カテゴリ:
7月のワンフェスへのエントリー、「当選」しました。

次に向けては、1/35、1/20のスコープドッグ用パーツを3Dプリントの「直だし」で販売してみようと、前回同居した「b+design models」さんと共にテストを進めています。

20220328

シリコーンとレジンキャストで複製されるものと比べて、良い点は精密感が上がること。いわゆる気泡処理などもないわけですが、サポートの切断や積層痕の整形といった後処理は必要になります。そうした従来とは違う手間の程度、よい出力品を得るためのプリントやデータ調整、コスト面などなどを把握するための習作であったりもします。

他に、前回再販した1/35ボトムズ系レジンキットも販売予定です