2018年12月12日

 先月の話になってしまいましたが、今年も行ってきました。
pf
事前の予報で土日の天気が悪そうだったので、準備日の金曜から!
結果的に3日間とも晴れだったわけですが

でも、早く行った甲斐もありっっ!
DSC_0877a
金曜のピット裏。ティレル012を眺め回せたぁ!

オレにためにありがとう!!<勘違い

というのも今年は「マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1」の車両がグリッドウォークの際にコース上に並ぶことがなく、マシンを間近で見る機会が減っていたので、これが貴重な機会だったのでした。

そんなモデラー的都合はさておいて、メインは古く貴重なレーシングカーが走行する姿や音を楽しむイベントなので、東コースの各スタンドを回りつつ鑑賞していました。

そこで撮影した動画をいくつか上げていきます。

・東コースを周回する フェラーリ F2005,フェラーリ F10

*マルボロの位置がバーコードになってる方がF2005

金曜の練習走行をシケインスタンドから撮影。
どちらのV10もいい音で鳴り響いてました。
東コースをぐるりと周回する間、シフトアップやアクセルの開け具合がよく分かります。

・ストレートを通過する フェラーリ F2005

管楽器のような音がスタンドとピットビルの間で反響してより増幅される。
その前に走っているのは「AGS JH23」でエンジンはDFZ。
こちらはV8の太めに轟くサウンド


・プジョー905evo と マツダ787B


今回の目玉の1台、1993年のSWC(世界スポーツカー選手権)に参戦したプジョー905。
エンジンは当時のF1と同じ3.5L、NA V10。これはエレールのキット持ってたなぁ。

マツダ787Bはイベントでもルマンと同じ回転数まで回しているとか。
国内レースのJSPCのカラーリングはルマン優勝後に緑とオレンジを入れ替えた配色

追走しているニッサンR91CPのV8ターボの音もまた特徴的


写真も撮りまくった中から、最もお気に入りの一枚を
lot78
2コーナースタンドから撮ったロータス78

個性的なマシンが集まった中、走っている姿が最も格好良く見えたのがこのロータス78。
プラモでは昔から親しんできたものの走っている姿を直にみて、そこから伝わるのはまた別というのを実感。

またプラモが作りたくなった!がしかし、1/12はティレル008のために部品取りしてたよー…

−−
マシンを眺める一方、ドライバーのトークショーもこのイベントの魅力。
現役から時間を経ているからこそできる意外な話が漏れてきたりする。
ukyo mika
・片山右京&ミカ・ハッキネン

このイベントでいろんなマシンのエンジン音が鳴り響いた中で、実は最も心に響いたのが右京さんのトークだったというのが、思わぬ出来事 土日とも聞いてました。
今は東京オリンピックの自転車競技にも関わって忙しいとか

uk
1994年の写真にサインを頂きました。ウェーイ

−−
そんなこんなで三日間もいるのどうよと思いつつ、良い時間を過ごせました。



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 15:20│コメント(0)F1 │

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。
2018年12月配信で終了となりました。
これまでのご視聴ありがとうございました。
アーカイブはこちら↓
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/
・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ