カテゴリ:
先日発売の月刊ホビージャパン誌2021年4月号。

月刊ホビージャパン2021年4月号
ホビージャパン
2021-02-25


ブルーレイボックスの発売に合わせたボトムズ特集では「バンダイ 1/20 ファッティー地上用」をOVA「野望のルーツ」に登場したタイプ(A型)に改造した作例を掲載してます。
20fat_gr1_R

20fat_gr2_R
画像は塗装前状態です。※宇宙用は同キットを改造したモノで、2008年製作

キットはファッティーの基本形状がペールゼンファイルズのCG準拠になっているので、そこを旧来の設定画に近づけつつ、A型の特徴を盛り込むというもの。懸案の左上腕のパイプが通っているところは、別体のスイングアーム式として、上腕は左右共通というまとめ方にアレンジしています。スネのフェンダー形状のところも肉厚が許す限り削り込んで形状修正。ボディ前方はコクピット内に影響がない範囲で削り込み、前側の下面が台形で無く長方形のになるようにしています。が、そこは下から見ないと違いが分かりにくい…。細かいところもあちこち変わっていますが、そこは誌面と合わせてで
--
 ファッティー地上用といえば、ボトムズOVA「野望のルーツ」。1986年の作品ですが、これを見たのは当時ボビージャパンの連載「ブラスティー」の打ち合わせで、担当編集者とライター数人でサンライズのスタジオにお邪魔したときのこと。

期待以上の面白さに「もう一回いいですか?」と二度見するほど盛り上がり、さらに近くの模型屋さんにタカラのキットがまだ残っていると教えられて、案内して貰って1/35キットを山盛り買ったという一連の思い出。いまだにその時のブルーティッシュやスタンディングが残ってます(笑)

そんなこともあり、後に地上用ファッティーの作例もやらせて貰ったわけです。
-
PXL_20210227_001658431_R
↑これはHJ誌1988年4月号掲載作(写真は別冊「装甲騎兵ボトムズ パーフェクト3Dブック」より)。
ラーク(現ウェーブ)のファッティーのレジンキット(マックスファクトリー原型)を改造したもの

PXL_20210227_002539885_R
↑自分の原型でウェーブより発売された1/35 ファッティー地上用。HJ誌1996年9月号掲載。
(写真は現存品でアンテナが1本折れています)

これの元になった1/35ファッティー宇宙用のレジン原型(1988年)や、ファニーデビルのフルスクラッチ(HJ誌1987年9月掲載)もあったりして、プロ活動の初期は「ファッティーに育てられた」といっても過言ではないかもしれない