カテゴリ:
その3 です。
IMGP2475_R
▲フロントライトやウィンカーのカバーはフチを爪で引っかけるようにするだけで剥がれました。フォグやナンバーは下のように樹脂ピンを削る必要アリ
IMGP2469_R
▲焼止めされているところをナイフでそいでいるところ。引っかかりが無くなった状態で細い棒などで少し押して、出ればOK。それでも抜けない場合はドリル刃で揉む+押し出し、という方法で
IMGP2476_R
▲フロントワイパーはエッチング製。スカットルの小さな穴に薄板が入って接着されている。ナイフで剥がすのは難しく、穴に細めのドリルを差し込んで、接着を剥がす…
IMGP2478_R
▲銀色に見えているところが差し込まれていた箇所。板が変なところで曲がらないように注意が必要で、この写真は平らに挟めるプライヤーで咥えています。左に見えるルームミラーは接着部が剥がれず、接着面でスライスするように切り離すことに
IMGP2486_R
▲ドアミラーはウィンドウに接着されている。隙間にナイフを入れているウチにピンが切れてしまった。

IMGP2498_R
▲反対側はミラー付近のクリアーパーツを折ってしまった 写真はドアの内張を剥がそうと透き間にナイフを入れているところ。内部に硬い引っかかりがあり、そこで固定されているようなので位置をテープでマーキングしたところ

IMGP2499_R
▲やむなく薄刃ノコを隙間に差し込むようにしつつ切ってみることに。余分に傷つけないように周囲をマスクし、刃を少しづつ動かして切断。ちなみにこの透き間からは液体(油?)が滲みでてきました。

IMGP2502_R
▲中はこのようにピン固定されてました。でも接着はされていない?様子
IMGP2510_R
▲これを踏まえてもう一方のドアでは合わせ目にヘラを差し込んで浮かすようにしてみたら、そのまま外せました(ええっっ)
IMGP2515_R
▲前シートを外したところ。取付ミゾのを切り込みつつ剥がしています。運転席側はフチが接着されてましたが、助手席側はミゾのみだったり。ここに限らず状態を見極めつつの作業することが必要です
IMGP2517L
*画像は拡大できます
▲仕組みがわかればどこまで手を入れるか、手を出さないか判断できるので、ここまでやってみました。分解してみても、やはりこの値段では十分な模型と思いました。内装は外しやすいので、そこを塗り分けたりはし易そう。ボディ色の塗り直す場合はマスキングで対処したほうが無難に思えます

ということで、分解編はおしまい

剥がして塗り直し〜というのも興味があるところですが、そこはまたいずれ