2014年06月

2014年06月26日

何度目かもう数えていない車検を通してきました。

140624
昨年、色々と手入れをしていたこともあり、今回の車検は至ってリーズナブル。
たぶん今までで一番安くすみました

ただ、お世話になっている整備工場のおじさん曰く
「オイルが減ってた」ので「キャップが悪いのかも」と。
まぁその程度は自分でやるでしょとゆー感じ

ウチに戻ってボンネット開けてみると、
ヘッドカバーのキャップからオイルが垂れたようなスジがあり、これかと。

オイルレベルも見ておこうとゲージのツマミに触ったら「ポッキリ」いってしまった…

ゴムとか樹脂の劣化は否めない21才なのでした。

−−
その後、三鷹方面に買い物に向かったところ、例のすごい「ヒョウ」に遭遇
身の危険を感じるほどでしたが、屋根付きの駐車場に一時避難して難を逃れました

ノモケン/野本憲一nomo_ken at 00:55│コメント(0)トラックバック(0)ランティス  |

2014年06月02日

タミヤ 1/16RC KV-1をベースにしたKV-85の製作。

気がつけば1年を越える製作期間になりましたが、ようやく完成しました!

ということで今回は、塗装中と仕上がりの様子

85a
下地にオキサイドレッドのサフを塗ったところ
タミヤの1本では足らず、GSIクレオスのも使用

85b

車体色は
1:タミヤカラースプレーのダークグリーンを全面に(3本使用)
2:Mr.カラー #136ロシアングリーンを塗り重ねてグラデーション(ビン1本)
3:さらに明るい色としてMr.カラー#136+#135ロシアングリーンを部分的に

汚しはエナメル系でウォッシング的に、拭き残し多めで。
塗装としてはスタンダードな仕上がりかと

■完成
8503
大きくて重いので、塗装中の取り回しに苦労したっ
凝った塗装にしなかったのはそう言う理由もある。

8504
側面。
KV-85の外観はJSほど前加重ではないので、
見た目のバランス、全体のまとまりはイイ感じ。

砲塔のナンバーは紙を切り抜いたマスクを使い、エアブラシで塗装。
本物は手書きだろうからちょっとキレイすぎたか

8505
JS-2パーツを元に改造した砲塔。
実車の85mm砲→122mm砲への換装を逆になぞることになったわけで、
砲身、防盾周囲を変更。キューポラを内側に寄せ、左側面のボリュームを減らすなどなど…

砲身のリコイルや俯仰のため、内部の砲架も自作。
ギミックを活かしつつ収めているのが苦労したところですが、その過程はブログに載せてなかったなぁ

塗装前の様子は その5 を参照

・中身
8502
RCメカ、バッテリー、スピーカー、駆動系とみっちりな車内。
プロポを2.4Gにしたおかげで、外観を損なう"アンテナ"がないのです

*↑↓この2カットは履帯が逆向きでした
8501
砲発車のフラッシュが光った瞬間。
対戦システムの赤外線発振部は防盾の照準口の奥に内蔵

前照灯横のホーンはKV-1とは違うタイプを自作(よく見えない)

8506
テールもブレーキランプが点灯。
車長キューポラに付いているのは対戦システムの受光部

−−−−−−−−−−
ということで車両が完成したわけですが、
RCはこれからが本当のお楽しみ。

「実戦」たるイベント参加がこの先待っているのであります

ノモケン/野本憲一nomo_ken at 01:42│コメント(0)トラックバック(0)1/16 KV-85 | RC |
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/



・ustreamの過去アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/nomo-p/
・2014/2/14〜2015/1/22 arista-TV内での配信アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/arista-tv


・詳しくは番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください