2017年06月27日

先日キレイにしてイイ感じになったと思ったら、今度はドアミラーが不調になったよ。

お買い物の駐車場からでるときに、たたんでたミラーを起こすのにポチッとしたところ、モーター音はするが右のミラーが開かない。左は開閉するが、右が動かない。

とりあえず手でグイッと起こして対処したけれど、モーターはウィンウィンと回りっぱなしエンジンを切るまでとまらない

帰宅後、やむなくミラーの配線を抜くかと、ドア裏を開けてコネクターを外す。が、やはり気になってドアミラーを分解してみることに…

ちなみにランティスのドアミラーは不具合があったら丸ごと交換。新品部品は3万くらい、中古部品で3〜6千円とか。

−−

01
不調になった右ドアミラー

03
とりあえずドアの内張を外して、コネクターを抜く。
可倒とミラー面の調整が手動になるけど、右なのでそれでもいいか


02
それはそれとして、故障部位を確認したいのでミラーを外してみることに。で、▲のネジを外す

04
外したドアミラー。

05
下面。

06
下の3つのビスを外す。なにやらD型のワッシャーが転がり出た

07
ドア側の台座とミラー本体が分離。ケーブルが通っている金属プレートがミラー開閉で回る部分

08
D型ワッシャーの位置確認。次に左に見えるネジも外してみる

09
小さなネジを外して黒いカバーを少し浮かせるようになったが、まだ全体は外せない

10
ういたところから中を覗いてみると黒いカバーは中でビス止めされている。無理に開いちゃアカン

11
ミラー面を外してみる。上辺を奥に入れ、下側をおこすよ

12
外れたヨー。結構ドキドキ。
黒いカバーは機構部分と共にネジ止めされていた。

14
黒カバー、緑カバー、機構部に分離。

15
かなり汚れているので掃除。

16
左のカバー部品をとると、可倒用モーターとスイッチがあった

17
モーターが付いているベースのネジを外す

18
すると中にギアがたくさん。バターみたいなグリスの中に埋まっている。
ケーブルはパイプ状になった可動軸の中を通っている

19
スイッチ部も外してみる。先端に白い棒が付いたスライドスイッチ

20
奥にみえる金属板がスイッチを動かすらしい。
見た目では不具合は無い模様。

21
グリスの中からいくつかギアを取り出してみる

22
このギアが怪しい…

23
下側の歯が半分くらい無くなってた、これが原因っぽいなぁ

24
グリスを落として他のギアも確認。それらは金属製で問題なし

とういうことで、欠けている樹脂ギアを交換できれば、直りそう。

−−
残念ながらヤフオクや中古部品を検索してもランティスの右ドアミラーは見あたらない。
バラし方は分かったので、色違いでも見つかれば組み直せるのだが…

次の手としては、同時期のBHファミリアのドアミラーがあれば、ドア側台座のカタチが違うものの、ミラー本体は同じなので、バラして中の機構か、ギアのみを移植できるような気がする、(あくまで推測)

続く



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 03:31│コメント(0)トラックバック(0)ランティス │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/



・ustreamの過去アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/nomo-p/
・2014/2/14〜2015/1/22 arista-TV内での配信アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/arista-tv


・詳しくは番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください