カテゴリ:
まだRC改造ネタ、続きます。
cc01xv_R
少し前にYoutubeでスタジアムスーパートラックレースがよく出てきた時期がありまして、オンやオフロードコースをふわふわサスで超ロールしながらも快走する姿やジャンプ台で高ーく跳んだりするのが面白くて、RCでやってみたくなりました。
ていうか実車がトラクサスのRCカーをイメージして作られているそうな

実車は後輪駆動のリジッドアクスル。サスペンションはフロントはダブルウィッシュボーン、リアは4リンク形式。
IMGP7768_R
となるとサス形式は既に持っているタミヤ CC-01と同じ!
前デフを抜いてRWDにすればいいか!?

でもCC-01のフロントサスアームは短めで、ジャンプした時にロアアームがペローンと下に伸びる姿とは違うんだぁ。サスアームが「ハ」の字に下がるように、そしてアップライト側の取り付け位置も高く、アクスルに近づけたい!

そこで他車のパーツを物色してみたところ、タミヤ XV-01のFサスがそんな形式に近い。実車のイメージにも近かったので、周辺パーツを購入して試すことに
以下そのリスト
--
51290 TRF501キングピン
51309 DB-01キャスターブロック
51505 XV-01 F部品 サスアーム (結局、使わなかった)
53969 5x8mm ハード六角ピロボール
54442 XV01カーボン強化C部品 (アップライト)
19804301 2.6x27シャフト
19804310 2.6x5mmトラス丸ビス
19808192 ホイールアクスル2本
19804646 5x3x2.5mmスペーサー
--
と、思った以上にいろんなパーツが必要だった(汗)

それらを組んで取り付けを試みたところ、CC-01側のサスピンが4mm径*なことにその時点で気付き、XVのサスアームで対応するのは断念し、またもサスアームを自作すること至ったわけです。
*CC-01のフロントロアアームは前後からサスピンを挟み込んでるので径が見えなかったのでした

サスアームを作ればできそうと思えるのはM-07での経験のおかげ。CCとXVのサスアームを参考にしつつ形状を決め、サスピンの固定は小ビスのフチで止める形式に。
IMGP7798_R
▲左がノーマル、右が自作アームでXV-01のアップライト側を繋いだ状態。ダンパー長はどちらもノーマルのまま。延び側のストロークが増えて見た目も「ハ」の字感が増しています

IMGP7809_R
IMGP7806_R
▲アバウトな計測ですが、軸先端で4mmくらい差があります。
4WDを残す方向も一応検証して、ロアアームの動きを少し抑えてドッグボーンを46mmにすればいけそう。もちろん最初の構想通り2WDに徹するほうがストロークが増やせます。このXV化はクロカン用にもいけるかも?

IMGP7815a_R
▲これまたアバウトな計測ですが、画像上から切れ角の比較。
切れ角が少ないのもCC-01の課題なので、そこの改善にもなっている

IMGP7814_R
▲後ろからの様子。XV-01はキャスター角がけっこう付いていることもあり、タイロッドの位置がロアアーム近いほど低め。ステアを切るとタイロッドがアンダーカバーに干渉するので、そこは削る必要アリ

2WDにする場合はフロントのデフを外すわけで、車軸の“穴埋めパーツ”も作っておきました
IMGP7788_R
▲ギアケースフタのベアリング固定部にハマる感じに

IMGP7791_R

▲ギアケース内のデフを抜いて、穴埋めパーツを入れたところ

IMGP8514_R
▲ダンパーの取り付け位置を上下に選べるようにして、2WDと4WD仕様が兼ねられるようなのも試作

このように形状を検討したあと、実際の走行に耐えるかのテストをするため、まず2WD用に絞った形状でフロントサスアームを“強化ナイロン”で出力、それを取り付けたのが最初の写真です。

次回、走行編に続きます