1/12スケール、シートベルトのリボン幅

カテゴリ:
先日のワンフェスで販売した「1/12 シートベルトバックル」について、
リボンのサイズに付いて質問をいただいたので、補足します。
12F1_seatbelt_toritukerei2
 基本的にプラッツ 1/12 ロータス99T用ディテールアップパーツセットに含まれている4mm、5mm幅のリボンで組めますが、作例では3mm、6mm幅も使用し、より実車の雰囲気に近づけています。
belt_haba_inst2
▲各リボンの幅は画像のように。肩のパッド部は6mm幅を重ねることで表現。腰ベルトはバックルには5mm幅を短く通し、それを6mm幅の上に重ねる。この方が実車の様子に近いのです。ちなみにサテンリボンの切り口はライターの炎にサッとあてて溶け固めると、ほつれを防止できます。リボンは手芸店などで購入でき、1/12スケールでは3〜6mm、1/20,1/24では2〜3mmを使います

「wf2024冬」 を終えて

カテゴリ:
2月11日のワンフェス、お疲れ様でした。
ご来卓頂いた皆様ありがとうございました。

 今回は道中のトラブルも無く、配置も壁ぎわという好立地で快適にすごせました。
卓は同居のビーデザさんとモデラーのコウジさんの3人で回しておりました。
wf2024w_02
 主な出品物はボトムズでのアップデートやウェポン系。昨年は夏場にボトムズ40周年展の製作があったことで版権申請のタイミング的に完全新作を入れるのは難しく、要望もあったことから40周年展で出したヘヴィマシンガン(初期画稿Ver)のスケール違いを揃えることになりました。まだ年度内ですしこれらも40周年アイテムということで。1/20肩アーマー&ハンドも初期画稿Verの流れ。次回はもちっとハデ目なアイテムを予定しています。

 スケール系では年またぎで作例を製作していたプラッツ 1/12 ロータス99T に添えたいアイテムなど。シールベルト金具は1/12用に前から準備していたもので作例用に肩のアジャスターをロータス99Tで使っているタイプにしたものです。販売品は作例用からさらにデータを修正しています。ウィランズのシートベルトは70〜90年代F1ではお馴染みなので他でも使えます。会場でも質問されたのですが何に使えるかまでは個別に実車写真をみて判断していただければと。ちなみにマクラーレンMP4/4だとロータリーバックルは同じですが、肩のアジャスターは違うタイプなので次回はそれを含めて出せればと考えています。

 ロータス99Tの外部バッテリーは作例で添えるべくデータを作っていたのですが、そこには間に合わずで、自分用と合わせてワンフェスに出品。シリープレートのブラケットは必需なので99Tを製作する人には是非手に入れていただきたい。作例で楕円穴の部分とかパテで改造することになったロールバーも3Dプリントのパーツがあったら便利とは思うのですが、さて。あとはタイミングモニターなんかもリクエストをいただきました。それはとても分かるのですが、そうなるとドライバーも欲しくなったりします。せめてヘルメット&デカールがキットに欲しかったなぁ(話しがそれた)。

 ミリタリー系の「1/35 JS-2重戦車、初期車体パーツ」。今回も堅調でございました。展示用見本を忘れてしまったものの、置くスペースも無かったな 同居のB+DESIGN MODELSさんからは新作の「73式トラック用ディテールアップパーツ」など。こちらも回を増してお目当てにされている方が増えている手応えです。

 次回ワンフェスは7月28日。エントリー締め切りは2月29日と差し迫っているでのんびりともしていられないのです

ワンフェス2024[冬]のアイテム

カテゴリ:
2024年2月11日(日)開催の ワンダーフェスティバル2024[冬] に向けてのお知らせです。
今回もボトムズ関連と、スケールモデル系アイテムを出品。
いずれも 3Dプリント製パーツ となります。
*スケール系アイテムの詳細を追加しました20Dup_syokigun_kata_w800
・1/20「ヘヴィマシンガン(初期画稿)」に新作の肩アーマー&ハンド+1/20TV用ディテールアップパーツと満載にした例
--
■ディーラー名:のもぴ〜
**「B+DESIGN MODELS」さんも同居
 卓番号:3-30-04 ( PRカード)
wf2024w_nomop_taku
━━━
出品予定アイテム
■版権アイテム 「装甲騎兵ボトムズ」から
新作 1/20 ヘヴィマシンガン(初期画稿Ver) 4000G
20syoki_gun_1
▲ボトムズTV放送開始時に発表されたスコープドッグの初期画稿で持っていた銃(画面には未登場)です。
「装甲騎兵ボトムズ40周年展」で販売したものと同様です。(生産の都合で成形色が変わります)
バンダイ1/20スコープドッグ系にフィットします。
パーツ構成や詳細はこちらを→ 
1/20 ヘヴィマシンガン(初期画稿Ver.) の組み立てガイド 

新作 1/24 ヘヴィマシンガン(初期画稿Ver) 3500G
同じく初期画稿の銃。基本形や分割は1/20と同様で、グリップ廻りはタカラやウェーブ1/24に向けて薄型形状に。サブグリップは開閉の選択
24wave_syokigun_2_w800
24syokigun_cg_pic2

新作 1/35 ヘヴィマシンガン(初期画稿Ver) 2500G
35wave_syokigun_2_w800
35gun_parts
こちらも同様に、初期画稿の銃。グリップ廻りはウェーブ1/35に合わせた形状。サブグリップは開閉の選択式
基本形状は大きい方と変わりませんが、ディテールの凹凸は1/35用に若干強調しています。銃身部を別パーツとしたのは塗り分けをしやすようにと…、といっても色設定があるわけではないのですが(汗)。

新作 1/20 スコープドッグ 肩アーマー&ハンド 5000G
list
nompi_20_kata_hand_01s
バンダイ1/20スコープドッグ系用パーツ。肩アーマーはフチ取りを無くし、球形を強調した形状。フックの基部は溶接跡付き。左右の平手、銃持ち手、握り手のセット。(握り手、銃持ち手は1/20スコープドッグ ディテールアップセットと同形状です)
新作パーツの詳細はこちら→「


再販 1/20 スコープドッグ TV用ディテールアップパーツ 7000G
20Dup_tv_inst_w1200
バンダイ 1/20 スコープドッグ系用パーツ。ターレット部は設定に準じたディテールで精密に。前腕、ヒザアーマーはシンプルかつ力強い形状に変更。指は固定式で、右は銃持ち用、左は握り手。アンテナも精密感を増した形状に *別途4mm径のレンズパーツを必要とします
詳細はこちらも参照→


再販 1/35 ロッグガン (再販) 5000G
nomopi_35_gtt35_03_s
▲TV第
1話登場の大型銃。同シーンの「爆雷」も付属します。ウェーブ1/35スコープドッグ対応 
↓組み立て、塗装の補足を別途upしています
GAT-35 ロッグガン 製作ガイド

大きさの近い バンダイ 「HGスコープドッグ」 に持たせてみました↓
35gat35_HG3_w1200
35gat35_HG4_w1200
肩関節の引き出し機構があるのでポーズづけがしやすく、見た目のバランスもイイ感じ。この例は右手首に「拡張パーツセット1」の銃持ち手を用いてグリップのスペースを広げるように加工。逆にグリップ側を加工して合わせてもよいかも
--
■スケールモデル系アイテム

新作 1/12scale F1用 シートベルトバックル 1000円
12F1_seatbelt_kanagu
part_1
▲1/12 F1用のシートベルト金具のセット。汎用的なアイテムですが、肩のアジャスターやロータリーバックルの形状はロータス99Tで使われているタイプを再現しています。ロータリーバックルのレバーは別パーツ。大きい方のベルトエンド金具は2つ余りますWILLANS
▲使用例(
試作品のためパーツ形状が若干異なります)
-
新作 1/12scale F1用 外部バッテリー 2000円
12F1_battry_mihon
12F1_battry_setuoku
▲ロータス99Tは停車中にボディ右に「外部バッテリー」が接続されている姿がよくみられました。モノコック側面に鳩目鋲とは別に大きめの「◎」があり、そこにケーブルが接続されます。パーツはバッテリーとキャリングハンドル、コード先端のプラグ部分をパーツ化しています。ミラー直下のプレートに取り付ける“ステー”も同梱します。
12F1_battry_parts
▲パーツはバッテリー(上下)とキャリングハンドル、ケーブル先端のプラグ、シリープレートのステー(x2)、バッテリーのラベルデカール(クリアーデカールにレーザープリンターで印刷したモノになります)。
12F1_battry_parts2
ケーブル先端のプラグはこの位置に付属しています。1個は予備です。*ケーブルは付属しません。市販のリード線等をお使いください。見本ではバッテリー部分は0.5O、カール部分を0.8Oのリード線を使用しています。またプラグ先端は1.0Ox1.5mmの磁石が入るサイズとしており、プラグ、モノコックの両方に磁石を入れ着脱させることも可能です

再販 1/35scale JS-2戦車 初期生産型 車体パーツ 4000円
 タミヤ 1/35 ロシア重戦車JS-2を初期車体に改造するパーツ
JS2_07
詳細はこちらを→


--
B+DESIGN MODELS さんの出品物
・3トン半ディティールアップセット>¥5,000 ・手榴弾セット(タンデムなRPG7付き)>¥2,000 ・小物セット(ソ連規格ジェリカン入り豪華版)>¥3,000
b_wf2024w_1_R
b_wf2024w_2_R
b_wf2024w_3_R
b_wf2024w_4_R

懐かしのキャメルロータス

カテゴリ:
昨年中に終えるハズだったプラッツの1/12 ロータス99Tの作例。
年をまたいで完成させ、ようやく年があけました。

アイテム的に当時から資料を集めていたりしていたので(主に中嶋車を再現する目的でしたが)、それを1/12スケールで盛り込めるということで、延々の製作となってしまいました

12_99T

これが1/12で作れるというのはホント素敵なことです。

アレコレとディテールアップを施してますが、それも元になる素材があってのこと。

カウル内は是非ホビージャパン誌面をご覧頂きたい
--
月刊ホビージャパン2024年3月号
ホビージャパン
2024-01-25
--

セナのヘルメットとか添えたいなぁ

中嶋車も欲しいぞ


遅ればせながら、2024年もよろしくお願いいたします

初期銃に合わせて、肩アーマーとか平手とか

カテゴリ:
本日が次回ワンフェス(2024冬)の版権本申請の締め切りなのです。

ボトムズ40周年展で「ヘヴィマシンガン(初期画稿Ver.)」を販売したこともあり、スコープドッグ本体もその画稿に近づけるパーツ作ってみてます。縁なしの肩アーマーや平手とか。
IMGP2299a1200
▲ベースキットに1/20 スコープドッグディテールアップパーツ(TV用)と ヘヴィマシンガン(初期画稿Ver.)、さらに肩アーマーと平手を取り付けたところ

20kata_1
▲肩アーマーは以前の作例でキットパーツを改造したので、それを再現するようなもの。フチ取りをなくすだけでなく、開いた側の肩ブロックへのフィット感やフチの“厚み“表現がポイント。内側が逆テーパーになる形状も1パーツで出せつつ、各リベットも一体でいけそう
20kata_3
▲フック部はフチに溶接跡の表現を加えています。ここは別パーツにし、ドアップで見える積層跡を均すのにも邪魔にならないとゆー構成。リベットは平丸状にし、外周を僅かに落とし込むことで境目をクッキリ。整形の影響も少なく、スミ入れも綺麗に入るという目論見
20hirate
▲平手は「1/20 スコープドッグディテールアップパーツ」での銃持ち手や握りのポーズ替え。キットの手の甲やそれに準じた手の平なので元画稿ほど肉厚感はないのだけど、指は脱力しつつも単調でない曲がり具合を表現して雰囲気を近づけているわけです

「ヘヴィマシンガン(初期画稿Ver.)」は1/24、1/35スケールも申請してますが、詳しくは許諾が降りたらということで、また〜

このページのトップヘ

見出し画像
×