2018年11月02日

マツダ ランティスのドアミラーの可倒機構が故障して、ギアの軸(樹脂性ケースと一体)が破損していたところまでが前回。


IMGP0436_R
折れた軸の中心に穴が開いていたので、芯を通して繋げないかとチェック中。
真ちゅうパイプを刺して測ると穴は2mmくらい

IMGP0437_R
軸側の穴はテーパーのようで1.5mm径くらい

IMGP0439_R
ケースの外から穴の部分を見る。可倒で回転する金属プレートを回すと半分くらい見えてくる

IMGP0440_R
ここにビスを通して繋ぎたいが、そのままだと入らない。
だが金属プレートを外すのはやっかいそう


IMGP0451_R
なので、プレートのフチを削ることにして、超鋼ビットと2mmのキャップスクリューを用意。
ビス頭の径が小さくて、六角レンチでしっかり回せる。

このビスは1/12 F1の車軸用に買ってたもの

IMGP0454_R
リューターで金属プレートを削るよ!さすが超鋼ビットはよく削れるね

IMGP0456_R
ギアケース側にビス頭が潜るようにドリル

IMGP0457_R
ビス頭を逆さに入れて深さのチェック。これでなんとか目処がたったか

IMGP0458_R
折れた軸にもビスをタップ代わりに一度ねじ込み。ビスの長さも調整

IMGP0460_R
仮にビスをいれたところ。破断面がギザギザなので軸の向きは合わせられそう

IMGP0463_R
破断面。ビスで固定しても隙間があっては弱いので、そこはプラリペアを充填することに。プラリペアはエンプラとは接着しないのだけど、充填できればビス固定と相まって固着できるかなと。


IMGP0464_R
破断したところの向きを合わせてビス固定。

IMGP0469_R
ぐらつきがないのを確認して、ギアを取り付け

IMGP0468_R
プラ対応のグリスも新たに補充

IMGP0475_R
動作チェックで問題なく動くことを確認!

IMGP0479_R
ビスを通すために削ったところはカバーで隠れるでの、問題ないはず。

IMGP0480_R
ミラー状態に復活。

車につけても問題なく動いていました。

10日ほどして、またガコガコする症状が

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その2

なので、またバラしました。

修理した軸の固定が緩んでいたので、より強固取り付けることに。

IMGP0514_R
折れた軸へのビスの掛かりが弱かったようで、ビスがより長めに入るように、ガイドの穴も細めにしました。ビスの先端が入り込んでいるところ、樹脂が膨らんで見えてます

IMGP0519_R
さらにビスを1本追加することに。これで回転方向の負荷にも強くなるはず。

IMGP0518_R
追加したのは1.4mmのキャップスクリュー。これも1/12 F1用に買っていたもの

IMGP0521_R
同様に穴を開けてから、レンチで締め付け

IMGP0524_R
今度は破断面にパワージェル瞬間接着剤を塗っておき固定。軸の周囲にハミ出しが見えます。

前の修理では瞬間接着剤の経年劣化を気にして使わなかったのだけど、2回目はしっかり固着させることを優先。

組み付けは以下略

−−
その後、10回ほど動作させて無事に動いています。

これ以上、続かないように願う



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 01:14│コメント(0)ランティス │

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/


・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください