にまったりと地元の方々に溶け込む

30724558_1988219487916695_7627041755036123136_n




















そして、前から気になっていた富田町のお好み焼き「みその」へ
大杉漣さんがこよなく愛したというその店には、漣さんのポスターがいっぱい
夜になると冷えてきましたね・・・とご主人と世間話。
いかにも観光で来たらしいお客様を尻目に
地元民を気取ってみた。

すこし冷たくなった風の中、ほろ酔いでママチャリをこいで家路につく。
今回は、いろいろ試練もあったけど
これも、よそ者から、地元民へと変わっていく上での必要な儀式と
ポジティブに捉えてみる。

さあ、明日は徳島ボルティスのホームゲーム。
地元サポーターの一員となれるだろうか。
試練はまだまだ続きそうな予感がするのだが・・・。





nomaproj at 21:09|PermalinkComments(0)

2018年04月20日

徳島だより 〜調子に乗っちゃダメ

NOMAのNOです

ビデオを作らせてもらったこともあり
先輩の会社の50周年祝賀パーティに参加。
何とかお役に立てたのを確認した後
急いで徳島に出発。

この調子で走れば、夕方の小松海岸で1ラウンド入れるかも
スピードの遅いトラックを連続で追い越して前へ・・・
そんな矢先、ウ〜というサイレンの音。

えっ、俺!??
黒塗りの覆面パトカーが目の前でスローダウンする

折しも車は鳴門大橋を越えて、徳島に入ったばかり。
知らぬ間に、制限時速が100kから80kに変わっており
34キロオーバーの違反だと告げられる。

不思議と腹は立たないが、
徳島で違反という事実にキモチがへこむ
それでも、何とか日が暮れる前に小松海岸にたどり着くが
本日の営業は終了しましたとばかりの残念な波。

2つの結界(橋)を渡り
徳島に来ることで、心は清らかになり、笑顔になる
そんな大好きな自分に出会うはずが
調子に乗ってはいけないと、諭される日もあるんだと妙に納得。

先に来ていた奥さんと合流し
温泉で汚れを落とし、刺身で一杯。
たまたま入った居酒屋のだし巻き卵が美味しすぎて
それだけで救われた気分に・・・

奥さんが珍しくカラオケに行きたいと言い出し
酔った勢いもあって同行することに
先日、ザ・ピーナッツの特番で懐かしい曲をたくさん聴いたせいか
懐かしい歌を歌いまくる、もはや悪酔い状態・・・。

55

























それでも、翌日は朝から海へ
まだまだ水は冷たいけれど、気持ちよい時間。
そのあと、陳建一のお弟子さんが作る麻婆豆腐を食べに行き
ようやく、いつもの徳島時間に戻ることができた

この週末は、さらに気温も上昇して初夏の装いだそう。
海はきっと混雑するんだろうけど
晴天は大歓迎。

16

























(写真はご近所猫)

市内では、この土日「はなはるまつり」も開催される様子で
有名連による阿波踊りや美味しい屋台など、楽しみも一杯

日曜日の徳島ボルティスのホームゲームチケットもゲットした。

ひそかにテンションをあげながらも、調子に乗りすぎないよう
楽しみたいと思います。

週末、徳島に行きたいという方、大歓迎ですよ
雑魚寝で良ければ宿泊もOKです。
気になる方は、連絡ください〜〜


nomaproj at 15:03|PermalinkComments(0)

2018年04月01日

徳島だより 〜修行が足りない・・・

NOMAのNOです

29570885_1956964547708856_2284114227331258902_n




















桜の花も、はや満開を過ぎ、
まだまだ水温は冷たいのですが
ポカポカ陽気のおかげで
海にもたくさんのサーファーの姿
ここ徳島は、すでに初夏の装いといった感じで
私もすっかり日焼けをしてしまいました。

29572626_1958458000892844_5290207315446903168_n




















徳島にいるときは、好きな自分、イケてる自分で居よう。
そんなキモチからか
朝早く起きて、お寺ヨガに行ったり
波チェックを欠かさず、冷たくても海に入る
海の帰りに、買い物をして
一人でも料理を作ってビールを飲んだり

29571118_1677351105677239_5962111843267461991_n




















普段では、面倒だと思うことも
動いてみると、楽しくなってきて
新しい知り合いができたり
ウェットの脱ぎ着が少しスムーズになったり
料理のレパートリーが増えたりと
ちょっぴり嬉しいことがいろいろ起こる。


それでも、ひとたび川西の家に帰ると、
めんどくさいお化けに取り憑かれて、動けなくなるし
面白くもないのにテレビをめくり続けたり
スマホのゲームに意地を張ったり
そんな自分に嫌になることもしばしば・・・

コレって、何なんでしょうね。

一度、めんどくさいの壁を破ってしまうと
なんてこと無く、楽しいことが一杯待っているのに

私にとって、このめんどくさいの壁を破るためには
太平洋に掛かる2つの橋を渡たるという儀式が
まだまだ必要なようです。

同じ人間なのに、不思議なものですね。

18813517_1958634730875171_6093187593687974328_n




















そうそう
前から気になっていたJ2徳島ヴォルティスの試合も
始めて見に行ってきました。
張り切ってピッチサイドシートという、
ほんとにピッチ際に座れるシート取ってみたのはいいけれど、
結果は散々、退場者を2人も出したあげくの4対0の大敗。
試合終了時には、選手達がハイタッチしてくれる
おまけ付きだったんですが
なんとも気まずいこと・・・

guide01-img10c








私も地元サポーターの一員になれればと思ったのですが
こちらも修行が足りないという感じでした。

まだまだ徳島との2拠点生活は始まったばかり、
いい意味で、自分自身も変化の兆しを感じられているし
もっともっと新たな自分を発見したいと思う
今日この頃です。

さあ、川西に帰ろう!









 

nomaproj at 18:24|PermalinkComments(0)

2018年03月14日

春のNOMAMISE始まります!

NOMAのNOです

何だか急に暖かくなって、すっかり春の陽気ですね。
そんな中、いよいよ今週末から、
地元クリエイターの旬の作品が楽しめる、春のNOMAMISEが始まります。 

image





























今回は、お久しぶりに
ペンギン・インコ陶作家 こまつか苗さんが参加。
いつもユニークな作品で楽しませてくれる苗さんですが
今回は、ペンギンでも、インコでもなく
カピバラたわしホルダーとカピバラマグカップを出品予定とか
楽しみですね〜。


そして、こちらもすっかりご無沙汰だった
画家の松本博さんと池上夏生さんも久しぶりの参加。
お二人は、この4月から、小豆島へ完全移住とされるということもあり
NOMAMISE参加はこれが最後となります、ぜひお見逃し無く。

3c619ed3










お二人は、NOMAがギャラリーとしての歩みを始める
キッカケとなったアーティスト。
公私にわたってお世話になり、私たちもたくさんの刺激を受けてきました。
彼らとの出会いが無ければ、今のNOMAは無かったといっても過言ではありません。

NOMAMISE参加は、最後と言うことになりますが
また折に触れ、これからもお二人の作品を紹介していきたいと思います。


他にも、たくさんの作家さんの旬の作品が勢揃い
ぜひ、お誘いあわせの上、遊びに来てくださいね

皆様のお越しをお待ちしています。


参加予定作家

松本ひろし/ 池上夏生/ kkjk / よしみ工房/ 辻寿見/ こまつか苗
hei / mizu 水野千秋 / てまねき羊 / 尾崎たえこ/ダルマワークス
kamomepark 上村幸/ うすいみわ/まえだふみこ
☆NEW メディアピクニック 岩淵拓郎 / 能勢ノブユキ/ 能勢マユミ


 

nomaproj at 20:54|PermalinkComments(0)

2018年03月08日

徳島だより 〜理屈より感覚で生きる

NOMAのNOです

先日、私の好きな作家・養老孟司さんと
その愛猫「まる」の暮らしぶりを追った
ネコメンタリー「猫も、杓子も」という番組を見た。

plx_img02












猫のまるは、その名の通り真ん丸なおっとりさん。
14歳ということもあって、食べている以外は
心地よい場所をチョイスして、とにかくゴロゴロと寝てばかり。

養老さんは、そんな「まる」 のことを
人間よりよっぽどウソが無く信じられると可愛がる。

人間以外の動物は、理屈では無く、感覚のみで生きている。
だから、人間の何倍もの嗅覚や聴覚を備えているのだという。


社会のためとか、老後のためとか、
そんな理屈じゃ無く
今この瞬間、感じていることに正直に対応するだけ。
そこには、常識も無ければ、推測も無いわけで
全く同じように見える日常も、まったく違うものとして
その時々の感覚を頼りに行動する。

本当は、それこそが
とても正しいことだと思う。
できれば自分もそうありたい。
いや、そうあるべきだ。

人の目を気にせず
例え、世間と少しぐらい折り合いが悪くなるとしても・・・。

75551_463851850353474_1557760665_n




















徳島に通うようになって、車を乗り換えることにした。

きっかけは、軽自動車は高速代も安いと知ったこと。
燃費が良い、税金が安い、保険代が安い、しかも高速代まで安い。

それまで乗っていたビートルに不満はなく、
どちらかというとお気に入りの車だったのだが、
自分でも不思議なくらい、躊躇無く手放すことにした。

1930902_1906622379409740_4164263096846130375_n




















徳島にときどきだけど暮らすようになって
自然と、今までの暮らしを客観的に感じられるようになった。

猫が時々で、
一番心地よい場所で寝転ぶように
理屈では無く
心が一番喜ぶ状況に自分の身を置く

そのために必要な道具やカラダを手に入れることが
一番大切なことなんだと思う。

・・・とか、偉そうなことを言いながら
タバコを止めたのはいいが
ブクブクと太ったカラダを持てあます日々。

ではでは「お寺でヨガ」に行ってきます〜。

----------------------------------------------------------------

NOMAMISE 春 開催します!

 image

nomaproj at 17:34|PermalinkComments(0)