2018年08月25日

ウィンドウのグラグラ感が増したので、以前修理したところがまた劣化したのかと開いてみたら、違うところが壊れてて、そんな樹脂パーツを3Dプリントして修理した夏の思い出2018。

ランティスのウィンドウはサッシレスなせいか、時間が経つとガラス面がグラグラするような症状が出ます。

今までにも何回か修理していて、その際はこんな感じ↓
http://blog.livedoor.jp/nomo_ken/archives/4177105.html

ウィンドウや上下機構にまつわる樹脂部品は、単独でパーツの扱いがなく、まともに修理を頼むとガラス面ごとや、パワーウィンドウの駆動部を丸ごとでの交換になってしまうので、そこをなんとか融通して修理する話。

■フロントウィンドウ
FW zu1_R
フロントウィンドウの前側の付く部品。ウィンドウを挟むように付いている

FW 02_R
これが割れてドアの内側に転がっているんだな。以前にも外れていて付け直したことがあったのだが、今度は完全に割れていた…

FW 03_R
採寸してABS(Z-ULTRAT)でプリントしてみた

FW 04_R
固定ピンもABSで、差し込んでからアセトンで接着

本来のパーツは少し弾力があるけれど自作品は堅めのABS。また油脂への耐久性も不安があるので、グリスは樹脂をいためないタミヤのセラミックグリスを使ってみる

−−
■リアウィンドウ
RW zu1_R
リアでは後端の突起に付く樹脂パーツ。役割はフロントで直したところと同じ

RW 03_R
右リアの無事な状態

RW 02_R
左リアでは外れていたのを発掘

RW 05_R
RW 04_R
同様にABSで自作。“返り“があるところに差し込むので、一部を分割して差し込んでからそこを接着

−−
■パワーウィンドウユニット
RWpw zu1_R
ウィンドウ側について移動するプレートに付いているガイドブッシュ状の部品が割れていた。
これが前後で1箇所ずつ

RWpw 03_R
バラしてみると中心のピンがハメ殺し。あかーん

RWpw 04_R
RWpw 05_R
そこで軸受け部を半割して、円盤部を被せるように作ってみた

こんな感じで破損部品を修復、取り付けて修理完了。
ガタは収まり、ウィンドウの動作も正常になった模様。

修理した部品だけ載せているとあっさりな感じですが、バラしている状態で雨が降ってきて、ガラス無しでしばらくブルーシートで覆ってたり、パワーウィンドウの外したワイヤーが付け直せなくなったりと、手際よくいかなかったところもありました。

RW 07_R
プリントした状態の部品。
どうせなので壊れていなかった周辺の樹脂パーツも作ってみたり


果たしていつまで維持できるかは分かりませんが、ウィンドウを直したら車全体のガタピシ感がかなり収まったので、気分がいいぞ



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 04:38│コメント(0)ランティス │

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/


・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください