2019年11月26日

TA02 6x6SS 本格的RCサーキットでの初走行。
6x6はオフ仕様でダートを走ったりして機能のチェックはしてましたが、こういうところ走るのはやっぱ気分が違います。場所は川越のスピードウェイパルさん。天候がいい日をねらって行ってきました。

IMG_20191121_131718s
モーターは540、ギア比もノーマルな状態でコースイン。ふつーに走る。
真っ直ぐよく走る。コーナーも意外にクイッと入る。WBが長いからって曲がらない印象はない。
さすがに立ち上がりはアンダー傾向。基本的にリアが出る(巻く)という心配がなく安定感がある。
意外に曲がるのはバッテリーが前よりのせいか?疑似ショートWBのせいか?

広いサーキットにこのパワーソースでは全然足らなかった。
とりあえず持って行ってた「スピードチューンギア」でギア比変更。
IMG_20191121_130120s
ピニオンの都合もあり、スピードは若干増した程度にup。
この写真だとウレタンバンパーの抑えにTT-02のパーツ使ってるのが分かりますね。

機能チェックとしては、6x6ギアボックスやフロントデフカバーも問題なく使えているので、スキッド角変更の効果をテストしてみる
4°→2°→0°
IMG_20191121_135258s
これは2°。タイヤの減りとしては低角度のほうがタイヤ減りが均等に近くなる。
スーパースリックの時代にこうであって欲しかった…。
コーナリングのセッティングについては絶対的なスピードが低いので、なんとも言い難い。
アッパーアームも長さ固定のままなので、アジャスターに変更して追々ですかね。

IMG_20191121_135919s
リアタイヤ。タイヤ表面は後後輪がやや減っている。
なるべく前後均等になるようにと、ダンパーは同じ仕様ながら後ろはスペーサーをいれてバネを少し硬めにしてしてあったのを、もう少し厚めに変更して調整。
加速時は後傾して後ろ4輪にしっかり駆動が掛かり、減速時は前傾して“ショートWB4輪”的にできるといいのか?安定感過大なので、リアの後後輪はトーアウトにしてみたら?とかいろいろ考えると果てしない。
いずれにせよリア2軸のトラクションを活かすにはもっとパワーがないとね。

IMG_20191121_143628
ひととーりテストしたあと、後ろのギアボックスを外して4輪に戻してみる

IMG_20191121_143834
これでも走るんだけど、見た目のスカスカ感(笑)。
後ろのタイヤが4→2になった分、リアスプリングを硬めにしないとバランス取れない。

IMG_20191121_124849s
そんなこんなで、テスト走行としては自作したパーツに不具合もなく、快適に走れたのでその点はクリアー。

サーキットで快適に走るにはもっとパワー上げて、マシンのポテンシャルを引き出したいところ。
となるとそれは3Dプリントのパーツ自作から、ガチRCカーの話に変わるわけですが、「6駆ツーリングカー」の可能性をさらに試すのも面白そうです。



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 11:56│コメント(0)RC │

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。
2018年12月配信で終了となりました。
これまでのご視聴ありがとうございました。
アーカイブはこちら↓
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/
・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ