カテゴリ:
しば〜らくサーキットに行けてないけど、そろそろ復活の準備中。
IMGP7725a_R
TA02 6x6 SS は温存してきた“FRPシャシー”を投入することに。
メリットとしてはRCメカ類が低く収まること、そして“角リポ”へも対応。
重さは自作のABS製シャシーより数グラム軽い程度であまりかわらなかった。
IMGP7739_R
メインとアッパーのプレートを20mmショートにする加工は前に済ませている
ので、あとは説明書の通りに取り付ければOK、と思っていたら意外な困難にあたり、別の幸運によって対応できたのだった…。

というのもFRPシャシーセット付属のステアリングワイパーはキットノーマルより長く、前方に出ているため、ロアーアームの付け根に干渉してしまうことが判明。これは“低スキッド角”にしていることで、アーム後端の位置が上がっていることも原因。
IMGP7720a
▲上が説明書指定のパーツ。
そこで活躍してくれたのがFRPシャシーセットに説明もなく付属しているもう一組のステアリングワイパーのパーツ(写真下)。長さが短く、先端のネジ位置が少し持ち上がる形状で、今回の干渉を解消するのに測ったかのようなカタチ!! がしかし、右側のアームはベベルギアの下に潜り込むところでギアケースに干渉する…、のでそこはアーム側の突起(ビス穴裏面)や、ケース側(ベベルギアーが収まる下面)も少し削ることでクリアー。これでステアリングワイパーを機能させることができた。
IMGP7736a_R
▲クランクしたアーム上面とケース側を削って干渉をクリアー

この短めのパーツ、善く善く思い返すとTA02と同じバスタブをつかってた“FF01”で組む時に使うパーツだったか、と後になって気付いた。だから低スキッドなロアアームを避ける形状になってて、FF01にはないベベルギアのとこであたるんだ。納得、そして助かった。*昨年の再生産品の説明書ではFF01のことは省かれてるんだな

・さらに変更した箇所
IMGP7729_R
▲角リポ用のホルダー。FRPシャシーのバッテリースペースは6セル用で、角リポを載せるには長辺側が収まらない。そこで自作したホルダーでスペースを確保した。ショートリポに限定するのも考えたけど、そこは追々

IMGP7732_R
▲フロントのダンパーステーはアッパーアーム基部まで一体で新設計。以前はFPR製をスペーサーで位置調整したものだったが、その配置を元にしつつ見た目を整え、アッパーアームの取り付け高も調整可能にした。

IMGP7743_R
といった具合に各部をブラッシュアップした姿で、しばし出番待ち