2013年03月

2013年03月29日

先日発売された月刊ホビージャパン 2013年5月号は
「ユニコーンガンダム2号機 バンシィヘッドディスプレイベース」
のプラモが特別付録としてついています。
1303van1
写真はデストロイモード、もちろんユニコーンモードにも変身可能
背中側に伸びたアームは先端に1/144スケールMSを接続して展示する

で、連載の「ノモ研」ではこれに発光ギミックを入れる「電飾」を行いました
1303van2
カメラアイ、トサカのカメラは赤く(LED使用)。
顔周囲のサイコフレーム部分はイエローに(ムギ球使用)

単に発光ギミックを入れるだけでなく、より見栄えが良くなるように細かい工夫もしているので、そこは誌面を見て欲しい

1303van3
こちらは無発光状態

機体色はブラックにブルーやパープル+パールを加え、表面は光沢。

ゴールド部分はMr.カラーの「クリアーゴールド」を使用。
これのおかげで、発光面のパーツに透明度を残しつつ、無発光状態ではゴールドに見せることができた。

また、胸の塗り分けはゴールドの上にクリアーゴールドを上塗りしているのだが、そのおかげで下のゴールドのぎらつきが抑えられ、より自然な輝きになった。
今回の作例での発見でした
--
*追加
のもぴ〜プラスティックラジオ(13/03/28放送分)で
キット&この作例を紹介しています。
↓9:00あたりから。発光の様子も見られます
http://www.ustream.tv/channel/arista-tv#/recorded/30517801






ノモケン/野本憲一nomo_ken at 01:47│コメント(0)トラックバック(0)ホビージャパン | のもぴ〜プラスティックラジオ |

2013年03月27日

模型主体のボトムズ30周年記念イベントが来月、コトブキヤベース・アキバで開催されます。
http://main.kotobukiya.co.jp/special/kotos/akb/votoms.html

4月2日(火)〜 7日(日)がウェーブ主体、
4月9日(火)〜14日(日)がホビージャパン主体

で、その前半期間のボトムズ作品展示に参加するのでイロイロと見繕い修復してみた。

1303votrep1
ウェーブ1/35EDスコープドッグ。
HJに作例掲載したそのもの。
22年前に作ったレジンキットだけど結構無事なんだ

1303votrep2
メタル製のアンテナパーツが曲がっていたので、シンチュウ線とスプリングで修復

1303votrep3
これは、やまと1/12スコープドッグ改造のパープルベアー の腰アーマー
作例として作ったモノを、後にレジンキット化。

手足など複数いるパーツは作例の時点で型取りしているものの、1個だけでいいのは作例のパーツをそのまま原型にした(サフ吹き&仕上げ直し)、ので作例状態の完成品がすでにない。

そこであらたにパーツを塗り直し、完成状態に復帰させることに。
幸いなことに作例製作時に混色したパープルの塗料(グラデ用の明暗共)は残していた!

1303votrep4
ということで再塗装&汚し

完成状態の写真は撮らずに、もう梱包してしまった…

他にも、1/12、1/20、1/24、1/35の各スケール取り合わせて展示予定です。



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 22:57│コメント(0)トラックバック(0)模型 | ボトムズ |

2013年03月26日

2月に広島イベントの下見に行ったおり、せっかくなので帰りは大阪の友人に会っていこうかと連絡したところ、「淀屋橋あたりで会えると都合がいい」ということになり、近くにある「適塾」を見学することに

「適塾」は以前から行ってみたかったところでもあり、また歴史探訪は興味がある人と行くのが吉なのです

新大阪駅で新幹線を降りてからスマホのバッテリーが無くなり単三電池で充電するのを買ったり、地下鉄でsuicaが使えなくて止められたりしながらも、淀屋橋に到着。

そこから徒歩ちょっとで到着、外は寒いよ

130216a_R
適塾は江戸時代後期の蘭学者「緒方洪庵」が開いた塾で、幕末から明治初期に活躍した福沢諭吉や大村益次郎などなど多くの人材を輩出したところ。手塚治虫の祖先もいたりして漫画にもなってます


130216b_R
通り沿いは広くなく奥に長い。
江戸時代は間口が広いと税が高かったから、古い建物にはこうした作りが多い
左端に最初の写真の石柱があります


130216c_R
130216d_R
史跡案内。入場料は250円

中はまさに旧家見学。展示物はみっちりという感じではなく、ゆったり見学できる。この建物のなかで当時の人が生活し学んだ雰囲気を感じとるといったところ。当時の机が残っていたり、急な階段(漫画"風雲児たち"にも描かれてた)、戸棚やふすまなどを見ていると、自分が子供の頃はまだこういう作りの家があったなぁと、懐かしい


室内の展示物は撮影禁止だが、部屋や建物の雰囲気は撮ってもいいそうな。「ズーフ部屋」には解体新書などの展示もありました

130216e_R
2階の塾生大部屋の窓から中庭をみたところ。この部屋の柱には刀傷も残されています。建物は塾兼自宅で、大正時代までは子孫が住んでいたそうで、雨樋なんかその時代なのかなといった作りが見られます

障子風のところは曇りガラス。毎日雨戸と共に開け閉めして管理するのは大変そうだ

周囲は史跡公園として空間が作られ、周りからも眺められる。
こうしないとビルに埋もれてしまうのでしょう

130216h_R

130216g_R
・隣の史跡公園にある緒方洪庵の像
塀の向こう側が適塾建物
最近ではTVドラマ「仁」で武田鉄矢が演じてました
晩年は江戸に出仕していたのであの話が成立すると

130216i_R
こちらは大阪市教育委員会による案内。字が消えていたけど、消えた文字の跡が凹凸になって木にうっすらと残っているので読めました

130216j_R
ちなみに自分は1967年生まれ。その100年前が江戸幕府最後の年(明治は1868年から)。
100年前という時間も、自分が生きた年数の倍とちょっとと考えると意外に現実味をもって考えられる様な気がします



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 21:44│コメント(0)トラックバック(0)歴史探訪  |

2013年03月18日

昨日17日(日)は、武蔵野市主催のアニメフェスティバル内
「親子でプラモデルをつくろう!」
にお邪魔しました。いちおう先生役
20130317a
会場入り口の看板。

20130317b
リピーターも多いこのイベント。
始まってしまえば参加者の方がどんどん作っていかれるので、会場を回って困っている方にアドバイスなどしていきます

午前はダンボール戦機(組み立てのみ、初心者向け)
午後はガンプラ(マーカー塗装まで)
お子さんは10歳くらいまでで、5〜7歳が多かった模様

20130317c
申し込みが多くて、別会場もあり。

お子さんが組んで楽しんでいるところ、苦労しているところなど見ると、あらためて気づかされることがあります。
初心者向けのダンボール戦機の方がパーツが多くて苦戦する模様も見られたり。
ガンプラはFGあたりなのですぐ組めてマーカー塗装までの進みが早い。

回を重ねる毎にレベルアップを求める参加者が増えているそうです。

ノモケン/野本憲一nomo_ken at 12:00│コメント(0)トラックバック(0)模型 | 日々 |

2013年03月16日

■二日目、日曜日

天気は曇り空、やや寒いけど、よく考えると前日が暖か過ぎだったなと。おかげで花粉症がひどくて…という話はおいといて、会場入り。

二日目も早めに入ったところ向かいのPVで前日の試合を流していたのでしばらく観戦。
さらに隣のチケットぴあで次節「大宮x新潟」チケットをGet 買い逃していたのが運良く復活していた
あらたな活力を手にして二日目の準備に取りかかる!

この日の準備は、前日の経験から用品配置や塗料の濃度など、手数が減らせるようにあれこれブラッシュアップ。迷彩塗装もサンプルを1個塗っておく。カメラもアップ気味にしたり、より分かりやすいようにといった具合。


ed007_R
・ステージ上のスクリーンで手元が見えます

・二日目!第1部
日曜日ということで、さらに多くの方にお集まりいただいた。またお子さんや女性も増えた様子。

実演内容は前日の第1部と同様。一度こなしているので、多少の慣れと準備のおかげで順調に進行。各塗装サンプルも前日に実演した分が増えてるので、お客さんが増えたのにもちょうど良く対応できたのではないかと

ed009_R
・第1部後のサイン会中。
左隅にチラッと見えているのが第2部で使う迷彩塗装のサンプル

−−

第2部は前日分+迷彩塗装まで進めるべく、前半は急ぎつつ進行。途中、塗っていたパーツを落っことしたりなんてこともありましたが、ほぼ乾いていたので無問題。

スモーククリアーを使った塗装では塗料をちょっと薄めすぎていて、濃淡を見せるのにちょっと時間が掛かることに。そこでスミ入れを説明のみして、迷彩塗装のパートへ。

ここでの迷彩塗装は境界をぼかす場合の例。雲形模様を塗るときに広く吹くとボカシが広く粗くなりやすい。そこでボカシ部分を細吹きでトリミングしていく。トリミングは小さくクルクル動かしつつ面や境界付近を塗ること、また明るい色を上にする方が見た目の印象がいいというのがポイント。

*こうして書いてても時間に対して内容を盛りこみすぎだと痛感するなぁ


その後、最後の質疑とサイン会(+撮影会)をおこない、イベントは無事終了となりました〜。

この実演で見たことが少しでも参考になったり、模型を作るきっかけになってくれればいいなと思います。

参加された方々、ご協力いただいた方々ありがとうございました。

−−

ちなみにイベント終了後は安堵する暇もなく、即座に各機材&用品の梱包作業。
それが終わったら7Fに展示したいた各作品の撤収して帰りの手荷物として持ち帰るのです。
返送された荷物を片づけ終わるのはいつだろう…



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 03:19│コメント(0)トラックバック(0)ホビージャパン | 模型 |
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/



・ustreamの過去アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/nomo-p/
・2014/2/14〜2015/1/22 arista-TV内での配信アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/arista-tv


・詳しくは番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください