2010年11月

2010年11月30日

今月のHJ連載「ノモ研」は
ヤスリ掛け
についてあれこれ解説しています。

それについてちょっとフォロー

・3ページの円柱に対するヤスリ掛け
1130a
薄いプラ板の内側に紙ヤスリを貼った状態で
円運動的に動かしている図なのですが、

これは↓のよう動きな示しているのです
1130b
湾曲したヤスリ面を撫でるようにあてることで
切削面を滑らかにしやすいのです。


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 14:08│コメント(0)トラックバック(0)ホビージャパン | 模型 |

以前の長岡探訪の内容もアップしないまま、
またまた歴史探訪。 今回は「水原」 編

きっかけは映画『桜田門外ノ変』を観たことから。

主人公は「大沢たかお」演ずる水戸藩士の「関鉄之助」。
桜田門外の変となる井伊直弼暗殺の現場を指揮したこの人の
逃走が映画の後半に展開されるのだが、
その最後の逃走先になったのが「水原(すいばら)」。
今の新潟県阿賀野市の一部である。

「水原代官所に務めていた人に以前、金を貸していたので、
それを回収し、蝦夷にでも逃げよう」ということで、
水戸から水原へ向かうのだが、目的の人は留守。
そこで、数日後にまた来ると手紙を残し、湯沢温泉に滞在。
そこで追っ手につかまるのである。
*映画のパンフでは越後湯沢となっているが、
 ホントは関川村の湯沢温泉←全然違う場所です

*愛読している漫画「風雲児たち 幕末編」でも捕まったのは「越後湯沢」として書かれてて悲しいぞ、と追記 2018/05/28

 「新潟」で「湯沢」となると「越後湯沢」という名前が有名なので、そこしかないと思いこまれてるせいかな。


映画の話はここまで。

「水原」は実家にわりと近くの場所で、冬になると白鳥が訪れる「瓢湖」
で知られる観光名所。

子供の頃からの馴染みの地名が思わぬところで出てきたのと、
「水原に代官所があったのか?」なんてことで興味をひかれ、
改めて調べてみると、なんと代官所が復元されていて
見学できるようになっていた。

とういうことで、先週、蹴球観戦がてらの帰郷と合わせて
「水原代官所」を見学してきた。

で、その見学の様子を書き始めると長くなって
またupされないことになりかねないので、大幅に略。

・「水原代官所」の詳細はここ
*リンク切れしていたので追記↓ 2018/5/28
http://www.city.agano.niigata.jp/site/kankou/70.html


1123b
・建物前案内

1123a
・代官所 正面 
1123c
・門の中から
 正面の入り口は江戸から派遣される代官のみが使ったそうな。

1123d
・隣にある阿賀野市観光案内所
 代官所へはこの中を通って、代官所建物の横から入ります。
 入館料300円

中に入って建物内を見物するスタイルかと思ったら、
説明員の方が部屋毎に丁寧に解説をしてくださった。

役所としての代官所の話から、周囲の豪農との関わり、
代官所に作られた学校のこと、当時の農業事情、
さらに明治時代に県庁となり、それが無くなった話などなど…

関鉄之助が逃げてきた場所として映画にでているなんて話は
まったく出てこないのだが、まぁそれはそれ。
地元の昔の様子がいろいろ聞けて興味深かったのだ。
明治時代に越後府から水原県になったとか知りませんでしたよ。

併設の「水原ふるさと農業歴史資料館」(ここは無料)も見学して終了


1123e
・この日の瓢湖にて

1123f
・この日のビッグスワンにて



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 01:26│コメント(0)歴史探訪 | ニイガタ |

2010年11月28日

「RG シャアザク」をこうたよ

101128a


101128b
封入されているミニブックに
以前作った「RG ジム」が載っています



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 23:52│コメント(0)トラックバック(0)模型 | ホビージャパン |

2010年11月25日

ホビージャパンMOOK
「カーモデリングマニュアルVol.17」
の発売は12月24日発売予定に変更だそうな

個人的にはその関連の作業はだいぶ前に
終わっているのでひたすら待ち遠しい。

101125

ラクダカラーなF1をドライバー付きで作っていますので
お楽しみに。


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 20:32│コメント(0)トラックバック(0)F1 | ホビージャパン |

2010年11月21日

先日、とある仕事先でガンダムケータイを使っている人を発見したので、
珍しがってデジカメで押さえてみる。

先日って、日付見えてるし時間も出てるし
101118a
101118b
101118c
*表面銀色の文字が見えにくいので、コントラストを落として撮影

こういうのって洒落で発売されるものあって、
ホントに買ったりしないものだと思ってるのだが、
肝いりのガンダマーは違うらしい。

と、書きながらも、まかり間違って
「タイレルP34ケータイ」
とか発売されたらどんなに格好悪いデザインでも買うかもな。

なんだオレも一緒だ。

ノモケン/野本憲一nomo_ken at 17:06│コメント(0)トラックバック(0) |
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/


・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください