2019年03月17日

Yahoo!ジオシティーズのサービス終了に伴い、

過去のHP「モデラー" のもとけんいち"のホームページ

のアドレスが変わりました。

*左のリンクは変更済みです
 内容は2016年当時のまま変更はありません






ノモケン/野本憲一nomo_ken at 02:36│コメント(0)お知らせ │

2019年03月07日

前回のワンフェス話を書きそびれていた間に、次回のエントリーの時期を迎えてしまいました

次こそIS-2やティレル用パーツの販売のこぎ着けるのはもちろんですが、

久しぶりに当日版権モノの申請もしています

他にもいろいろ出し物が増えそうです…

まずは、ディーラー抽選で落ちないことを祈る



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 09:25│コメント(0)ワンフェス │

2019年02月06日

・追加のワンフェス 販売アイテムのお知らせ

個人的に製作して使っていた便利グッズですが、周囲からのリクエストやご協力もあり販売することに。

−−
■用途
IMGP1326_R
GSIクレオスの接着剤はキャップが長めです。
引き出しやラックに入れるとき、もうちょっとで入らないなんてこともありがち。

IMGP1358_R
そこで右のようにキャップを短くし、収納しやすくして使っています。
その加工を手軽に行うためのアイテムです。


■商品形態/「C_CUT」 (シーカット) 
IMGP1373_R
・『HGパイプカッター』(ウェーブの商品そのまま)
・ABS製のアダプター(グリーンの部品)
・取り付けビス
 のセット
価格:1500円
*参考:HGパイプカッターの価格:1200円+税

IMGP1360_R
アダプターは3Dプリント品。
素材は「Z-ULTRAT」で一般的なABSよりも高硬度、低変形。


■取り付け方
IMGP1338_R
刃の固定ビス(黒いビス)を緩めて抜きます

IMGP1341_R
ビスを抜いた面にアダプターを重ね合わせ、長いビスで固定します

IMGP1342_R
IMGP1354_R
取り付けた状態

IMGP1359_R
*外したビスは無くさないように赤いキャップの中にしまうのがオススメです。
 「HGパイプカッター」として使うにも簡単に戻せます。

■使い方
IMGP1344_R
キャップの先端をアダプターの凹み面に押しつけます

IMGP1350_R
あとはパイプカッターとしての通常の使い方。

黒いダイヤルを回して刃が強く当たるようにして…

IMGP1351_R
キャップ側を回します(ビンごと右回し)。

「少し刃を締め込み、キャップを回転」を繰り返していきます。

IMGP1352_R
IMGP1356_R
一定の位置で整った切断ができます。
*キャップはわずかにテーパーが付いているので、アダプターを使わずにパイプカッターで切ろうとしても位置がずれてキレイに切断できません

IMGP1369_R
短くしたキャップ。
指をかける面が少ないく、きつく締めると開けにくくなるのでそこには注意。

IMGP1365_R
Mr.ウェザリングカラーでの使用例。
各色を揃えて使うので、これを収納しやすくするためにこんな加工をするようになりました。
接着剤、マークソフターなども同様にして、引き出し、工具箱に入れやすくなります。

ということで、気になった方は是非会場で触れてみてください。
試し切りできるようにビンも用意しておきます。

−−
*開発余話:
キャップを切る方法は初めに「ノコ」を使っていて、「自転車のコラムカットのガイド」のようなものを自作してました。
しかし、位置決めガイドがあってもギコギコ切っていくのは結構な手間なうえ、切り口も荒れる。
そこでパイプカッターでできないかと路線変更。
テーパーが付いているキャップをキレイに切るにはブレを押さえるアダプターが必要で、
それを取り付けやすい形状になっていたのがウェーブのHGパイプカッターなのでした。
切断長もいくつか試し、ほぼ10mm切ってT社ビンに揃えるのがいいなと。
これが使い勝手が良いことから関係各所にご覧頂いて、受けもよかったので販売にしてみることになりました(笑)



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 09:17│コメント(0)ワンフェス │

2019年02月04日

週末にせまったワンフェス。

のもぴ〜 卓は 4-08-04 です。

今回は前回展示のみだったアイテムを少量ですが販売する予定です。

■1/35 IS-2初期型車体パーツ(タミヤ用)
■1/20 ティレル002、003用 オイルキャッチタンク(エブロ用)

いずれも3Dプリントしたものをそのままパーツとするものですので、斜面では積層跡の均しが必要になります。
それも含めこうしたスタイルでどの程度ものができるかのか、また受け入れられるかという試験的なものでもあります。

興味がおありの方にはとりあえずご覧頂いて、感想などお聞かせ貰えればありがたいです。

−−
■IS-2車体パーツデータ
tes dmm+
タミヤの1/35「JS-2」は本格量産された前面が傾斜装甲なタイプ。その車体前側を交換し、初期型へ変更するパーツ。

上の画像では細部パーツもひとまとめにしていますが、
車体全体はFDM方式のABSで、
細部パーツは光造形での出力品となります。
phot 3
phot 4
車体全体パーツは強度や経年変化の少なさを優先
細部はディテールの再現度やシャープさを優先

当初の目論見としては上の画像のようにまとめて光造形でいければと自前や出力サービスなど試してみたのですが、時間が経つと予想以上に反ってしまったので、車体は歪みの少ないFDM方式での出力にすることにしました。

phot 5
*参考:左が光造形。出力後ひと月ほど。
      右はFDM (前回展示品、少し粗めの出力)

■ティレル002、003用キャッチタンク
tank01
エブロの1/20 ティレル002、003のキットではレストア車の形状を再現してしまっていて、70年代当時の姿ではないので、それを修正するためのパーツ。

タンクは素の状態と、取り付けベルトまで一体化したものを用意。
出力は光硬化。

このタンクは、マーチ701、ティレル001〜007で使われているのが確認できます。

−−
*値段など詳細は追って更新します。

ワンフェス2018夏 のお品書き




ノモケン/野本憲一nomo_ken at 01:36│コメント(0)ワンフェス │

2019年01月05日

「アクトオンTV」で放送された「大人のプラモ道 特別編 SDガンダムで魅せる模型テクニック 製作編/塗装編」がwebでも配信されています。

http://www.actonstyle.com/feature11/subpage17.html


視聴者プレゼントでは製作したSDガンダムのキットのみならず、「極上カーモデルの作り方」もあったりします

応募は1月末まで。

*過去の「大人のプラモ道」作品もアクトオンStyleのサイトから視聴できます。





ノモケン/野本憲一nomo_ken at 09:31│コメント(0)お知らせ │
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。
2018年12月配信で終了となりました。
これまでのご視聴ありがとうございました。
アーカイブはこちら↓
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/
・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ