2010年12月21日

自転車のホイールを組んでみた。
いわゆる"手組み"ってやつです。

・側溝にはまって凹んだホイール
101221a
印のところが凹んでいる。が、全体の振れもほとんどなく
長い間無問題で走っていたけど、さすがに交換しようかなと。
ホイールは完成車に付いてきたシマノ:WH-R500

・組み立てるよ
101221b
リム(MAVIC:OpenPro 32H)
ハブ(シマノ:105 HB-5700/FH-5700)
スポーク(DT Swiss:champion1.8)
といった組み合わせ

*ホイール組みの手順を詳しく説明したりはしませんのであしからず

101221c
長さの違うスポークを間違えないように印を付けてみた
ちなにみ前295mm、後ろ右293mm, 左294mm

101221d
ハブにスポークを通して"カサのフレームだけ"みたいな状態にし、
リム穴からニップルを通して、スポークを固定していく。

101221e
カタチになったら、"振れ取り台"に載っけて
縦、横のブレをチェック。

スポークを固定しているニップルを一本づつ調整して、
ブレを少なく揃えていきます。

101221f
リムのフチにゲージを沿わせて、
コレとの隙間でフレ加減をみるわけです。

101221g
さらにセンターゲージで左右の中心を合わせたり、
あれこれして前後とも完成。<大ざっぱな説明だな

他にスポークのテンションもメーターで測って
大まかには揃えていたり。

ということで、無事に装着して走っています。


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 16:41│コメント(0)トラックバック(0)自転車 | 日々

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/


・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください