2018年09月

2018年09月22日

最近、ようやくPCモニターを4:3から16:9に変更して、まだ慣れないノモケンです。

「Suzuka Sound of Engine 2018」の出走車両が発表されてwktkな今日この頃、
今年の準備に、去年の写真を見直してみました。

主に使ったカメラは借り物のNIKON D90、レンズはタムロンの28-300mm(APS-Cだから35mm換算で42-450mm相当)。高倍率なズームレンズで、パドックからコース脇まで1本でこなせたのは助かった。

次のレンズ選びの参考に、何mmで撮ってたのかEXIFで確認したので、メモとしてあげます
*変更はリサイズのみ

撮影エリア別に並べてみると、走行中のみなら70-300mmのレンズで済む感じ。パドックでは意外に28-300mmまでフルに使ってた。もう少し広角側が欲しい気もしてたので、そこはどうするかなと。

−−−−−−−−−−
■ピット、パドック

DSC_5726_R
28mm

DSC_5245_R
28mm

DSC_4900_R
28mm

DSC_6639_R
48mm

DSC_5708_R
48mm

DSC_5702_R
62mm

DSC_5667_R
82mm

DSC_5751_R
110mm

DSC_5782_R
110mm

DSC_4829_R
125mm

DSC_6613_R
185mm

DSC_4861_R
220mm

DSC_6712_R
300mm

−−
■ピット上から

DSC_5355_R
82mm

DSC_4948_R
82mm

DSC_5158_R
95mm

DSC_4565_R
110mm

DSC_4644_R
125mm

DSC_4586_R
150mm

DSC_4740_R
150mm

DSC_5309_R
300mm

DSC_5475_R
300mm

−−−−−−−−−−
■S字スタンドから

DSC_5803_R
62mm

DSC_6535_R
260mm

DSC_6140_R
260mm

DSC_6168_R
260mm

DSC_6940_R
300mm

−−−−−−−−−−



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 05:51│コメント(0)F1  |

2018年09月19日

ホビージャパンMOOK、新刊の話

MMM(ミリタリーモデリングマニュアル) イスラエル戦車編」
MMM201809_1_R
出版年月日 2018/09/19
ISBN 9784798617701
判型 A4
定価 本体2,500円+税

ここ数年、HJ本誌に掲載されたIDF車両の記事の総まとめ的な内容。ボリューム満点、読み応えアリです。
塗装やウェザリングなどの実践的解説も多く、イスラエル車両独特な表現の参考になるのでは。

担当作例は
・タミヤ 1/35 メルカバ
・タコム 1/35 メルカバMK1 HIBRID
です。

・タミヤ メルカバ 
MMM201809_2_R
模型としてのイスラエル車両の原点とも言える「タミヤのメルカバ」。
より実車に近づけるため、砲塔形状の修正や細部をディテールアップ、チェーンカーテンの追加、さらに固定となっている砲身を上下可動にした作例

月刊誌の時よりも図や途中写真が大きくていいかな


・タコム メルカバMK1 HIBRID
MMM201809_3_R
タミヤのメルカバを製作して1年もしないうちに発売されたキット。綿密にリサーチした後だっただけに、このキット再現度の高さがよく分かりました。メルカバの初期タイプとしては決定版といえるでしょう。

作例はキットを活かしつつ、またも砲身を可動化。
キットのモールドに合わせて、さらにディテール追加など。
MMM201809_4_R
砲塔上面ハッチのディテールアップ写真がまたも小さかったので、
それは↓のエントリーから参照のこと

タコム メルカバの補足
http://blog.livedoor.jp/nomo_ken/archives/5395529.html

−−



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 14:14│コメント(0)ホビージャパン |  |
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/


・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください