2017年04月

2017年04月12日

まだまだ製作中の ティレル008

このマシンの特徴のひとつに、

「史上初めて電子計測システムを搭載した」 (ケン・ティレル談)

というのがあります。

当時の写真を見るとダンパーの付近にストロークセンサーらしきものがついているので、そこを計測してサスペンションのセッティングに活かしたのかなと。


その計測システム本体は、まさに"ブラックボックス"という姿で四角く黒い箱がコクピット前側に内蔵されています。

今回はそこを作ったお話。

−−
カーモデリングマニュアル掲載時には、まだその部品はなく、カウル表面のアクセスパネルもスジ彫りで表現していました。

完成後にパネルを開いて、ブラックボックスをチラ見せできたりするといいかな。

と、そのパネルを開閉できるようにしてみました。

t8 b1
コクピットカウルのアクセスパネル部をスジ彫りにそって、エッチングノコ等で切断。
パネルは周囲と合うよう、切った部分を使ってすりあわせる。


t8 b2
パネルはこのように下辺を支点に開くので、内側にヒンジを追加。
中に見えるのは大きさ検討用の仮ボックス


t8 b3
ブラックボックスはコクピット前側の構造材の間に斜めに収まる。ほぼプラ材での自作。

ハコの左側面にはトグルスイッチが数個付くので、そこはピンを埋めるべく凹みをつけてある。

t8 b4
ブラックボックス単体

前側の支えはゴムブッシュの入った構造らしいので、円形部品を重ねて再現。


コクピット周囲ではこの他に、スタビ調整レバー、キルスイッチや無線機、ロールオーバーバー上に伸びる給油口、シートベルト取り付け部などを製作。なんて個人的メモメモ






ノモケン/野本憲一nomo_ken at 10:06│コメント(0)トラックバック(0)模型 | Tyrrell 008 |
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/



・ustreamの過去アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/nomo-p/
・2014/2/14〜2015/1/22 arista-TV内での配信アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/arista-tv


・詳しくは番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください