2014年07月

2014年07月29日

今回は特異な出品アイテムで、
果たして売れるのか、ということよりも
どんな反応があるのか?
が、興味あるところでありました。

戦車系が好きな方にはじっくり見られたりして、
どこに展示してあるのですか?とかよく聞かれました。
ネタ的には良かったのではないかとかとか。

wf2014s_1
ディオラマと、元になった記念写真と、原型をルーペ越しに見れる様に展示していました。

で、「1/35 ノモケン」、なんと完売しました。
ありがたい。

「次また売りますか?」という要望もあったりして、
まぁこれは版権もイベントも関係ないので、その点は気楽。

型が食われてしまったので、また作り直して
いずれの機会にまた売りましょう

ていうか、みんなこれをどう使うのだろう?


wf2014s_2
こちらは1/16RC KV-85
塗装後の完成状態で初公開。

出来上がってしまうと、ココまでの苦労がなかなか伝わりにくい。
塗装前の写真でもパネルにしとけば良かったかと。
食いついた方の前では可動デモもしてみました。
*撤収時に卓の島の中で走らせて遊んだのは内緒だ

次回はどうなるだろう…、そんな先のことは分からない


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 02:11│コメント(0)トラックバック(0)ワンフェス | 模型 |

2014年07月22日

ワンフェス新作アイテム「1/35 ノモケン」の紹介です。

・製品はこんな感じ
nk1
内容は、説明書+レジンパーツ(頭部、右腕が別パーツ)+デカール
価格1000円です。

・仕上げ例
nk2
塗装はモールドにそって、濃淡を付けるとよろしいかと。
この見本は下地に白サフを使い、タミヤエナメルで全体を塗装。

デカールは「筆や綿棒とお湯」を使って表面に馴染ませ、
最後にツヤ消しクリアーを薄く吹いて仕上げています。

1/35スケールということで、戦車やATなどと合わせられます。
Tシャツ&ジーンズ姿の民間人として、ディオラマにも使えるかな?

−−
そして、九五式軽戦車との記念撮影を再現しました。

type95_1
車両はサイバーホビーの1/35 九五式軽戦車、
フェンダー前端は展示車両と同様な形状に加工。

type95_2
人物のポーズとか表情が硬いか…

type95_3
後ろ姿が似ていると思っていたり

type95_5
銘板も実物どおりなのです。
こんな事もあろうかと、正対した位置から分割して写真を撮ってました。
画像を何枚も合成して印刷データを作ってます


関連記事:タイの九五式軽戦車

ノモケン/野本憲一nomo_ken at 13:58│コメント(0)トラックバック(0)ワンフェス | 模型 |

2014年07月12日

RCは好きなれど、
ここのところは戦車のみで、車はたま〜に扱う程度、
本格的なレース参戦などはとんとご無沙汰だったのです

先日、タミヤRCカー「トヨタFJクルーザー」を購入。
MEGAWEBでの「RCカーグランプリ」に参加するなど
RC熱が高まってきました。

遂に第3次RCブームが来たようです!

ええ、個人的な話です。

−−−−−−−−−−
では、過去のブームを振り返ってみましょう

・第1次RCブーム
ty34
(タミヤRCガイドブックより)

第1次は、小学4年生の冬
「タミヤ タイレルP34シックスホイラー」
を購入するところから始まりました。

この頃はまだRCカーの初期で、
マシンも一作ごとに進化するものだから、
次に出たカウンタックやポルシェ936に走りの面でかなわず、
"4輪"に改造したり、色々といじっていたら
終いににはタイレルがカウンタックになってましたよ。

当時、万代シティのダイエー屋上でやってたRCレースに
でたりもしてました。

その頃からFRP板を切り出してシャシーを自作したりと、
車を改造にも熱心だったわけですが、走らせる場所や機会も少なく、
何のためにマシンを作ってるんだかわからないような状態になり、
ガンプラのブームと入れ替わる様に
中学2年くらいでフェードアウトしました。

途中、バギーチャンプやカンナムローラ、
京商のなんとかスポーツってのも持ってたハズ…

−−
で、第2次は いわゆる90年前後のF1ブームの頃
ty019
(タミヤRCガイドブックより)

「タミヤ ティレル019フォード」
青白のタイレルのマシンとなれば、心動かされずにはおられないわけで、
このマシンの発売をきっかけに、RC活動を再開するわけです。
当時20代前半。ブランクは…7〜8年?

青山のホンダで行われた出版社対抗レースや
渋谷トップサーキットのレースにでてみたり。

その後1/10ツーリングカーやMシャシーもやりつつ、
仲間内がほぼRCにはまっていたこともあり、
あちこり移動して場所を探したり、静岡遠征なんてこともありました。

縁あってRCマガジンの仕事もするようになって
エンジンカーにも手をだしたりしながら、
なんだかんだと10年近く続いたはず。

その後、本物の車に手に入れて、そっちにお金が掛かったり、
サーキットを走ったりするようになり、RCカー活動は終息することに

−−
その後は、ミニッツやDNanoなど京商RCカーを少しやったり、
リニューアルされたタミヤのRCタイレルP34を買ったりしていましたが、
本格走行にはいたらず、という時期をすごしていました


で、久々に走らせるために買ったのがコレ!
FJ
「トヨタ FJクルーザー」
シャシーの"CC-01"はそれこそ第2次ブームの頃から
ずっと継続販売されてきたもので、目新しさはない。

ただ、当時からそのクロカンシャシーには興味はあったので、
切っ掛けがあれば買いたいなぁ欲しいなぁとは思っていたもの。

それが新たにFJクルーザーのボディをまとって、
またMEGAWEBでのレース開催という後押しがあり、
購入に至った次第。

気がつけば自分も40代も半ば過ぎで、実質ブランクは15年くらいか…

ボディーのカラーリングを青と白にしたのは
これまでの個人的歴史に沿ったものなのです。

果たして、ここからさらに深みにはまるのか。

これまであまりやらなかったオフ車というにも新鮮。

面白改造や、次なるマシンの模索が始まっているのです。

ノモケン/野本憲一nomo_ken at 10:42│コメント(0)トラックバック(0)RC  |

2014年07月10日

ワンフェス2014夏、「のもぴ〜」はブースは
6−13−07
です。(卓番号間違えて載せてたので修正しました。7/16)

ワンフェスカタログのディーラーPRには、
当初予定していたボトムズ関連アイテムが載っていますが、
これら版権製品の販売はありませんので、ご注意ください。
お詫びして、訂正いたします。

今回は新作として、「1/35 ノモケン」(レジン製キット)を販売。
他にRC1/16 KV-85など、作品展示を行います。



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 10:47│コメント(0)トラックバック(0)ワンフェス | お知らせ |
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう9年目!
2016年4月15日からは

毎週金曜20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/



・ustreamの過去アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/nomo-p/
・2014/2/14〜2015/1/22 arista-TV内での配信アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/arista-tv


・詳しくは番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください